こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

寝ずの番

A HARDEST NIGHT!!
ジャンル: コメディ
公開: 2006/04/08
監督:
製作国: 日本
配給: 角川ヘラルド映画

    寝ずの番 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0 笑える

      上方落語界の重鎮の通夜で繰り広げられる人間模様をユーモアとペーソスを交え綴る。
      伏字どころかポンポンセリフに出てくる隠語系w
      冒頭はかなり面白いと思ってみてたんだけどだんだん飽きてきてしまって....。
      時事より普遍的な下ネタ..ではあるが、落語という粋な世界でソレばっかりでは"粋"ではないなぁ。
      ただ、人間の根源的本能や生き死になど普遍的な題材にはシモネタに大真面目に取り組んでみたところに意義はあるのかも。

      木村佳乃って特になんとも思わない女優さんだったが少し萌えでした。冒頭w

      理想の死を考えて作られた伊丹監督の大病人にも出てた(医師役だった)津川雅彦も死に際を考えて題材を選んだ(?)のがわかるような気がする。
      謹んでご冥福をお祈りする


      (~allcinema)
      中島らもの同名短編を基に、豪華俳優陣の競演、津川雅彦が、日本映画初期に活躍した祖父のマキノ省三監督に肖り“マキノ雅彦”名義で満を持して挑んだ映画監督デビュー作。

      上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴(長門裕之)がいよいよ臨終のときを迎えようとしていた。
      ところがそこで弟子たちはいかにも咄家らしい粗忽ぶりを発揮し、思いもよらぬひと騒動が巻き起こる――。
      ともあれ、こうして橋鶴師匠は亡くなり、お通夜の席には弟子はもとより、故人をしのんでゆかりの人々が続々訪れる。
      やがて思い出話に花が咲く。そして案の定、話の内容は次第に下(シモ)のほうへと移っていき…。
      >> 続きを読む

      2018/08/24 by motti

      「寝ずの番」のレビュー

    • 3.0

      まあこれはこれでよしとするのかな

      2015/10/30 by kaiteru

      「寝ずの番」のレビュー

    • 2.0

      けっこう原作に忠実に作っている。
      元が短編だから90分以内におさめてくれればまだ・・・

      まあ、中島らもファンとしては、らもさんの文章の勝ちということです。

      2015/09/27 by KSM

      「寝ずの番」のレビュー

    • 3.0

      火葬する前。つまりは死者の肉体が存在する最期の一日。
      だからこそ死者を楽しく送り出そうと考えてバカ騒ぎをする。
      これがタイトルの一日中起きている寝ずの番だ。

      というがこのバカ騒ぎはある意味死者に失礼千万だ(笑)
      これをクリアしたのは、死者は上方落語の専門だからだ。
      これによってエロありおバカあり下世話話ありだ。

      死者と一緒にダンスや、三味線エロ話大会など無茶苦茶し放題の一日を楽しく描く。
      これで過去を振り返ることによって、各人の個性が出てくる。

      笹野高史が妙におかしかったが、その他の弟子連中も会話が達者だ
      。意外なことにプリンプリンの田中がいいアクセントになっていた。
      ただこれを素直に好きとはいい難い内容ではある。
      >> 続きを読む

      2015/08/21 by オーウェン

      「寝ずの番」のレビュー

    • 2.0

      おそ○が見たい。

      うぐっ、苦手ジャンル。
      (`●、ω×)
      でも単に好みの問題なのでこういう映画はアリだと思います(どっちだよ)◎下ネタ盛り沢山な内容でした。

      それと俺が死んだときはらくだのかんかん踊りはしないでね(笑) >> 続きを読む

      2015/04/18 by きりゅう

      「寝ずの番」のレビュー

    もっとみる

    寝ずの番
    ネズノバン

    映画 「寝ずの番」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画