こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

幸せの行方…

All Good Things
ジャンル: ミステリー・サスペンス
公開: 2012/01/14
製作国: アメリカ
配給: 日活

    幸せの行方… の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      実際にあった事件を映画化したようですね。

      元妻が行方不明なままっていうのがとても不気味です。

      嫁が別れたいのになぜ別れなかったのだろう。

      中絶を要求しといてとても身勝手な主人公にイライラしました。
      >> 続きを読む

      2020/08/01 by marino

      「幸せの行方…」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「一族の 歪みがここに 集まった」

      予告が気になって観てみました。_φ(゚Д゚ )

      大富豪の御曹司として裕福に育ったデイビッド。ある日、父親が所有するアパートでケイティと出会い、やがて二人は結婚することに。つつましく田舎暮らしに幸せを感じる二人だったが、ケイティが妊娠すると、デイビッドは一族の血を自分の代で絶やしたいと、ケイティに中絶を強要した。やがて、少しずつ幸せだった二人の歯車が狂い始めてゆく…というお話。


      実際にあった未解決事件を基にして
      時系列を追った作品(´・(ェ)・`)

      大富豪の息子ながら親に反抗して
      ケイティと結婚するも妊娠を機に変化(‘ε ’)


      ケイティは失踪してしまうがデイビッドに容疑はかからず(・ω・)

      その後も周りで不審な事件が起こるも
      のらりくらりとかわしていく(´Д`)

      この作品が作られたのは2010年で未解決でしたが
      015年に意外な形で終焉を迎えます(^o^;)

      親子関係ってこじれるとこんなことになるんですなぁ
      ( ・ω・)全部が全部父親のせいではないにしろ

      人によっては人生の全てが狂い出す( ゚A゚ )

      ライアン・ゴズリングの怪演が見事でした(*゚Д゚*)
      物憂げなようでモンスターな表情(-_-)

      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2020/06/15 by Jinyuuto

      「幸せの行方…」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      もともと、人間の心の闇が作る深い深い淵を覗き込むような話が好きなので、非常に引き込まれて見た。
      実話ならではの不条理や結論が出ないところは好き嫌いが分かれる映画だと思うけど。

      「人の描き方」が興味深く、作り手はよく人を見てるんだなぁ、と思った。
      特に、結婚式の後に4人で行ったレストランのシーン。
      お金持ちの父親が、息子の結婚相手の母親に食べた分の支払いを請求するところ。富豪の父親が当然全額支払うだろうとみんなが考えていたので、場にとまどいの空気が流れる。
      相手が富豪でなければ当然、支払いはそれぞれがするもの、と考えるだろうから、考えてみれば、父親のしたことは普通に公平なふるまいなのだけれど、なぜかすごく嫌な感じ。

      というのも、父親には、相手の家と付き合う気がまったくなく、無礼な態度をとってもどうでもいい、という考えがそこに現れているから。

      父親は言葉でも人を傷つけるのだけど、そういう「ふるまい」も、同じくらい深いところで人を傷つけるなぁ、と思った。

      ほかにも、幼馴染の女性の微妙にいじわるな感じとか、奥さん側の家族に主人公があんまりなじめない感じとか、エピソードの作り方がうまいなぁ、と感心した。

      しかし、DVは怖いよ・・・。
      映画の中で、無邪気でよく笑う美しかった女性が、脅えてどんどんボロボロになっていく姿を見ていると、こういう事件から何かを学ぶことができて、一人でも多くの人を救えたらいいのになぁ、と思わずにはいられなかった。(実際は、こんな事件から何かを学ぶなんてできそうもないけど)

      家族、家の中、というのはある種の密室で、外から簡単に介入できず、中からも逃げようにも逃げられないのがすごく怖いと思う。
      DV現場を目の前で目撃した親や兄弟でさえも何もできなかったなんて。
      悲しすぎる。

      ところで・・・
      キルスティン・ダンストが不細工、というコメントをいろんなところでやたら見かけたけど、確かに彼女は映画によってはえらく不細工な時があるけど、この映画はかわいかったと思うけどなぁ。

      ていうか、キルスティン・ダンストがこんなに叩かれるのに、ケイト・ハドソンはかわいいとしか言われないのが私は納得いかない!

      あと、ライアン・ゴズリング、もともと顔が長いんだけど、この映画ではいつもよりさらに5㎝くらい顔が長く見えた。なぜだ。
      >> 続きを読む

      2019/09/12 by みけ猫

      「幸せの行方…」のレビュー

    • 3.0

      恋に落ちたデイビッドとケイティは結婚への道を辿る。
      しかし父親の仕事を手伝うため半ば強引にニューヨークへ二人は行くことに。
      そこからデイビッドは奇妙な言動が目立ってくる。

      平凡な男が内に抱え込んだ思いが周囲によって変わってくる。
      その狂気を生み出すのはライアン・ゴズリング。
      なるほど静かに怒りが膨れ上がっていくのが手に取るように分かる。

      だが問題はデイビッドが抱える憤怒は一体何なのかということだ。
      原因が幾つか出るが決定機には欠ける。そこで妻の行動原理と未解決に至る事件。
      何だかモヤモヤが残る内容であった。
      >> 続きを読む

      2017/11/11 by オーウェン

      「幸せの行方…」のレビュー

    • 3.0

      主人公がだんだん不気味になっていく過程がスリリングで思わず引き込まれました。
      しかし、結局のところどのような精神的な病なのか分からずモヤモヤ感が残りました。
      奥さんはスパイダーマンでもそうだったんですが、少なくとも日本人から見て美人ではないですね。

      2014/08/22 by takenuma

      「幸せの行方…」のレビュー

    幸せの行方…
    シアワセノユクエ

    映画 「幸せの行方…」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画