こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

キャリー

Carrie
公開: 2013/11/08
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

    キャリー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全19件
    • 3.0

      役者がみな良いので大丈夫、
      でもキングの長編デビュー作、原作を読もう。

      キングの作品には大きい哀しみがある。
      それを克服しようという人間賛歌も。
      ため息出る。

      2019/12/02 by climax38

      「キャリー」のレビュー

    • 2.0

      クロエモレッツの無駄遣い感

      2019/05/27 by madamf

      「キャリー」のレビュー

    • 3.0

      ぱみゅぱみゅ じゃないほう

      リメイク元は、スティーヴン・キング原作&ブライアン・デ・パルマ監督という鳴り物入りではありますが...

      単に、おバカ映画です。はい。

      怒り大爆発の破壊シーンとかがみどころですかね(^_^;)
      その昔「美少女&爆発シーン」がヒットするオタク用のアニメの要素といわれていたと思う。根拠は知らないけどw
      そういう原形をみたのが1976年のリメイク元だったのか。まぁ、実写ですけどね。
      もう漫画な内容ですもんね、コレw
      そういうことかもしれない。


      (allcinema解説)
      スティーヴン・キングの同名小説を基に、一人の少女が引き起こす惨劇を描いたブライアン・デ・パルマ監督による76年の傑作学園ホラーを、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ主演で完全リメイク。共演は「キッズ・オールライト」のジュリアン・ムーア。監督は「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース。極端に信心深い母親のいびつな愛ゆえに学園で孤立を深めていくヒロインが、凄惨なイジメの末に辿る戦慄の顛末を、女性監督ならではの繊細な感情描写と迫力のバイオレンス演出で描き出す。
      高校に通う内気な少女キャリー。狂信的な信仰に囚われた母親の過度な束縛によって、まともな友だち付き合いもできずに陰湿なイジメに晒される辛く孤独な日々を送っていた。そんなある日、キャリーに対するクラスメイトのイジメが一線を越え、関わった女生徒が学校から処分を受ける事態に発展する。これを不服に思った主犯格のクリスはキャリーへの憎しみを募らせる。一方いじめを反省したスーは、せめてもの償いにと、キャリーをプロムに誘ってあげてと自分の恋人を説得する。そんな中、念じるだけで物を動かす不思議な能力に目覚めていくキャリーだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/12/23 by motti

      「キャリー」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      昔のリメイクらしいです。クロエちゃんが主演ということで鑑賞。すっかり成長してキュートないい娘さんになりましたね。逆に母親役のジュリアン・ムーワは老けました・・・けど彼女って平均こんな暗めで怖い作品によく出るなあという印象ですが、今作はいわゆる特殊能力者の苦悩といったような作風で予想外に面白かったです。テーマはいじめですが、ただいじめ側の取り巻きの中にも後悔する娘がいたことは救いになりました。しかしながら念動力というものと思いますが、作中の彼女の覚醒したパワーは凄すぎました。

      2018/02/23 by のぶさん

      「キャリー」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      原作もオリジナル版も見てません。
      これがリメイクだということを、今知った!(笑)
      残念。古い方を先に見たかったな。
      こういうのは、70年代くらいの古臭い作りの方がだいたい怖いんだよね。あの頃のメイクとかファッションそのものが今見るとちょっと怖いし。

      でも、普通に怖くておもしろかったです。

      何が怖いってお母さんが怖い。
      この話、スティーブン・キングのデビュー作だということも今知りましたが、さすが、人の恐怖のおもしろいところを突いているなぁと思った。
      こういう、「正しいと信じ切って疑わない部分」「いきすぎた道徳」って、ほんとに怖いです。スタート地点が正しいだけに。

      2ちゃんねるのまとめサイトとか見ていると最近とみに思うけど、「不倫」とか「処女性」とかに対するネット民の過剰な反応なんかは、これに近いと思うんだけどなぁ。
      あるいは、ツイートなんかで短く説明の少ない文章がバーッと拡散していく様子とか見ても、たまに「こわっ」と思います。見出しだけパッと見て分かってると思い込む感じが怖い。問題を落ち着いて掘り下げない部分が。
      絶対的に正しいと思い込んでいるから、途中で過剰に行きすぎちゃっても、気づくことができない。

      ジュリアン・ムーアって、この種の「じわじわくる怖さ」を演じるのがほんとに上手。「クッキー・フォーチュン」とか最高に怖かった。
      私の中では、グレン・クローズとともに怖い女優の双璧です。
      >> 続きを読む

      2017/11/24 by みけ猫

      「キャリー」のレビュー

    • クロエちゃんが演ずるキャリー・ホワイトは強そうで全然可哀想じゃない!!!
      というのが私の感想でした。
      シシーの演ずるキャリーをぜひ見てみてください。
      映像は結構がっかりな部分もあるかもしれませんが、演技がすごいので。
      >> 続きを読む

      2017/11/24 by 月うさぎ

    • あらあら。そんなに最初のバージョンが良かったのなら、なおさら見る順番はそっちが先が良かったなぁ。ネタばれしちゃうと怖さ半減ですよね。残念。
      映像も、技術的に古臭くてモッサリな方がホラーには合うと思う。
      いつか見ます!
      こっちのキャリーは、特に強そうとは私は思わなかったけど、ふっくらしてて普通にかわいいですよね。確かに、もうちょっと痩せててキモい子の方が怖かったかもしれない。
      あのピンクのドレスもすごーくかわいかった。
      で、で、でも、十分かわいそうでしたよ! いじめはいかーん。
      >> 続きを読む

      2017/11/24 by みけ猫

    もっとみる

    キャリー
    キャリー

    映画 「キャリー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画