こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ひゃくはち

ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2008/08/09
監督:
キャスト: , , , ,
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム

    ひゃくはち の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      甲子園常連の名門京浜野球部。
      応援席で3年生の負ける姿を見たノブと雅人はベンチ入りをかけて猛練習に励む。

      友人でもありライバル。
      これはよくあるが、彼らが狙うのはベンチ入り。つまりは補欠要因。
      ここが今までにない野球ものになっている。

      主役じゃなくてもドラマはある。
      例えばマネージャー。そしてレギュラー。補欠にも当然ドラマが。

      そんな彼らの争いと、甲子園で見せる補欠なりの行動。
      野球が個人技ではなくチームスポーツなんだと思い知る、よく出来たドラマ。
      >> 続きを読む

      2018/05/30 by オーウェン

      「ひゃくはち」のレビュー

    • 4.0

      最初は背番号が「108」?と勘違い。冷静に考えれば高校野球でそんな背番号は…。

      実は、大晦日の除夜の鐘の数が108回。人間の煩悩の数が108。そして、硬式野球のボールの縫い目の数。

      華やかな高校野球の表舞台で毎年のように甲子園行きを争う名門野球部。しかし、その背後には、レギュラーと同じ厳しい練習に耐えながらも、レギュラーなんか夢のまた夢で、様々な雑用もこなす日々。せめてもの目標は夏体のベンチ入り。そんな数多くの補欠部員たちの存在がある。本作はそんなベンチ入り当落線上であがく補欠部員たちの物語。彼らの悲喜交々(ひきこもごも)を、綺麗事じゃすまない部分も含めて描けていたように思います。

      過大な期待をされてもなんなので、星はこのくらいにしておきますが、個人的な満足度はもうちょっと高め。四つ星半ぐらいはあげても良いように思っています。
      >> 続きを読む

      2015/06/09 by ぴぐじい

      「ひゃくはち」のレビュー

    • 男性の知人にオススメしてもらったものの私はこれダメだったのですが(涙)私のまわりの男性陣には評判良い気がします。感情移入できるのかもしれませんね。 >> 続きを読む

      2015/06/10 by milktea

    • >makotoさま
      「108」って、煩悩の種類・分類なのかも知れませんが、煩悩の量だとするなら、私も余裕で超えている気がします。(笑)
      某SFアニメ(サイ●パス)のパロディでいうなら、ドミネーターを向けられたら、余裕で「煩悩係数300」ぐらい行っていそうです。完全に執行対象です。

      >milkteaさま
      たぶん、このお話は、男の人が女性に見せてはいけない、「舞台裏」まで描いている気がします。ドン引きする女性がいても、不思議ではないですよね。
      >> 続きを読む

      2015/06/10 by ぴぐじい

    • 1.0

      ツタヤ100選に選ばれていたので観てみました。
      ラストの終わり方だけ秀逸ですが、他は全く何が面白いのか。。。

      2014/08/21 by takenuma

      「ひゃくはち」のレビュー

    • 評判はそこそこ良いんですよね。。
      でも私もあんまりでした。

      2014/08/21 by milktea

    • 3.0

      高校野球のレギュラーの座を狙って練習に励む男子高校生の青春、友情。

      私も学生の頃、レギュラーになるべく練習に励んだのに選ばれずに悔し涙したり、最後の試合でレギュラーに選ばれて嬉し涙したりという経験があるので、もっと感情移入するかなーと思っていたのだけれど、意外とそんなことなく、普通だった。。。

      女子と男子で違うのか、スポーツも種類によって違うのか、なんでそこまで感動できなかったのかよくわからないが、泣ける映画を観たくて選んだけど、泣けずに終了。

      不完全燃焼。 >> 続きを読む

      2013/07/20 by milktea

      「ひゃくはち」のレビュー

    ひゃくはち
    ヒャクハチ

    映画 「ひゃくはち」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画