こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ロビンフッドの冒険

The Adventures of Robin Hood
ジャンル: 外国映画 , ドラマ , アクション , アドベンチャー
製作国: アメリカ
配給: ワーナー支社

    ロビンフッドの冒険 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      12世紀のイギリス。リチャード王が遠征中に捕虜にされ、王弟がこれに乗じて王と名乗ろうとするが、圧政に反対したロビン卿は、ロビン・フッドと名乗り、立ち向かう・・。38年製作だが、全編テクニカラーで、いかに力を入れていたかが解る。

      2018/09/11 by kinako

      「ロビンフッドの冒険」のレビュー

    • 2.0 元気が出る

      ロビン・フッドのことは、「緑のタイツをはいている」ということしか知らなかったので、「勉強しよう!」と思って見てみました。

      これは、まさに、日本の「時代劇」。

      物語を一言で言うなら、「悪代官をやっつけろー!」です。
      いや、ほんとに、もう、そのまんま。
      ストーリーラインもキャラクター構成も、この生ぬるーい安心感も、何もかもが水戸黄門や暴れん坊将軍や桃太郎侍の世界です。

      国籍や宗教が違っても、人間が求めるものは結局は同じってことでしょうかね。
      たまには、こういうのもいいですね。
      画面の向こうのロビンたちも、画面のこっちの私たちも、両方のほほんとしていられます。

      ちなみに、ロビン・フッドについて詳しく書かれたサイト(ROBIN HOOD RESOURCES ONLINE、だそうです)を、いい機会だから読んでたんですが、ロビンの仲間は「愉快な仲間たち(The Merry Men)」って呼ばれてるんですね。すでに名前自体がのほほんとしています。

      この映画は、主役2人(ロビンとマリアン)がとっても良いです。
      エロール・フリンって初めて見たけど、動きが優美でおちゃめ。本人の私生活はボロボロだったみたいだけど、余裕のあるデキる男、って感じで、ロビンのイメージ通りじゃないのかな?

      (追記:たまたまザッカリー・リーヴァイのインタビュー動画を見ていたら、「マイティ・ソー」のファンドラル役のことを、「エロール・フリンみたいな感じの役」と言っていたので、エロール・フリンという役者は、英語圏では素敵な金髪チャラ男の代名詞になっているみたいですね。)

      BBCのサイトによると、これまで100以上の映画やTVが作られているそうで(誇張が入ってるかもしれないけど)、なのに私は1本も見たことなかったのですが、最初に見る一本としてはこれで正解だったかも。
      ただし、古いのはもうこの一本で十分なので、次はもう少し新しい、ケビン・コスナー版やラッセル・クロウ版が見たいです。
      >> 続きを読む

      2018/01/10 by みけ猫

      「ロビンフッドの冒険」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ロビンフッドの冒険
    ロビンフッドノボウケン

    映画 「ロビンフッドの冒険」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画