こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

007 カジノ・ロワイヤル

Casino Royale
ジャンル: アクション
公開: 2006/12/01
製作国: アメリカ , イギリス
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

    007 カジノ・ロワイヤル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 5.0 泣ける 切ない ハラハラ クール

      ダニエル・クレイグボンドシリーズで1番グッときた。かっこ良い。そしてとても切ない。

      2018/02/12 by kajika

      「007 カジノ・ロワイヤル」のレビュー

    • 4.0 笑える クール

      エヴァ死んだのボンドのせいのような…
      とにかくダニエル・クレイグがかっこいい。

      2017/05/04 by fatbob

      「007 カジノ・ロワイヤル」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "クールで熱い情熱を持った新生ジェームズ・ボンド 「007 カジノ・ロワイヤル」"

      女王陛下のスパイ、ジェームズ・ボンドが、初めてスクリーンに登場したのは、もう半世紀以上も前になる。

      以来、多くの作品で悪と戦ってきたジェームズ・ボンド。「007」は映画史上、最も長期に渡って成功したシリーズだ。

      とはいえ、その間、次第に新しいヒーローが次々と映画館にあふれ、CG技術の進歩で、お金さえあれば誰でもスリル満点の映画を作れるようになった。そして、気がつけば、殺しのライセンスを持つ女たらしのヒーローは、すっかり時代遅れに----。

      窮地に陥った製作陣は、透明になるボンドカーまで登場させる始末で、安っぽいSF映画すれすれになってしまっていた。イアン・フレミングの原作が描いていた世界とは、程遠い世界になっていたのだ。

      そこへ登場したのが、6代目ボンドのダニエル・クレイグだ。この「007 カジノ・ロワイヤル」は、現代を舞台に、ジェームズ・ボンドが007になる前の話を描いている。

      これは、大胆だが歓迎すべき試みだ。そして、結果として、この映画はシリーズに新風を吹き込み、色男の荒唐無稽な映画を緊迫したドラマに変えたのだ。

      その象徴とも言えるのが、モンテネグロのカジノの一場面。マティーニをステアするかシェークするかと聞かれたダニエル・クレイグ=ボンドは、昔のボンドなら死活問題だったはずのその問いに「そんなことはどうでもいい」と切り返す。

      歴代ボンドの中で、全てを兼ね備えていた俳優といえば、やはり初代のショーン・コネリーだろう。ワインの銘柄にこだわり、洒落たセリフを口にする一方で、サメだらけの海に敵を投げ込む残酷なスパイを、演じてみせていた。

      ダニエル・クレイグは、この美しき殺し屋をよみがえらせ、クールで熱い情熱を内に秘めたタフガイという、新たなボンド像を打ち出したと思う。そして、彼はまた、複雑な感情の襞をも表現出来る俳優でもあるのだ。

      この映画でボンドは、悪徳銀行家がテロ組織に資金を提供するのを阻止するため、世界を飛び回ることになる。

      今回のボンドガール、エヴァ・グリーン演じる美女がボンドのミッションを助けるが、クレイグ版ボンドは、戯れのロマンスはしない。この映画でのラブシーンが切なく胸に迫るのは、007映画でもこれが初めてだろう。

      「007 カジノ・ロワイヤル」は、このシリーズに新しい「ファン殺しのライセンス」を与える作品になっていると思う。
      >> 続きを読む

      2017/03/31 by dreamer

      「007 カジノ・ロワイヤル」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      アクションシーンはハラハラして面白かったが、ダブルオーにはまだ早かった。今回のことは教訓として成長するのだろうか。

      2017/01/22 by JUMP

      「007 カジノ・ロワイヤル」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      『スペクター』『スカイフォール』の順で先行して鑑賞済。今回、遡ってダニエル・クレイグの007リブート版第1作目の本作『カジノ・ロワイヤル』を満を持して鑑賞。
      う〜ん、これはいい。もう終わりかなと思った後も全然。お得感ありありの中身の濃い〜一作。ダニエル・クレイグは、スーツがよく似合い本当に格好良い。確か『スペクター』が彼が出演する最後の作品とのことだったが、もし本当ならば非常に残念。もう彼以外のジェームズ・ボンドは想像出来ない。また、今回のボンドガールのエヴァ・グリーンも、話が進むに連れ、どんどんと魅力的な女性へ変貌。
      この勢いに乗って、次作の『慰めの報酬』も鑑賞しようっと。
      主題歌のヴォーカルの声がやけに耳馴染みがあると思ったら、昔よく聴いていたサウンドガーデンのクリス・コーネルが歌っていたのね。道理で聴きやすいはずだ。
      >> 続きを読む

      2016/06/05 by 123

      「007 カジノ・ロワイヤル」のレビュー

    もっとみる

    007 カジノ・ロワイヤル
    ダブルオーセブン カジノロワイヤル

    映画 「007 カジノ・ロワイヤル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画