こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

さよなら渓谷

公開: 2013/06/22
監督:
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム

    さよなら渓谷 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 4.0 切ない

      不幸になるために2人で在る…その意味が変ろうとする時、かなこは突如姿をくらませてしまう。それには、幸せになってしまいそうで、という意味合いと「私が消えたら、あなたを許したことになる」という言葉の意図するところとを感じる。個人的には、例の事件はもはやふたりのアイデンティティなのであって、散り散りになっても、別の誰かといても、根本的な幸せの在り方は変わらないのでは、とシンプルに思ってしまう。

      2017/11/14 by Mimi

      「さよなら渓谷」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      評価のポイントは複雑な二人の関係性を理解し得るかどうかの一点。

      最初からネタバレしたかのようなキャッチコピーでもわかる通り、レイプ事件の被害者と加害者が夫婦であるという矛盾。

      お互いの心情には贖罪を請う加害者と、恨みにも愛にも似た被害者の感情。

      何とも捉え難い事情だが、真木よう子と大西信満の二人の役者は演じがいがあったのだろう。
      この関係性が見えてくると、二人のセックスシーンも別の意味を持つ。

      ラストは結局真相は明かされない。
      でも単純に答えを出せない問いなのだから、むしろ当然なのだろう。
      >> 続きを読む

      2017/11/08 by オーウェン

      「さよなら渓谷」のレビュー

    • 3.0

      言葉が出ない…。そんな映画だった。

      2017/08/08 by megucchi55

      「さよなら渓谷」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      さすが真木よう子!

      この手のクールな役はよくハマりますね。

      それにしても重い映画・・・・・

      ラブシーンも最初のは「オー♡♡♡」などと興奮してましたけど

      後になって「ん~俺だったらヤレないよぉ~」だな。

      とにかく深くて重い映画ですけど普通のお父さんに観て欲しいな。

      家族が愛おしくなりますよ。
      >> 続きを読む

      2016/09/14 by いわさかり

      「さよなら渓谷」のレビュー

    • 3.0 切ない クール

      罪悪感という希望、共鳴する絶望。

      逃避せず向き合うことが贖罪となるのか。

      犯した過ちの重さは誰もわからない。当事者ですら。

      全ては宙ぶらりのまま時が過ぎてゆく。

      そんなようなことを感じました。


      映画としては、
      主演女優である真木よう子氏を「綺麗」に撮ってないところが好印象でした。
      それと、新井浩文氏は本当にゲス男がハマりますね(笑)。
      >> 続きを読む

      2016/06/27 by 備忘録

      「さよなら渓谷」のレビュー

    もっとみる

    さよなら渓谷
    サヨナラケイコク

    映画 「さよなら渓谷」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画