こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ラストキング・オブ・スコットランド

The Last King of Scotland
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2007/03/10
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス

    ラストキング・オブ・スコットランド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      日本から遠いアフリカのウガンダの大統領だったアミンの名は、独裁者として聞いたことはあっても、実際にどんな人物だったのか想像したことはなかった。

      この映画「ラストキング・オブ・スコットランド」はジャイルズ・フォーデンの原作を基に、ひとりの英国人医師の目を通してその人物像に迫った作品だ。

      舞台は、1971年のウガンダ。ボクシング・チャンピオン、軍人として名を上げたイディ・アミン(フォレスト・ウィテカー)は、クーデターによって大統領になった。

      新米医師のニコラス・ギャリガン(ジェームズ・マカヴォイ)は、人の役に立ちたいという志を持ち、スコットランドからウガンダの村へやって来た。たまたま、怪我をしたアミン大統領をギャリガンが手当したことから二人は知り合うことになる。

      ギャリガンは大統領一族の主治医として呼ばれ、政治面までサポートするようになっていく。カリスマ性のあるアミン大統領に心ひかれるギャリガンが、アミンの本当の姿に気付いた時、彼の身に危機が訪れることに----。

      人なつこい笑顔で人の心をあっという間につかむ一方で、殺人もいとわない独裁者としての二面性を、アミン大統領に扮したフォレスト・ウィテカーが心憎いばかりに巧みに表現し、アカデミー主演男優賞をはじめ、各映画賞をほぼ総なめにしたのも納得の演技だと思う。

      それまで、どちらかというと、気の弱い役柄が多く、悪人を演じても、ちらっと人の良さが出て、完全に悪人になりきれないというキャラクターを持ち味にしてきたフォレスト・ウィテカーが、この映画では、善良さと狡猾さと残忍性の入り混じる複雑な人間像を、計算され尽くした迫真の演技で披露していて、その凄さに唸ってしまった。

      それから、撮影の大半が行なわれたというウガンダの風景と空気が、この映画全体に"圧倒的な臨場感"を与えていたと思う。

      しかし、ひとつの作品として観た場合、全般に物語が平板で、外国人医師の視線から描いたことによる限界なのか、ウガンダの地に生まれ、そこで生きていかなければいけない人々が、アミン大統領をどう思っているのかが非常に気になった。

      物語が終わった後で、本物のアミン大統領の映像が流れる時、フォレスト・ウィテカーの演技力の凄さを、あらためて思い知らされた。
      >> 続きを読む

      2017/01/24 by dreamer

      「ラストキング・オブ・スコットランド」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      圧倒的に引き込まれる作りで、2時間強あっという間の内容だった。

      若き白人医師の視点で見たウガンダの大統領イディ・アミン。
      別名「人食いアミン」に気に入られ、そして徐々にその恐ろしさを知る事になっていくというのが主な展開。

      アミンの人物像ではなく、サスペンス調な物語へと移行していくのが手に取るように見える。
      終盤の緊迫感は想像以上にスリリング。

      マカヴォイの自ら堕ちていく青年ぶりはもっと評価されていいはずだが、やはりフォレスト・ウィティカーの存在感が圧倒的。
      豪快に笑ったかと思えば、突然冷徹な目に変わる変貌振り。

      これまでフォレストといえば悪人であってもどこかしらいい部分が顔を出す役柄だったが、まるでそれを逆手にとったかのような感じ。
      最後に実際のアミン大統領を出してまで伝えたウガンダのフィクション。
      アフリカの歴史は実に奥深い。
      >> 続きを読む

      2017/01/12 by オーウェン

      「ラストキング・オブ・スコットランド」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      「黒いヒトラー」とも呼ばれることがある、ウガンダのかつての独裁者イディ・アミン大統領を、架空のスコットランド人主治医ニコラス・ギャリガンの視点から見つめる力作。
      ニコラスは大統領の妻と情事を起こすなど非常識な部分も大きいが、私としてはかなり彼に感情移入しながら見ていた。スコットランド人だからという、よくわからぬ理由でアミンに好意を持たれ、側近として強く期待されれば私も拒否することができないかもしれない。
      途中で、政敵や閣僚を容赦なく粛清するアミンの恐ろしさを思い知らされた時の恐怖感。いずれ自分も・・・という緊迫感。
      クーデターで権力を掌握した者は、同じように自らも反乱で政権転覆されることを恐れる。結局大統領は誰も信頼していなかっただろう。

      アミン演じる主演フォレスト・ウィテカーの演技が素晴らしい。ウガンダを知る上で必見の作品であると同時に、ラストシーンのハラハラ感など創作部分も見ごたえがある。おすすめしたい。
      >> 続きを読む

      2016/08/01 by Vertrag

      「ラストキング・オブ・スコットランド」のレビュー

    • 4.0

      この視点での描き方は斬新かもしれない。まあ良い。

      2015/10/31 by kaiteru

      「ラストキング・オブ・スコットランド」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      感想川柳「カリスマ性 どこで狂気に 変わったか」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)前から気になってたんですよね。

      ウガンダに医師として赴任したニコラスが、クーデターにより大統領になったアミンに気に入られ、専属医師として翻弄されていくお話です。アミンは実在の人物ですが、ニコラスは小説用の架空の人物。モデルになった人はいたみたいですが。

      国民を虐殺し「人食い」と呼ばれたアミンをニコラスの視点で描いてますが、多少の正義感はあれどニコラスもダメダメだにしか見えない。(´Д`)赴任した先の医師の奥さんに言い寄ったり、大統領の第3婦人を妊娠させたり。(´д`|||)

      アミンにスポットを当てればフォレスト・ウィテカーの演技は鬼気迫るものがあったし、アミン本人もクーデター時に軍のトップだったというだけで、なりたくて大統領になったわけではなかったという。イギリスからの圧力だったり、周りへの疑心暗鬼だったり、就任時のカリスマ性や国民の為の政策はどこへやら。だから年齢によってアミンのイメージは違うみたいです。

      ちなみに岡村孝子のあみんやビジーフォーのウガンダさんらの名前は元を辿るとこのアミンに行き着くみたいです。
      >> 続きを読む

      2015/09/02 by Jinyuuto

      「ラストキング・オブ・スコットランド」のレビュー

    もっとみる

    ラストキング・オブ・スコットランド
    ラストキングオブスコットランド

    映画 「ラストキング・オブ・スコットランド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック