こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

駆込み女と駆出し男

駆込み女と駆出し男
(c)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会
2015年5月16日(土)全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: 時代劇
公開: 2015/05/16
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
【イントロダクション】
質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆込んでくる幕府公認の縁切寺の東慶寺があった。但し、駆込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思表示をした後に、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。駆出し医者でありながら、戯作者にも憧れている信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。知れば知るほど女たちの別れの事情はさまざま。柏屋の主人・源兵衛と共に離縁調停人よろしく、奇抜なアイデアと戦術で男と女のもつれた糸を解き放ち、ワケあり女たちの人生の新たな出発を手助けしていくが・・・・。
国民的作家、井上ひさしが晩年11年をかけて紡いだ時代小説「東慶寺花だより」。平成26年歌舞伎座の新春大歌舞伎で上演され話題となったこの小説を原案に、原田眞人監督が映画化、初めて時代劇に挑戦した。いかなる時においても夢と希望を忘れず、独特なユーモアと台詞で温かく人間を見つめてきた井上ひさしと、第35回モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリを受賞した『わが母の記』を世に送り出した原田眞人監督という組み合わせにより、全く新しい時代劇に出会うことになった。本作では、現代の2倍あったと言われる江戸時代の離婚をモチーフに、縁切寺に駆込んでくる女たちが様々な出会いと別れを繰り返しながら明るく逞しく生きる姿を描くとともに、江戸時代後期の人々の暮らしや文化をも活写した。その重層的なエピソードと時代背景が織りなす交響楽的構成は清冽で繊細、それでいて大胆。本作は原田眞人の最高傑作と言っても過言ではない。
主人公、中村信次郎を演じたのは人気、実力ともにトップ俳優の大泉洋。よどみなくセリフを繰り出しヤクザの親分をやり込めるシーンは、舞台さながらの臨場感に富み、捧腹絶倒、拍手喝采間違いなし。愛すべき人物像を作り上げた。一方、夫の暴力から逃げてきた鉄練りのじょごに戸田恵梨香、豪商・堀切屋の愛人お吟には満島ひかりが配され、一癖も二癖もあるワケあり駆込み女を演じた。じょごは未来への希望と勇気を、お吟は内に秘めたしなやかな強さを、二人の女優が絶妙な演技で表した。映画で描かれる二人の共犯的な関係も秀逸である。また、堀切屋の主人を堤真一が色気たっぷりに演じたほか、名優、樹木希林が三代目柏屋源兵衛という、男名を持つ手練れの離縁調停人を懐深くチャーミングに演じて見せた。そして山崎(たつざきになります)努は江戸時代を代表する戯作者、晩年の盲いた曲亭馬琴を人間味豊かに演じている。更に、内山理名、陽月華、キムラ緑子、木場勝己、神野三鈴、武田真治ら個性溢れる俳優が競演を果たした。
撮影は京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良などで行われ、特に東慶寺の映像は、トム・クルーズ主演の映画『ラスト サムライ』の舞台にもなった兵庫県姫路市の書寫山圓教寺で撮影された。限りなく荘厳かつ圧倒的な美しさ、そして随所に登場する自然描写はユートピアのような映像美に満ちている。笑って、泣いて、人生は続いていく。生きることは素敵だ。余韻に満ちたラストは、温かな感動に溢れ、観るものの心の奥底でいつまでも静かに輝き続けるにちがいない。

