こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

花とアリス

ジャンル: 青春 , ドラマ , ラブロマンス
公開: 2004/03/13
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    花とアリス の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 3.0 切ない

      岩井俊二監督のこの有名な映画、初めて観た。
      BSにて視聴。

      透明感があった。青春ゆえの輝かしい光。笑顔。
      純粋に、素敵だなぁって思った。

      2018/05/11 by pink-tink

      「花とアリス」のレビュー

    • 3.0

      あなたは記憶喪失なんです
      私に好きって言ったこと忘れましたか?
      恐ろしい
      気になる先輩のストーカーまがいなことをしている花
      先輩が頭を打った際に出た嘘だけれど、すぐにそのアイディアが浮かんじゃうところが恐ろしい
      先輩は本当に記憶喪失なのかと疑いながらも花と付き合うことに
      パソコンの調子が悪いことを伝えると見てくれることになった先輩
      そこには自分の隠し撮り写真がたくさん入っていた
      恐ろしくなった先輩は花に問いただすが、花は「アリスがやった。アリスは元カノでしつこく思い続けている」とこれまた咄嗟の嘘をつき、そのまま先輩との恋人を継続させる
      先輩はアリスに本当かどうかを確かめに行く
      ここから奇妙な三角関係が始まる
      アリスも花の嘘に加担し演技をするが、アリスは離れて暮らす父親との思い出に重ね合わせながら元カノの振りをしている
      サイコパス的な要素もあるのだけれど、結局のところ女の子の成長の一部分を切り取ったような映画
      蒼井優のラストのバレエシーンが圧巻でした
      透明感が凄い
      >> 続きを読む

      2018/04/29 by tomi

      「花とアリス」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ 元気が出る クール

      記憶喪失って(笑)
      このリアルとファンタジーの共存のさせ方がたまらない。
      なんでこんな可愛らしいことを思いつくんだろう、岩井俊二というおっさんは。

      2017/05/07 by unkuroda

      「花とアリス」のレビュー

    • 評価なし

      再観

      鈴木杏が思っていたより可愛い
      夏の夕方の土砂降りは何にも変えがたい

      2017/04/09 by ぷれぱら

      「花とアリス」のレビュー

    • 3.0

      花とアリス殺人事件を見た後に鑑賞したので、また違う楽しみ方ができた。
      実写でもアニメでもこの監督はぶれないなと思った。

      リリイシュシュでもそうだがこの作品でも、ジャンプカットと手持ちカメラ撮影の多さ、また視点の変換などを駆使して独特の世界観を構築している。(それが効果的かどうかは別問題)
      さまざまな手法が使われるものの、この映画を持たせているのは蒼井優の存在が大きい。
      あの年ごろの奔放な感じとか、あの年齢にしか出せない輝きをとてもうまく演じられているし、監督もそれをうまく捉えられてもいる。
      リリィシュシュもそうだが、とにかく子供の頃の蒼井優はいい。
      また、全体を包む空気や光が凛としつつも柔らかく、どこまでも透明だ。

      この監督の優れている点はそんな「画面の透明感」、「俳優の魅力を引き出せること」に尽きるだろう。

      雰囲気映画として見ると楽しめるが、
      ストーリーは散漫でラストなどややしつこく、演出も同じ手法ばかりでくどいので好き嫌いがはっきり分かれる作品。
      >> 続きを読む

      2016/11/10 by 130

      「花とアリス」のレビュー

    もっとみる

    花とアリス
    ハナトアリス

    映画 「花とアリス」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画