こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

苦役列車

ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2012/07/14
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    苦役列車 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 3.0

      劣等感について

      原作も読みまして、中卒で日雇い人夫で社会の底辺でもがく若者が小説家デビューする話が作者自身にかさなり感銘をうけたものでした。
      森山未來さんはいい役者ですよね。
      イケメンで売ってるわけでもないし(失礼)
      ピッタリでした。

      AKB卒業後の女優としての前田敦子を見る。
      たとえば宮沢りえさんも脱アイドルで今や「女優」として重要なポジションになっているし、そういう長い目で見ていったらいいと思う。
      文芸作品である本作はその本気で女優をやっていく仕切り直しとなるでしょうね。

      (allcinema解説)
      第144回芥川賞を受賞しその放埒な言動とともに作者自身のユニークなキャラクターも話題となった私小説作家・西村賢太の同名ベストセラーを、「モテキ」の森山未來主演、「リアリズムの宿」「マイ・バック・ページ」の山下敦弘監督で映画化した青春ドラマ。社会の底辺に生きる不器用な青年の恋と友情を巡る屈折した青春模様を赤裸々かつほろ苦いタッチで綴る。共演は高良健吾、前田敦子。
      1986年。日雇いの肉体労働でその日暮らしの生活を送る19歳の青年、北町貫多。稼いだお金も家賃より先にお酒と風俗に消えてしまう自堕落の日々。そんなある時、職場で新入りの専門学生、日下部正二と知り合い意気投合、初めて他人と友達らしい付き合いをするようになる。やがて貫多は日下部に協力してもらい、秘かに想いを寄せる古本屋の女性、桜井康子とも友達になることに成功、思いがけず人並みの青春を謳歌し始めるのだったが…。
      >> 続きを読む

      2019/12/11 by motti

      「苦役列車」のレビュー

    • 3.0

      コンプレックスの塊で、友達付き合いも恋愛も下手。
      そんないわゆるダメ男が送る青春ドラマ。

      1980年代ということだが、どう見てもそれよりは10年以上前のような時代感。
      風俗店や古本屋など、とても古びた情景に見える。
      そのなかでこそ北町という人間の偏った性格が垣間見えるというわけだ。

      やさぐれた森山未來というのは初めて見たが悪くはない。
      寧ろ嫌われるタイプなのだが、こういう人間は周りに必ずいる。
      その痛い部分を突いてくるから、逆に身近に感じすぎてしまった。
      >> 続きを読む

      2017/06/25 by オーウェン

      「苦役列車」のレビュー

    • 2.0

      ...

      2017/03/02 by ao_ma

      「苦役列車」のレビュー

    • 3.0

      森山未來のリアリティ溢れるダメダメぶりは好演。顔つきがリアル。

      2015/12/14 by kaiteru

      「苦役列車」のレビュー

    • 3.0

      もしかしたらこの時代を生きた人間とそうでない人間では抱く感情が違うんじゃないかな。
      森山未来の演技にはパワーがあって目をひかれるけど、結局この映画からなにを得ていいのかわからないまま観終わった。

      2015/06/18 by ぱなお

      「苦役列車」のレビュー

    もっとみる

    苦役列車
    クエキレッシャ

    映画 「苦役列車」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画