【ストーリー】
時は天保十二年(1841)。老中水野忠邦の、世に言う天保の改革の真っただ中。質素倹約令の発令により庶民の暮らしに暗い影が差し始めた頃のこと。幕府公認の縁切寺として知られる鎌倉の東慶寺には、離縁を求めて女たちが駆け込んでくる。ここは尼寺。生き地獄から抜け出す女たちの最後の砦、言わば避難所である。
さて、駆込みには作法がある。東慶寺門前で意思表示をした後に、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。見習い医者でありながら、駆出し戯作者の信次郎(大泉洋)は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。柏屋には、主人の源兵衛(樹木希林)、番頭の利平(木場勝己)とその女房のお勝(キムラ緑子)らが毎日忙しく働いている。いつか曲亭馬琴(山崎(たつざきになります)努)のような戯作を書きたいと思っている信次郎にとって、ここは資料の宝庫、人間を知る絶好の場所だった。
ある日、顔に火ぶくれを持つじょご(戸田恵梨香)と、お吟(満島ひかり)が東慶寺に現れる。寺を目指す道中で二人は出会い、足に怪我をしたお吟をじょごが大八車に乗せて一緒に駆込んできたのだった。早速、柏屋で聞き取り調査を行うことに。
お吟は洒落本から抜け出したような徒女。日本橋唐物問屋、堀切屋三郎衛門(堤真一)の囲われ者である。駆込んだ訳を聞いてみれば、堀切屋がどうやって身上を築いたのか、もしかしたら数多くの人を殺めたのではないかと思い一緒にいるのが怖くなったのだという。一方のじょごは七里ガ浜・浜鉄屋の腕のよい鉄練り職人。顔の火ぶくれは、たたら場で働いていた証しである。しかし夫の重蔵(武田真治)は仕事もせずに放蕩三昧。あろうことか暴力までふるう。愛人宅に入り浸る夫を迎えに行ったところで人三化七と罵られたじょごは、屈辱の涙を流しながら東慶寺に向かったのだった。
東慶寺に入山するまでの流れを説明する源兵衛。横に控えるのは利平とお勝。これから駆込み人の親元もしくは名主、夫方にそれぞれ飛脚をたてて呼出しをする。そこで、離縁が成立すればそれでよし。成立しなければ東慶寺様に行くことになる。入山には格付け料が必要で、最高位は上臈衆格、第二位に御茶間格、一番下は御半下格。どの格かは金次第。お吟は優雅に日々を暮す上臈衆格に、懐の寂しいじょごは雑用を担当する御半下格に入るという。2年間の修行が済めば夫方は必ず離婚状を書かなければならない。そこで晴れて離婚成立となるのだった。
じょごの聞き取りに加わった信次郎は、彼女の右半分の顔のやけどの傷を治療したくてうずうずしていた。しかし、じょごは簡単に心を開きそうにない。信次郎は優しく説いた。まずは顔の傷を治すこと。それが顔のことを言い募る亭主への逆襲につながります、と。思いあたる節のあるじょごは、信次郎を信じてみることにした。
さて、柏屋から呼出状を受け取った堀切屋三郎衛門は、自分にぞっこんだった筈の妾が縁切寺に行ったことに怒り心頭。自分の裏稼業を知ったお吟が、身の安全と金目当てに駆込んだに違いない。しかし、東慶寺は松ヶ岡御所とも言われる徳川家康公お声がかりの寺。駆込まれた以上、どうすることもできない。堀切屋は呼出しに応じず、お吟は寺役人の石井様(山崎一)の引率で入山する。美しく文武に秀でた、しかし規律にはめっぽう厳しい院代の法秀尼(陽月華)は、優しくお吟を迎え入れる。
そして、また一人、柏屋に駆込んで来た女がいた。名前は戸賀崎ゆう(内山理名)。剣術家の父が開いた道場をごろつき侍に乗っ取られ、夫は斬殺、父はほどなくして死亡。自分も凌辱されたうえ無理やり祝言を挙げさせられたという。東慶寺のお務めが明けた暁には、どうしても仇討をしたいと涙ながらに訴えるゆうに源兵衛は、東慶寺は武士の妻女の入山は認めず、仇討の助太刀はしないと告げるが、ゆうは引かない。
いよいよ、じょごとゆうの東慶寺への入山が翌日となった。傷が癒えるまでの間柏屋に身を寄せ、信次郎を手伝って薬草採集をしていたじょごは、見違える程美しくなっていた。源兵衛と共に傷ついた女たちを離縁へと導いてきた信次郎だったが、自身は好きな女性に告白さえできない純情一本やりの草食男子。気持ちを伝えることもできず、入山するじょごを黙って見送るのが精いっぱいだった。
信次郎は、それからも女を追って柏屋に殴りこんできたヤクザの近江屋三八親分(橋本じゅん)にすごまれるわ、東慶寺で修行をするおゆき(神野三鈴)の妊娠騒動に巻き込まれるわ、様々な出来事に翻弄される。
一方、水野忠邦の改革はいよいよ激しさを増し、水野の腹心、南町奉行の鳥居耀蔵(北村有起哉)は、密偵の玉虫(宮本裕子)を放ち東慶寺のお取り潰しを画策していた・・・。
>> 続きを読む

    大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 内山理名 陽月華 キムラ緑子 木場勝己 神野三鈴 武田真治 北村有起哉 橋本じゅん 山崎一 麿赤兒 中村嘉葎雄 樹木希林 堤真一 山崎(たつざきになります)努 原田眞人監督作品 原案 / 井上ひさし「東慶寺花だより」(文春文庫刊)

    駆込み女と駆出し男 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全20件
    • 3.0

      離婚大作戦!

      予告編とかで面白そうだなと思ってたが、期待してたのよりも難解であった(´Д`;)
      そして なかなかの大作なのだった...長い(;´Д`)

      役者の演技は言うことなし!
      大泉洋のキャラクターは時代劇でも面白いね。
      ヤクザみたいなのを追い返す場面での口からでまかせでやり込めるシーンなんか達者すぎる!

      (allcinema解説)
      井上ひさしの時代小説『東慶寺花だより』を原案に、江戸時代の縁切寺、東慶寺で繰り広げられる離婚を巡る悲喜こもごもを描いた人情時代劇。主演は大泉洋、共演に戸田恵梨香、満島ひかり、樹木希林、堤真一、山崎努。監督は「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」の原田眞人。
      時は天保十二年(1841年)、質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。この時代、夫が妻と離縁することは容易だったが、妻のほうから離縁することはほぼ不可能だった。鎌倉の尼寺、東慶寺は、そんな妻たちの離縁を可能にする幕府公認の縁切寺。寺に駆け込み、2年を過ごせば離婚が成立した。駆け込み女たちはまず御用宿に預けられ、そこで身元の調査が行われる。戯作者に憧れる見習い医師の信次郎は、江戸を追われ、そんな御用宿のひとつ、柏屋に居候することに。そして、叔母である柏屋の主人、三代目源兵衛の離縁調停を手伝い始める。そんなある日、顔に火ぶくれを持つじょごと、足を怪我したお吟が、東慶寺に駆け込んでくるが…。
      >> 続きを読む

      2018/11/02 by motti

      「駆込み女と駆出し男」のレビュー

    • 3.0

      重いテーマをそれでも比較的面白く分かりやすく描かれていたように感じました。みなさん演技のお上手な方ばかりなので、安心してみることができます。

      2018/09/14 by tyame

      「駆込み女と駆出し男」のレビュー

    • 2.0

      字幕が出せなくてセリフが聞き取りにくく、江戸時代の言い回しも意味が分かりにくく、結局話もよくわからなかった。評価が高いので面白そうと思ったが、自分には合わなかった。(アマゾンプライム)

      2018/08/20 by 桃猫バラ

      「駆込み女と駆出し男」のレビュー

    • 5.0

      大泉君目的で見たが、お話としても実に面白かった。ちょっと大泉君が2枚目っぽいのが、「むむっ。」ってなったのはあるが(笑)。

      2017/08/07 by megucchi55

      「駆込み女と駆出し男」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      大泉洋が素敵だった。
      いろんな理由で駆け込み寺にくる女たち。
      戸田ちゃんと満島ひかりとの友情が泣ける。
      お吟はきれいでかっこよく、
      じょごは強くかっこよく、
      なんだか尊敬できる女性がたくさんいた。
      いい映画でした。
      >> 続きを読む

      2017/04/30 by r!eco

      「駆込み女と駆出し男」のレビュー

    もっとみる

    駆込み女と駆出し男
    カケコミオンナトカケダシオトコ

    映画 「駆込み女と駆出し男」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画