こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

魁!!男塾

Be a Man Samurai School
ジャンル: 青春 , アクション
公開: 2008/01/26
監督:
製作国: 日本
配給: ゼアリズエンタープライズ

    魁!!男塾 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 2.0

      男塾は全盛期のジャンプの影響もあってか、全巻読破したシリアスものだが破天荒という言葉が似合うアクション漫画。

      一応驚邏大四凶殺までの話だが、時間の都合とキャラを削って制作費浮かしという荒業を見せるまさかの驚邏大三凶殺に変更(笑)
      実に素晴らしいアイデアだが、主演陣をほとんど知らない俳優なのであまり意味がない。

      照英が富樫だとか山田親太朗が虎丸など、イメージとは程遠いキャラが多い。
      特に塾長がまったく嵌っていないのには落胆した。

      その代わり技の解説の民明書房までしっかりナレーションする所はツボに入った(笑)
      >> 続きを読む

      2015/11/27 by オーウェン

      「魁!!男塾」のレビュー

    • 4.0 笑える ハラハラ 元気が出る クール

      まさかの実写版。

      男塾に入塾する剣桃太郎ら1号生。伊達が率いる勢力から男塾を守りきれるのか。

      完全に良い意味で裏切られた。作品の出来というよりは嗜好性に嵌ったパターン。

      正直実写化など出来るわけが無いと冷やかし半分で見始めたのだが、意外や意外、B級テイストを絶妙に含みながらも、落涙させられる瞬間も有り、心から面白かった。

      とは言え、明らかに万人向きではなく、嗜好性の一致が大きかったのが主な原因。
      そもそも、マンガやアニメであらすじを知らない場合には、背景描写が足りないかもしれない。

      自己分析する限り、確かにハマる要素は多かったと実感した。
      ・武士や侍、大和魂などと言う概念が好き。
      ・富士山をバックにした戦闘シーンなどに美を見出してしまう。
      ・出演者が、かなりマンガのイメージに合っており、好みでも有った。

      特筆すべきは、出演者の妙。

      剣桃太郎を演じる坂口拓は少し体の線は細過ぎるように見えるものの、桃のイメージにはピタリ。
      しかも彼自身が、監督/脚本/出演した作品だったと知って更に驚いた。

      江田島平八役の麿赤兒は、彼しか演じられない程の嵌り役だし、極小路秀麻呂の母親役の中島知子も、すこぶる真面目に演じているのに、どうにも笑いを誘うという、絶妙のB級テイストで作品に貢献していた。

      普段は少々ウザイ感が有る照英も、この作品ではむしろ違和感が無いテンションだった。

      坂口拓は、お気に入りの役者になりそうなので他の作品も是非観てみたい。
      >> 続きを読む

      2014/05/12 by ice

      「魁!!男塾」のレビュー

    • まさかの実写化w

      江田島平八を誰がやってるか個人的にカナリ気になる所ですw

      2014/05/12 by ♪玉音♪

    • 魁‼︎男塾、小学生の時テレビアニメで大好きでした!

      姉妹でしたので暴力的なアニメは家庭で嫌われ、北斗の拳はNGでしたが(笑)、これだけは格好良く好き過ぎて1人で観てたの思い出しました(笑)
      実写も良いのですね♪
      >> 続きを読む

      2014/05/12 by kumahachi

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    魁!!男塾
    サキガケオトコジュク

    映画 「魁!!男塾」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画