こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

寄生獣

寄生獣
(C)映画「寄生獣」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2014/11/29
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
1990年より、「月刊アフタヌーン」(講談社)に連載され、累計1100万部を突破している大人気コミック。「もしも突然現れた寄生生物が人間達を喰い始めたら…」という衝撃的な物語設定。右手に寄生生物・ミギーを宿した高校生・泉新一の戦いを通して、「人間とはどういう生き物か」「その中で自分はどのように生きるのか」といった根源的テーマを描ききった珠玉の名作マンガ。1995年の連載終了から19年を経て、今もなお熱い支持を集めている。
その人気は日本だけにとどまらず、海外でもその名を轟かせており、ハリウッドのプロダクションが原作件を獲得。故に日本での映画化が出来ず、”手の出せない原作”として伝説化。遂にハリウッドの契約が切れ、このたび日本での映画化が決定!

2013年度公開実写映画興行収入第1位&歴代日本映画興行収入第6位を記録した超ヒット作『永遠の0』の山崎貴監督のもとに、染谷将太、深津絵里、橋本愛ほか名だたる演技派俳優が集結。日本最高峰のVFXを駆使した超絶エンターテイメント=映画版『寄生獣』が誕生。

また、2部作での興行となる本作は、1作目となる『寄生獣』が2014年11月29日、2作目となる『寄生獣 完結編(仮)』が2015年にそれぞれ公開となるが、『寄生獣』公開にあわせて、夏に原作の新装版が刊行され、10月には連続アニメの放送開始が決定している。まさに【寄生獣イヤー】がスタート!

【ストーリー】
人間が食物連鎖の頂点に立つ時代は、突然、終わった。
人間に寄生し、人間に擬態し、人間を捕食する新種の寄生生物
“パラサイト”が出現!
高校生・泉新一と、彼の右手に寄生した“ミギー”の、
奇妙な友情と戦いの物語が始まる。

ある夜、海辺にパラサイトという小さな寄生生物が流れ着く。その寄生生物は人間の脳を乗取って肉体を操り、他の人間を捕食し始める。
平凡な高校生活を送る泉新一にも1匹が寄生しようとしたが、新一を襲った寄生生物は脳を奪うことに失敗し、不本意ながら右腕に寄生することとなった。
新一は周囲の人間に真実を打ち明けることも出来ずに悩んでいたが、やがて新一とパラサイト・ミギーは友情に近いものを感じるようになっていく。
しかし、新一とミギーの前には他のパラサイトが現れ始め、次々と攻撃をしかけてくる。
そして新一の幼馴染の同級生・里美にも危機が訪れる。

事態は深刻度を増し、パラサイトが人を殺し、また人がパラサイトを殺す事態に発展。
その中で、高校教師として目の前に現れたパラサイトの田宮良子を筆頭に、パラサイトたちにもそれぞれの価値観が生まれ始める。
「われわれはなぜ生まれてきたのか?」
地球を壊し続ける人間たちを淘汰するために生まれてきたというパラサイトたち。
そのパラサイトを殺し、生き延びようとする人間たち。
「果たして生き残るべきはどちらなのか?」
それでも、地球を、そして愛する人を守らなければいけない。
ゆらぐ価値観の中で、新一とミギーはパラサイトとの戦いに身を投じていく。
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、大森南朋、北村一輝、余貴美子、 國村隼、浅野忠信 監督・VFX:山崎貴 脚本:古沢良太、山崎貴 原作:岩明均「寄生獣」(講談社刊) 撮影:阿藤正一 美術:林田裕至 音楽:佐藤直紀

    寄生獣 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全30件
    • 4.0

      2014年の日本映画

      2020/05/17 by ゆ♪うこ

      「寄生獣」のレビュー

    • 3.0 切ない クール

      母に捧げるホラーだど


      原作をよんだことあります。
      母の腕の醜い火傷痕のエピソードから泣ける展開を思い出しました。
      脳内補完で(?)なかなか感動。
      この映画版では説明だけでアッサリしてるんだけど田宮良子の妊婦のセリフも深く「母性」へのリスペクトがキモであります...
      なかなか良かったですコレ。

      (allcinema解説)
      人間を捕食する謎の寄生生物“パラサイト”が出現した地球を舞台に、平凡な高校生・泉新一と、彼の右手に寄生した“ミギー”が生き残るために奇妙な共闘関係を築き、他のパラサイトとの過酷な戦いに身を投じるさまを描いた岩明均の世界的ヒット・マンガを「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督が前後編の2部作で実写映画化したSFサスペンス。その前編。主演は染谷将太、共演に深津絵里、橋本愛、東出昌大ほか。また、主人公の右手に寄生するミギー役を阿部サダヲが演じる。
      ある日突然、地球に謎の寄生生物“パラサイト”が出現した。パラサイトは人間の体内に侵入すると脳を食べてその人間の身体を乗っ取り、他の人間を次々と捕食していく凶暴な知的生命体だった。そんなパラサイトの増殖は、人間社会に気づかれることなく、水面下で徐々に進行していた。ごく普通の高校生・泉新一は、ある時パラサイトに寄生されてしまうが、偶然にも脳への侵入は阻止することに成功する。新一の身体全体の乗っ取りに失敗したパラサイトは、やむを得ず彼の右手に居座り、自らを“ミギー”と名乗って、新一に互いの生存のために協力し合うことを提案する。こうして、嫌々ながらも選択の余地なくミギーとの共生生活を受け入れるハメになる新一だったが…。
      >> 続きを読む

      2018/12/09 by motti

      「寄生獣」のレビュー

    • 3.0 クール

      金曜ロードショーの録画で鑑賞。アニメを見た後だった為、どうしても比べてしまって残念。ミギーの阿部さんの演技に違和感があったが、後になり違うアプローチだったのかなと、納得。東出君の演技の不気味さは良かったかな。テーマは共生なため、あの始まりかたなんだろうけど、残念ながらハラハラ感や、緊迫感がなくなり元の良さが消えてしまった。さらに右手が食われたのに進一があまりに普通すぎる。話も無理矢理持っていっているのは残念すぎるな

      2018/09/19 by 無月斎

      「寄生獣」のレビュー

    • 2.0

      TV特別版を録画にて。大幅カットのせいかダイジェスト版を見たような気分……。原作とは違うキャラクターとコンセプトなのは構わないけど、進一のキャラに激しく違和感。進一の言う化物に寄生されたのに抵抗もなければ苦悩もなく序盤から仲良くしてるのはどうみてもおかしい。染谷くんの演技も私には合いませんでした。はっきりいうと面白くなかった……。レンタルで観たらもう少し変わるかなぁ?

      2018/09/17 by さくら餅

      「寄生獣」のレビュー

    • 4.0

      原作既読。
      漫画の実写化なのでそんなに期待せず観ましたが、かなり上手に纏めているので違和感なく観れました。
      CGも頑張ってたし後編観るのが楽しみになりました。

      2017/01/04 by saruwatari

      「寄生獣」のレビュー

    もっとみる

    寄生獣
    キセイジュウ

    映画 「寄生獣」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画