こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

69 sixty nine

ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2004/07/10
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    69 sixty nine の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 笑える 切ない 元気が出る

      ソワソワしてた1969年。

      内容はムチャクチャでたいしてポリシーもない奴らが青春を謳歌するわけだが、テンポがよくてなかなか楽しめた。
      クドカンの脚本の良いところというか、ノリがよければ毎日が楽しい..みたいな向きは昔も今も同じようで、なんだかわからないけれど楽しかった学生時代の懐古録っていう無責任な内容。
      「青春デンデケデケデケ」をフェステバルにスケールアップした感じ。

      ただ思ったのはデモもバリ封も学生運動は大学生のほうが主だったろうが、当時の若者の「本気」具合、「熱さ」など今の若者にはない部分だろう。

      ロックファンとしてみても69年などは重要な時代だし、学生運動もアポロの月面着陸もそう。
      なんだか皆がソワソワしてたんだと思う。


      (~allcinema)
      村上龍の自伝的ベストセラー小説を「GO」「ピンポン」の宮藤官九郎脚本、「BORDER LINE」の李相日監督で映画化した痛快青春ストーリー。
      1969年の長崎・佐世保を舞台に、女の子にモテたい一心で学校のバリケード封鎖まで行なってしまう高校生たちの姿をエネルギッシュに描く。
      主演は人気若手俳優の妻夫木聡と安藤政信。
       
      1969年、佐世保。佐世保北高校3年のケンは、仲間のアダマやイワセと屋上で掃除をサボっているとき、フェスティバルの開催を思いつく。
      彼は、そこで上映するための映画をつくり、高校一の美女、レディ・ジェーンこと松井和子をヒロインに抜擢し、急接近を図ろうとの下心を抱いていた。
      さっそくカメラの調達のため、北高全共闘のアジトに出向くケンだったが、ひょんな成り行きから“学校の屋上をバリケード封鎖する”と口走ってしまう。
      やがて計画はどんどん膨れあがり、マスコミや警察を巻き込んだ大騒動へと発展してしまい…。
      >> 続きを読む

      2018/09/21 by motti

      「69 sixty nine」のレビュー

    • 3.0

      村上龍の原作をクドカンなりに脚色すると、勢いありで突っ走る快作に仕上がった。

      1969年の設定をTV番組や音楽でしか感じないのは確信犯的。

      妻夫木始め高校生たちのエロ顔はいいんですが、もっと暴走させたら面白いはずだ。
      まあ高校生の頭の中はいつの時代も変わらないものだと(笑)

      嶋田久作とのやり取りは楽しい。だからこそ後半の真剣な対立は面白くない。
      別に無理に真面目になる必要はない。あのノリで最後まで突っ走ればいいのだ。

      そして父親役の柴田恭平が絶妙なキャスティングだ。確かに親子に見える(笑)
      >> 続きを読む

      2015/07/27 by オーウェン

      「69 sixty nine」のレビュー

    69 sixty nine
    シックスティナイン

    映画 「69 sixty nine」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画