こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ストレイト・ストーリー

The Straight Story
ジャンル: ドラマ
公開: 2000/03/25
製作国: アメリカ , フランス
配給: コムストック配給(コムストック=テレビ東京=ポニーキャニオン=テレビ大阪提供)

    ストレイト・ストーリー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 5.0 切ない 元気が出る クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "旅を続ける事で自分の人生に決着をつけようとするひとりの老人の姿を通して、人間の生きる意味を淡々と問いかける珠玉の名作 「ストレイト・ストーリー」"

      この映画「ストレイト・ストーリー」は、実話をもとに「ワイルド・アット・ハート」の鬼才デヴィッド・リンチ監督が、それまでの作風と180度違う、シンプルで心暖まるロード・ムービーの誕生は、多くの映画ファンを驚かせた事でも有名で、何度観ても、本当に心に残る珠玉の名作だと思います。

      10年来仲違いをしていた兄が心臓発作で倒れたと知った73歳のアルヴィン(リチャード・ファーンズワース)は、和解するために、何と時速8kmのトラクターで560km離れた兄の暮らすウィスコンシン州へと6週間の旅をするのです----。

      映画を観終えた後、アメリカの地図を見てみると、出発したアイオワ州のローレンスから、目的地のウィスコンシン州のマウント・ザイオンまでの道程を確認した時、あらためて感動が心の底から甦って来ます。トウモロコシ畑の中の一本道を、ひたすら真っ直ぐに進むだけのシンプルな物語は、まさにストレイトなストーリーになっていると思います。

      主人公のアルヴィン爺さんが旅先で出会う人々との交流は、まさに、"一期一会"の精神にも合致するもので、何ともほのぼのと心がじんわりと暖まって来ます。ぶっきらぼうだが、確固とした信念に基づいて人生訓を語り掛ける彼のその姿には、嫌味のかけらもなく、実に素直に、自然に聞けてしまうから不思議です。

      それは、何よりもアルヴィンを演じるリチャード・ファーンズワースの存在抜きでは考えられません。彼の演技を超越した名演技は、この老主人公の背負ってきた人生の年輪の重みを感じさせてくれます。

      また、ベテラン・カメラマンのフレディ・フランシスによる、壮大な俯瞰シヨットで捉える"アメリカの原風景"は、ため息がこぼれるほどの美しさです。

      ノロノロと進むトラクター。ゆっくりと進む事で初めて見えてくるものがあるのです----。空の大きさ、星の美しさ、自分自身の人生----。

      考えてみれば、この長い旅路は、アルヴィンの人生そのものなのかも知れません。頑なに独立独歩で旅を続けるアルヴィンは、この旅で自分の人生に決着をつけようとしているのかも知れません。そこには、何かをやり遂げる事で、自分の生きてきた証を残そうとする、力強い気骨というものを感じてしまいます。

      そして、バスにでも乗れば早いところを、敢えて苛酷な野宿の旅を選択したアルヴィンの実直さに、思わず目頭が熱くなって来るのです。

      長い旅路の果て、アルヴィンは兄と再会します。アルヴィンの心の中では、和解なんてもうどうでもいい。ただ子供の頃のように、二人一緒に夜空の星を見上げていたい。そんな二人の間には、もはやどんな言葉もいらないのです。

      ここで、カメラがスッと立ち上がり、満天の星空を映し出すのです----。私が今まで観て来たたくさんの映画の中でも、指折り数えるほどの美しいエンディングだったと思います。

      この映画を観終えて、再び思う事は、この映画は本当に、あのデヴィッド・リンチ監督の映画なのだろうかと----。

      実際、これまでにリンチ監督が真正面から描いてきた暴力や狂気は、映画の背後に塗り込められ、驚くほどヒューマンな感動作に仕上がっていると思うのです。しかし、世の中の"ダークサイド"を抉り出してきたリンチ監督が、"ブライトサイド"も含めた表裏一体の世界感を持っているのは、何も不思議な事ではなく、むしろ、世の中には昼と夜があるように、当たり前の事なのかも知れません。

      それ以上に、実話としてのアルヴィン・ストレイトという一人の人間の偉業の前では、作り手であるリンチ監督の個性や作為的な演出など、もはや蛇足なのかも知れません。とはいえ、奇をてらわない、さり気ない演出は、やはり確かな技量を持つデヴィッド・リンチという名監督だからこそ、なせる業なのだと思います。

      なお、この映画は1999年度のニューヨーク映画批評家協会賞の最優秀主演男優賞と最優秀撮影賞を受賞しています。
      >> 続きを読む

      2016/07/07 by dreamer

      「ストレイト・ストーリー」のレビュー

    • 4.0

      「年を取って最悪なことは、若いころを憶えていることだ」
      グサッときますねー。すさまじいセリフ。

      なんというか・・・必ずまた見なくちゃいけない映画です。
      それも還暦ごろに。そんなとき、私はどう感じるんでしょうか。

      きっとこの物語は、根底に流れている「死の気配」を実際に体験している人でないと100%の理解は出来ない気がします。少なくとも今の私では。

      重要なのは、若いうちに見て、もう一度数十年後もういちど見ること。
      この作品は、そういう楽しみ方ができる映画ですし、しなくちゃいけないような気もしています。若い方、「自分は死なないと思っている方」、今観てもつまらないかもしれませんが、ぜひ!
      >> 続きを読む

      2016/05/01 by jko

      「ストレイト・ストーリー」のレビュー

    • 評価なし

      再鑑賞3回目。映画公開時に鑑賞済み。先日見たインランド・エンパイアと比較してこちらはとても分かりやすいヒューマンドラマ。久し振りに見たくなったので鑑賞。淡々としているんだけど、そこがいい。この監督の映画作品は自分と相性が悪いのか見てもすっきりしない作品が多いのだけどこの映画だけは非常に好き。でも色々な映画を見続けて色々な見方ができるようになったので他の作品も機会を作ってみてみようと思う。

      2016/02/28 by おにけん

      「ストレイト・ストーリー」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      レンタル

      2015/12/11 by MEI

      「ストレイト・ストーリー」のレビュー

    • 5.0 笑える 元気が出る

      人生が良いものと思える映画。と同時にこういうじいちゃんになりたいと思います。

      兄が倒れたとの知らせを受けて、560キロ先までトラクターの旅。
      ただこれだけなのだが何とも味わい深い旅で、出会う人や風景全てがしんみりくる。

      リチャード・ファーンズワースはこれが遺作になったのは悲しいが、まさに集大成的な映画に拍手。
      これまでスタント業務として活躍していた俳優だが、晩年は味のある役が目に付き、この作品が集大成になったのは間違いない。

      しかしこれ観ても監督がデビッド・リンチだとは絶対思えない。
      良い映画ですが、いつものリンチ節が欠片もない事に多少の違和感を感じました(笑)
      >> 続きを読む

      2015/03/29 by オーウェン

      「ストレイト・ストーリー」のレビュー

    • ほんとそうです!トラクターで道路の脇をひたすら走っているだけなのに、心に染み入るものがあるんですよね・・・。 >> 続きを読む

      2015/03/29 by こうこ

    もっとみる

    ストレイト・ストーリー
    ストレイトストーリー

    映画 「ストレイト・ストーリー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画