こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

サルバドル 遥かなる日々

Sarvador
ジャンル: ホラー , ドラマ , アクション , 戦争
公開: 1987/10/17
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    サルバドル 遥かなる日々 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      常に社会的な問題を鋭くえぐるオリヴァー・ストーン監督の「サルバドル 遥かなる日々」は、シリアスで情念のこもった社会派ドラマの傑作だ。

      政情不安定で、内戦の絶えないエル・サルバドルに入国したフォト・ジャーナリストのリチャード・ボイル(ジェームズ・ウッズ)。彼の見た現実は、胸がムカつくほど凄惨だった-------。

      曲者俳優ジェームズ・ウッズ扮するリチャード・ボイル(この作品の脚本をオリヴァー・ストーンと共同で書いているフォト・ジャーナリスト)が、無軌道な無頼の生活で仕事にあぶれていた。

      この状況を打開すべく、親友のDJ(ジェームズ・ベルーシ)を甘言でたぶらかして、動乱のエル・サルバドルへ潜入し、アメリカの援助を受けている政府側と左翼ゲリラ側の取材を続けるフォト・ジャーナリスト魂に徹したキャサディ(ジョン・サヴェージ)と一緒に取材を続け、銃弾に倒れたキャサディが残したフィルムをアメリカへ持ち帰ることになる-------。

      この間に現地の女性(エルピディア・キャリロー)との束の間の愛も含めて、恐るべき動乱の様相が、オリヴァー・ストーン監督らしいリアルで迫真の映像で描かれていく。

      世界のいろいろな戦闘地域の取材で命を失ったフォト・ジャーナリストは多いが、この作品でも無茶だと言いたくなるような命知らずの活躍ぶりが強烈に描かれており、虐殺がビジネスみたいな軍部の行動も戦慄的ではあるが、これだけのものをメキシコその他でのオールロケーションで映画化した、オリヴァー・ストーン監督のエネルギッシュな演出には、唸らされてしまう。
      >> 続きを読む

      2018/03/23 by dreamer

      「サルバドル 遥かなる日々」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    サルバドル 遥かなる日々
    サルバドルハルカナルヒビ

    映画 「サルバドル 遥かなる日々」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画