こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヘイヴン 堕ちた楽園

Haven
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2006/10/14
製作国: アメリカ
配給: アートポート=GAGA

    ヘイヴン 堕ちた楽園 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      感想川柳「時間軸 ずらさなくても 同じでは?」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

      カリブ海に浮かぶケイマン諸島は税金が免除されるため、世界中の金持ちが集まっていた。脱税容疑がかかったカールもまたケイマン諸島に逃げてきた。一方、この島で生まれ育ったシャイはお嬢様のアンドレアと付き合っていたが、彼女の家族から交際を認められておらず、やがて彼の身に危険が及ぶことになる…というお話。

      パナマ文書で有名になった「タックスヘイブン」の1つ『ケイマン諸島』に住む人達とやって来た人達の話ですが、思ってたのと違いましたね。(;・∀・)金を巡るいざこざかと思ってましたが、どっちかといえば恋愛物語の比重が高いかな。(^^;

      一応何人か主人公っぽくして、時間軸をずらしながら伏線を絡めて描いてますが、大して驚くようなことは何もない。(-∀-;)そのままやっても大差ない気がする。

      むしろあのオチでいいのか?という感じ。( ´△`)どの話も中途半端かな〜(-_-).。oO

      見所といえば若いゾーイ・サルダナとアンソニー・マッキーが見れます(o゜◇゜)
      >> 続きを読む

      2017/01/19 by Jinyuuto

      「ヘイヴン 堕ちた楽園」のレビュー

    • 2.0

      DVDジャケより。

      「この作品は『ロミオとジュリエット』や『ウエスト・サイド物語』のような悲劇の恋愛物語で、『アモーレス・ペロス』やシティ・オブ・ゴッドのように複数の話が平行して進み、最後に一つにつながる内容は、僕が映画館で好んで見る作品だよ」と主演かつCO-PRODUCERのオーランド・ブルーム談。

      ああ、そうですか、でもそれらより出来はちと(爆)。

      舞台は脱税天国のタックス・ヘイヴンとして知られるケイマン諸島。FBIの脱税捜査を知って現金100万ドル持参で逃げてきたビル・パクストン、アグネス・ブルックナー父娘の話とオーランド・ブルーム演じる島の若者とそのボスの娘女子高生の悲恋話と娘の兄との葛藤が時に人物がニアミスしたり、時系列が前後して語られる。

      正直、脱税野郎や女子高生に手を出して純愛気取り、かつ顔に傷負い自己愛野郎には、舞台が悪名高い脱税天国であることもあいまって、お前らどうなろうと知らんよな感情移入度ゼロ。

      二つのストーリーの絡みも別にたいしてなく効果まるで感じられずのちと困った作品でした。

      初監督・脚本フランク・E・フラワーズ。
      >> 続きを読む

      2015/03/19 by ジェイ

      「ヘイヴン 堕ちた楽園」のレビュー

    • パッケージとか、あと小説の帯の推薦メッセージって信用できないですよねぇ(笑)

      2015/03/19 by milktea

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ヘイヴン 堕ちた楽園
    ヘイブンオチタラクエン

    映画 「ヘイヴン 堕ちた楽園」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画