こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

魁!!男塾

Be a Man Samurai School
ジャンル: 青春 , アクション
公開: 2008/01/26
監督:
製作国: 日本
配給: ゼアリズエンタープライズ

    魁!!男塾 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      感想川柳「完全に 再現するのは やっぱムリ」

      坂口拓作品巡りでレンタルしました。_φ(゚Д゚ )

      男になれ。
      ひとつ!!男は質素を旨とすべし!
      ひとつ!!男は忠節を尽くすべし!
      ひとつ!!男は武勇を尊ぶべし!

      世界に発信するジャパニーズ・アクション・エンターテインメント誕生!
      色なし、恋なし、情けあり。熱き男たちの激闘の伝説が幕を開ける!というお話。

      魁!男塾が実写化してたのは知ってましたが
      絶対面白くないと思って観てませんでした(´・(ェ)・`)

      でもあの坂口拓が主演と監督ということで
      とりあえず見てみることに( ・ω・)

      驚邏第四凶殺までのストーリーですが
      Jがいないので雷電もいなくて
      第三凶殺になってましたね(´Д`)

      とりあえず伊達の鎧と槍がオモチャ過ぎてダメでしょう(笑)(^o^;)

      坂口拓のアクションも思ってたよりは地味でした( ゚ 3゚)
      剣桃太郎には徹してましたけどね( 。゚Д゚。)

      明石先輩も田中哲司って頭おかしい(^_^;)))
      オッサンにも程があるでしょ(笑)

      あれなら大豪院邪鬼は北大路欣也くらいベテランじゃないと( *´艸`)

      塾長の麿赤兒はちょっと痩せすぎだけど貫禄は十分Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

      照英の富樫はいいけど山田親太朗の虎丸はビミョー( ゚A゚ )

      田沢や松尾や秀磨呂は異論無し( ゚∀゚)


      民明書房が千葉繁のナレーションで聞けるなんて贅沢だなぁε=ヾ( ・∀・)ノ

      まさか飛燕が無名の頃の綾野剛とは(笑)

      なんでちょい役で矢沢心やつじあやのが出てるのか分からんなぁ(笑)(^o^;)浜崎貴司はめっちゃハマってた

      まあ男塾のギャグ部分は再現出来ても
      やっぱりアクションはムリでしたね(;´A`)

      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2020/11/09 by Jinyuuto

      「魁!!男塾」のレビュー

    • 2.0 笑える 元気が出る

      原作はジャンプ連載時に読んだ記憶があるが内容は忘れてた。

      今回この実写映画を見てると、少年漫画独自の「熱さ」っていうのは、「熱い」ということソレ自体がコメディだと気づいた。
      バカにしながら見れば楽しめますが甚だバカバカしいので怒りたくなる人もいるでしょう。
      しいて言えばナレーションが千葉繁さんで楽しかった。
      なんつぅか、昭和だなぁと思った。コレw



      (~allcinema)
      80年代後半に週刊少年ジャンプ連載時に絶大な人気を誇った同名コミックを、アクション俳優・坂口拓が主演に加え自ら初監督もこなして実写映画化したバトル・アクション・ムービー。
      原作そのままの破天荒な世界観の中、CGに頼らないリアルかつ迫力あふれるアクションが展開する。
       
      武士道精神を継承し真の男を育てる全寮制の私塾、男塾。今年も日本各地から熱き男たちが入塾してきた。
      文武に秀でた桃太郎、ド根性男・富樫、野生児の虎丸、そして極妻の母に命じられ嫌々やって来た軟弱男の秀麻呂も男塾の門を叩く。
      彼ら一号生たちは、鬼教官や先輩塾生たちの常軌を逸したシゴキと懲罰に耐えながら、塾生生活の中で次第に友情と絆を深めていく。
      そんな中、男塾に私怨を抱く伊達臣人が、邪悪集団“関東豪学連”を率い男塾乗っ取り狙って戦いを仕掛けてくる。
      >> 続きを読む

      2018/09/21 by motti

      「魁!!男塾」のレビュー

    • 2.0

      男塾は全盛期のジャンプの影響もあってか、全巻読破したシリアスものだが破天荒という言葉が似合うアクション漫画。

      一応驚邏大四凶殺までの話だが、時間の都合とキャラを削って制作費浮かしという荒業を見せるまさかの驚邏大三凶殺に変更(笑)
      実に素晴らしいアイデアだが、主演陣をほとんど知らない俳優なのであまり意味がない。

      照英が富樫だとか山田親太朗が虎丸など、イメージとは程遠いキャラが多い。
      特に塾長がまったく嵌っていないのには落胆した。

      その代わり技の解説の民明書房までしっかりナレーションする所はツボに入った(笑)
      >> 続きを読む

      2015/11/27 by オーウェン

      「魁!!男塾」のレビュー

    • 4.0 笑える ハラハラ 元気が出る クール

      まさかの実写版。

      男塾に入塾する剣桃太郎ら1号生。伊達が率いる勢力から男塾を守りきれるのか。

      完全に良い意味で裏切られた。作品の出来というよりは嗜好性に嵌ったパターン。

      正直実写化など出来るわけが無いと冷やかし半分で見始めたのだが、意外や意外、B級テイストを絶妙に含みながらも、落涙させられる瞬間も有り、心から面白かった。

      とは言え、明らかに万人向きではなく、嗜好性の一致が大きかったのが主な原因。
      そもそも、マンガやアニメであらすじを知らない場合には、背景描写が足りないかもしれない。

      自己分析する限り、確かにハマる要素は多かったと実感した。
      ・武士や侍、大和魂などと言う概念が好き。
      ・富士山をバックにした戦闘シーンなどに美を見出してしまう。
      ・出演者が、かなりマンガのイメージに合っており、好みでも有った。

      特筆すべきは、出演者の妙。

      剣桃太郎を演じる坂口拓は少し体の線は細過ぎるように見えるものの、桃のイメージにはピタリ。
      しかも彼自身が、監督/脚本/出演した作品だったと知って更に驚いた。

      江田島平八役の麿赤兒は、彼しか演じられない程の嵌り役だし、極小路秀麻呂の母親役の中島知子も、すこぶる真面目に演じているのに、どうにも笑いを誘うという、絶妙のB級テイストで作品に貢献していた。

      普段は少々ウザイ感が有る照英も、この作品ではむしろ違和感が無いテンションだった。

      坂口拓は、お気に入りの役者になりそうなので他の作品も是非観てみたい。
      >> 続きを読む

      2014/05/12 by ice

      「魁!!男塾」のレビュー

    • まさかの実写化w

      江田島平八を誰がやってるか個人的にカナリ気になる所ですw

      2014/05/12 by ♪玉音♪

    • 魁‼︎男塾、小学生の時テレビアニメで大好きでした!

      姉妹でしたので暴力的なアニメは家庭で嫌われ、北斗の拳はNGでしたが(笑)、これだけは格好良く好き過ぎて1人で観てたの思い出しました(笑)
      実写も良いのですね♪
      >> 続きを読む

      2014/05/12 by kumahachi

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    魁!!男塾
    サキガケオトコジュク

    映画 「魁!!男塾」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画