こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ホワイトハウス・ダウン

WHITE HOUSE DOWN
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2013/08/16
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

    ホワイトハウス・ダウン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全22件
    • 3.0

      大御所の監督さんで、さすが豪華なホワイトハウスの中に銃撃や爆発も凄いし、コレは絵に書いたようなアクション大作…だけど、やっぱり既視感が!そう、コレ、ダイハードだよね(笑)という事で私的には、ちょっとね( ̄▽ ̄)

      2020/04/06 by あっちゃん

      「ホワイトハウス・ダウン」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      映画の世界で、テロリストや異星人に繰り返し襲われてきた権力の象徴、ホワイトハウス。
      その中でも真打ちとも言えるのが、破壊王の異名をとるローランド・エメリッヒ監督の「ホワイトハウス・ダウン」だ。

      チャニング・テイタム演じる主人公が、ホワイトハウスを舞台に、一人娘とアメリカ大統領と世界を同時に守って、不死身の活躍を見せる。

      議会警察官のジョン(チャニング・テイタム)は、大統領のシークレットサービスを志願し、一人娘のエミリーを連れてホワイトハウスに面接に行くが、不採用になってしまう。

      仕方なく、大統領(ジェイミー・フォックス)の大ファンであるエミリーのために、ホワイトハウスの見学ツアーに参加する。
      しかし突然、議会議事堂が爆発し、テロリストたちが圧倒的な武力でホワイトハウスを占拠、見学者たちを人質に取る。

      一人逃れたジョンは、味方であるはずのシークレットサービス長官(ジェームズ・ウッズ)に銃で脅迫されていた大統領の救出に成功。
      施設内を逃げながら、二人は反撃に転じていくのだった-------。

      不死身の警官と言えば、思い出すのはあのブルース・ウィリスが演じたマクレーン刑事。
      まさにホワイトハウス版「ダイ・ハード」だ。

      チャニング・テイタム演じる主人公は、高所に閉所に袋小路にと、追い詰められるたびに驚異的な力を発揮。
      見るからに痛そうな生身のアクションシーンに引き込まれる。

      この映画のミソは、相棒が大統領だというところ。
      威厳を保ちつつ、時々、笑いを誘い、自らも戦う平和主義の大統領を、アカデミー賞俳優のジェイミー・フォックスが好演していて、物語を盛り上げる。

      内装や美術品など、ディテールを徹底的に調べ上げ、再現したというホワイトハウス内部の様子も見どころだ。
      >> 続きを読む

      2019/10/30 by dreamer

      「ホワイトハウス・ダウン」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ホワイトハウスの破壊の仕方はさすがエメリッヒ。ドラマチックな娘の役回りとか大統領のかっこ良さとか随所にエメリッヒ節が炸裂している。娯楽大作は分かりやすくあざといぐらいのストーリー展開で充分だと思う。

      2018/08/18 by ose

      「ホワイトハウス・ダウン」のレビュー

    • 3.0

      先に「エンド…」を観て。
      同じ年に、ホワイトハウスが襲われる映画が2本。
      これは、比べられますよねえ。

      イントロがちょっと長いかな。
      ホワイトハウス見学中に国会議事堂が爆破され、
      親子が危ない目にあう。
      (でも、アメリカ映画って子どもが死なないし…)

      アクションとかは『エンドオブホワイトハウス』のほうが
      ハラハラした。

      しかし、ホワイトハウスって、やろうと思えば簡単に乗っ取られてしまうものなの?
      今回も、あっけなく敵の手に渡ってしまったけど。
      いや、そんなことはないよね…

      女の子がすごく可愛かった。
      これが一番の見所かも!
      >> 続きを読む

      2016/12/19 by ゆ♪うこ

      「ホワイトハウス・ダウン」のレビュー

    • 3.0

      前に「エンド・オブ・ホワイトハウス」を観ていたので、どうしても比べちゃいますが此方も楽しめました。
      ホワイトハウス陥落までの敵のてきぱきとした動きは「エンド~」の方が凄かったかな。
      鑑賞しながらローランド・エメリッヒ監督は「インデペンデンス・デイ」では一瞬でホワイトハウスを壊しちゃったのが物足りなかったのかな~とか、どうでもいいことばかり浮かんでましたw

      2016/09/03 by saruwatari

      「ホワイトハウス・ダウン」のレビュー

    もっとみる

    ホワイトハウス・ダウン
    ホワイトハウスダウン

    映画 「ホワイトハウス・ダウン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画