こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ライトスタッフ

The Right Staff
ジャンル: ドラマ , アクション
公開: 1984/09/08
製作国: アメリカ
配給: ワーナー映画

    ライトスタッフ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "アメリカ的なフロンティア精神讃歌を謳った佳作「ライトスタッフ」"

      空の向こうには何があるのだろう? 空の向こうはまた空で、そのまた向こうも空なのだろうか? 空の果てというのはあるのだろうか? そして、空の始まりと終わりはどこでどうなっているのだろうか? ----。私にとって人生最大の疑問だ。

      考えれば考えるほどわからなくなる。宇宙は私たち人間に巨大な疑問符を投げかけて存在している。この疑問を抱いたまま一生を終わるのかと思うと、暗澹たる気持ちになってくる。

      人類が宇宙空間に一歩を踏み出してから、まだ日は浅い。地球の歴史四十六億年、人類の歴史百七十万年という長い時を経て、ようやく人類は宇宙という巨大な疑問符に向かって、"探索の旅"を始めたのだ。

      このフィリップ・カウフマン監督の映画「ライトスタッフ」は、アメリカの宇宙飛行士第一期生七人の生き方を中心に、1960年代初頭の「宇宙新時代」の息吹を描いている。

      空軍パイロットたちが、様々な体力テストと心理テストを受け、宇宙パイロットとしての「正しい資質(ライトスタッフ)」を厳しくチエックされる場面が、非常に興味深い。宇宙技術ではソ連に完全に出し抜かれたアメリカが、あせりまくって失敗を重ねるシーンにも大笑いしてしまった。

      未来の宇宙パイロット七人と並行して描かれているのが、空軍パイロットのチャック・イェーガー(サム・シェパード)。彼は、"音速の壁"を破ったことで有名な実在の人物だ。

      宇宙パイロットという新時代の花形職業に背を向け、"テスト・パイロット"に職人的意地と情熱を賭けている。

      宇宙時代の到来をいち早く察知しながらも、旧時代のテクノロジーに自分を賭けてしまうチャックは、まるで西部開拓史末期を舞台にした西部劇によく登場する、「時代に乗りそこねた名ガンマン」のようだ。

      彼の登場シーンは、常にセピアがかり、ひたすらノスタルジックで、まるで何か別の映画のようなのだ。

      このクササには正直、驚いてしまったけれど、何しろチャック役がアメリカ映画界随一の"孤高のインテリ俳優"、サム・シェパードなので、つい大目に見てしまう----。

      そして、新時代を目指す宇宙パイロット七人と、旧時代にしがみつくチャックとは全く対照的なようで、実は同じ資質の持ち主だと思う。両者に共通するのは、アメリカ人の大好きなフロンティア精神、チャレンジ精神なのだ。

      ある宇宙飛行士がこう言っている----。「宇宙体験をすると、前と同じ人間ではありえない」と。

      これまで宇宙へ飛んだパイロットは米ソ合わせて百人ちょっとだが、その中には宇宙体験後、精神的な変化を起こした人がたくさんいるらしい。

      神との邂逅により宗教家になった者、政治家になった者、精神に異常をきたした者、情事に溺れた者----。そういえば映画「愛と追憶の日々」のジャック・ニコルソンが演じたのも、もと宇宙パイロットのアル中男だった。

      宇宙体験が、"精神的な体験"であること、"巨大な疑問符との対決"であることをこの映画は、あまり突っ込んで描いてはいない。フロンティア精神を讃美し、あくまでも楽天的で陽気でヒロイズムいっぱいだ。

      この映画を観終えた後、つくづくアメリカの映画だなあと思ってしまった。アメリカ人が観たら、青空にひるがえる星条旗を振り仰ぐ爽快感を、限りなく感じてしまうのかも知れない。
      >> 続きを読む

      2017/02/15 by dreamer

      「ライトスタッフ」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      この映画は空軍パイロットが宇宙への憧れで終わらずに、夢を実現させるところに意味がある。

      反発していたがお互いが力を合わせるところ。
      お決まりの友情などは型どおり。
      ただこれは宇宙飛行士たちのわがままがクローズアップされている。
      要求を通すところなど「スペース・カウボーイ」を思い出した。

      実際に宇宙に行ってからは、やはり技術の低さから着艦や打ち上げなど問題は山積み。
      それでもパイロットはあきらめない姿勢がある。

      中でもエド・ハリスやフレッド・ウォードが印象に残る。
      一人専用なのもこの時代を表していて、地上の6人がサポート役なのも美しい。
      >> 続きを読む

      2015/03/17 by オーウェン

      「ライトスタッフ」のレビュー

    • こういう友情ものいいですね!!
      単純なので、宇宙が出てくるものはワクワクします♪

      2015/03/17 by coji

    • 5.0

      宇宙飛行士にスカウトされるテストパイロットたちの話。荒野のバーにたむろするテストパイロットたちがむちゃくちゃかっこいいです。
      飛行機恐怖症のサムシェパードがここでは俳優としてチャック・イエーガー役をしています。そして、文句なく一番かっこいい!
      命をかけた試験飛行に出るたびに、整備士と「ガム持ってるか?」「一枚持ってる」「戻ってきたら返すからな」なんて会話がさらっとできるなんて、並のかっこよさではありません。
      完全版のさらに長いバージョンの方が物語の描きこみが深いです。

      2015/03/05 by travis

      「ライトスタッフ」のレビュー

    • >ライトスタッフ

      なんとなく転職サイトみたいなタイトルですよねーw

      2015/03/06 by makoto

    • 5.0 泣ける ハラハラ 元気が出る クール

      もう何度観たか、覚えてない。
      でも何度観てもこれだけは言える。

      「文句なし、満点!!!!」

      男の男による男のための映画!
      おじさんのくだらないレビューを見ているヒマがあるなら、今すぐ観よ!!
      「百聞は一見にしかず」いい映画に解説は要らない、ただ観るだけ!
      >> 続きを読む

      2015/01/02 by coke

      「ライトスタッフ」のレビュー

    • とにかく観た方がいいんですね!!
      (*´ω`)ノ ハ----ィ

      2015/01/02 by ただひこ

    ライトスタッフ
    ライトスタッフ

    映画 「ライトスタッフ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画