こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

脳内ニューヨーク

SYNECDOCHE, NEW YORK
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 2009/11/14
製作国: アメリカ
配給: アスミック・エース

    脳内ニューヨーク の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 2.0 笑える

      もう支離滅裂。
      魅力ある支離滅裂ならいいんですけど、まったく共感しないオヤジのハナシで...。
      ぜんぜん面白くなかったです。
      タイトルはかなりクールなんですが...。

      (~allcinema)
      「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」などエキセントリックな作風で賞賛を集める脚本家チャーリー・カウフマンが初監督を務めたコメディ・ドラマ。現実のニューヨークの中に、自分の頭の中のニューヨークを実体化させるという突飛な着想の舞台上演を実現させようと奔走する劇作家が、その過程で人生にとって大切なものは何かを模索していく姿を奇想天外な世界観で綴る。主演は「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマン。
       画家の妻アデルと娘オリーヴに囲まれニューヨークに暮らす劇作家ケイデン・コタード。
      彼が手掛けた作品は一定の評価を受け順風満帆に思われたが、アデルは個性のない舞台演出を続ける覇気のない彼に失望し、ついにオリーヴを連れてベルリンへと去ってしまう。
      劇場の受付嬢ヘイゼルを相手に孤独を紛らわすも、アデルへの未練から関係を進展できずじまいのケイデン。だが、そんな冴えない彼にある日、転機が訪れる。マッカーサー・フェロー賞(別名“天才賞”)を受賞したとの報せが舞い込んできたのだ。すると、ケイデンは、その賞金全てを注ぎ込んだ突拍子な企画を思いつく。それは、巨大な倉庫の中に、自分の頭の中にある“もうひとつのニューヨーク”を作り上げる、という壮大なプロジェクトだった。やがて、集まった俳優たちに“舞台のニューヨークの中に自分の人生を構築し、再現せよ”と指示し、準備を進めていくケイデンだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/11/23 by motti

      「脳内ニューヨーク」のレビュー

    • 3.0

      もともとチャーリー・カウフマンの作品群を見れば奇抜なのは分かっていたこと。
      それでもここまで難解だと一般層にアピールするのは不可能だろう。

      ニューヨークに住む劇作家のケイデンは舞台演出に悩んでいる。
      転機が訪れたのはフェロー賞を受賞した時から。
      その賞金を全額つぎ込んだのは自分の頭の中でニューヨークをつくること。

      物語の荒筋だけでもよく分からない中身だが、後半になるとその勢いは加速していく。
      現実と脳内の境界はまるで分らなくなり、独創的というより独善的のようになってしまったよう。

      それでも演技を一定の水準にまで持って行くフィリップ・シーモア・ホフマンと女優陣のせいで何とか見れたが、好き嫌いがはっきりと分かれる作品なのは間違いない。
      >> 続きを読む

      2017/01/24 by オーウェン

      「脳内ニューヨーク」のレビュー

    • > 自分の頭の中でニューヨークをつくること。

      むむむ。
      パッケージ画像を見ても謎は深まるばかりです... >> 続きを読む

      2017/01/24 by ice

    • 現実と妄想の判断がつかなくなっていく感じなのでしょうか……?
      全くストーリーが想像できません…… >> 続きを読む

      2017/01/24 by choco

    • 2.0

      まれに面白いかもと思う部分もありましたが概ね意味不明で退屈。時系列もバラバラにしたらしく、率直に言って理解不能な描写が多々。申し訳ないけどわざわざ劇場まで見に行って損しました。この人の作品にお付合いするのはこれが最後かな。

      2015/06/16 by ぴぐじい

      「脳内ニューヨーク」のレビュー

    脳内ニューヨーク
    ノウナイニューヨーク

    映画 「脳内ニューヨーク」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画