こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

マッドマックス

Mad Max
ジャンル: SF , アクション
公開: 1979/12/15
製作国: オーストラリア
配給: ワーナー・ブラザース

    マッドマックス の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全23件
    • 3.0

      むっかしむかしに初めて観た時はやっぱりノコギリショッキングだったなぁ〜

      2020/03/01 by HAGANELLIC

      「マッドマックス」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ 元気が出る クール

      マッドマックス1作目。娯楽大作。北斗の拳なんかはこれがルーツと思う。メルギブソン出世作。

      2019/06/22 by tokkun1002

      「マッドマックス」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      初めて「マッドマックス」を観た時、私は反射的にマカロニ・ウエスタンやカンフー・アクションを思い出した。
      次いで、連想したのは、スタンリー・キューブリック監督が撮った「時計じかけのオレンジ」だった。

      この三者に共通するのは、残酷描写だ。
      ただ、前の二つが生身の肉体とじかに関わっている印象が強いのに対し、「時計じかけのオレンジ」のほうからは、無機的な"暴力の冷血性と恐怖感"が、じわりと伝わってくる。

      この「マッドマックス」の舞台は、近未来のオーストラリアだ。
      主人公のマックス(メル・ギブソン)は、凶悪な暴走族を取り締まる交通警官だが、彼らとのいたちごっこに虚しさを覚え、上司に願い出て家族と休暇をとる。

      だが、暴走族の首領トーカッターは、死んだ仲間の仇を討とうと、しつこくマックスをつけ狙っていた-------。

      この映画が、監督初作品となったジョージ・ミラーは、卓抜な撮影術と編集術で世間を仰天させた。
      もちろん、話自体は劇画に等しいものだ。

      だが、フェンダーの高さに据えられたカメラや、異様に速い移動撮影の効果は驚くべきものだ。
      広大な荒野と、そこを抜ける車や、バイクの暴走感覚をここまでヴィヴィッドに捉えた映画は、これが初めてだったのではないかと思う。

      つまり、ジョージ・ミラー監督は、車やバイクという機械と、映画のカメラや録音機という機械を巧みにシンクロさせているのだ。

      同時に彼は、ホラー映画の感覚を隠し味に使い、恐怖の温度を一気に上げる。
      野蛮で粗暴に見えるだろうが、この作品の潜在能力は相当に高いと思う。
      >> 続きを読む

      2019/05/20 by dreamer

      「マッドマックス」のレビュー

    • 1.0

       なぜ世の中でこの映画が評価を受けているかわからないぐらい、面白さを感じなかった・・
       確かに走行シーンは、当時としては、迫力があったんだと思うけど。ストーリーが全然だめ。ちょっと狂気的な暴走族が終始うろついて、マックスの妻子を終盤で死なせてしまって、マックスが一瞬で復讐するっていう、全く中身のないストーリー。何がいいのか、イマイチ理解できなかった。

      2019/04/21 by Yasuhiro

      「マッドマックス」のレビュー

    • 2.0

      狂った世界。

      2019/01/07 by taku

      「マッドマックス」のレビュー

    もっとみる

    マッドマックス
    マッドマックス

    映画 「マッドマックス」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画