こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

罪の手ざわり

天注定
公開: 2014/05/31
配給: ビターズ・エンド=オフィス北野

    罪の手ざわり の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0 切ない クール

      中国の現代の映画監督のなかで最も観るべき監督かもしれない。現代の中国に対する社会的目線をしっかりと持ちながら、決して大袈裟に奇をてらうでもなく、静かにそこに佇む人物を描き続けるその確かな姿勢は好感が持てる。これまで彼の映画はじっくりと人物を捉える静的映画が多いため、やや眠気を誘う傾向もあったが、今作は、いきなり衝撃的な銃殺シーンから始まる。しかしアクション映画ではない。どちらかというと北野武の映画のように、静かに淡々と殺人が行われる。配給にオフィス北野が関わっているのも、ジャン・ジャンク―と北野武がどこか相通じるものがあるのだろう。

      近年の中国で実際に起こった4つの事件に基づき描いた映画だという。強欲資本主義が格差を拡大させ、社会の歪みがあちこちで噴出している中国。短絡的に暴力に辿りつくことしかできなかった人々の悲劇。登場人物たちが中国の各地を移動する。移動せざるを得ないかのように。中国の山西省、重慶市、湖北省、広東省・・・。

      山西省の山村の炭鉱夫の物語は、欲望と金で歪む理不尽な社会への怒りから男は猟銃を無表情に次々と暴発させる。次のエピソードである男も各地で強盗を繰り返し、貧しい村に残した妻子に仕送りをするという二面性。その男の暴力もまた虚無的であり、感情は描かれない。感情が描かれるのは不倫の恋で悩むサウナの受付で働く女。彼女は男の妻から罵られ、客からはセクハラを受けて人間存在そのものを否定される。そしてその屈辱に耐えきれず、侠客のように(梶芽衣子を彷彿させる)逆上し、ナイフで暴れまわるのだ。最後のエピソードは、より高給を求めて縫製工場を辞めてナイトクラブで働く青年は、ホステスと恋をする。しかし、女と社会の厳しい現実に夢破れ、親からは仕送りを催促されて、追いつめられついには自殺してしまう。

      ジャン・ジャンク―はインタビューで語る。

      ――「[4人の主人公が常に動いているのは]多くの人が常に動いていなくてはならない現代中国の反映です。貧困な場所から豊かな場所へ、内陸の西から沿岸の東へ、寒冷な北から温暖な南へと動いている。大海[ダーハイ]は汚職を人々に訴えるために歩き回り、周[チョウ]も警察の目をくぐって移動している。小玉[シャオユー]は妻のいる恋人の下へ行き、次に母親の下へ行く。小輝[シャオホイ]は仕事を変えながら転々とします」(朝日新聞、2014・5・13付)

      移動することを余儀なくされている中国社会。たとえば出稼ぎのため、たとえばより収入を得るため。恋をし、親や妻子に仕送りをしようとするが、行きづまり、強盗をし、人を殺す。定住の地を得られぬまま、彷徨い、行き場所を失うのだ。そんな強欲資本主義の行き着く果ての庶民の絶望が描かれている。

      そして注目すべきは、その描写力だ。猟銃やピストルで次々と殺していく様は即物的で無機的だ。一方、女のナイフでの暴力は恨み節の情念の世界だ。さらにナイトクラブでの金持ちたちの風俗描写は虚構的でシュールでさえある。青年の自殺は、落下そのものが即物的に描かれる。余計な感情や過剰なドラマは描かれない。そんな4つの罪の物語が、何の違和感もなくつながっている。そんな中国社会そのものの行き場のない広大さこそが、この映画の見所かもしれない。
      >> 続きを読む

      2014/07/15 by ヒデヨシ

      「罪の手ざわり」のレビュー

    • 実際に起きた事件に基づいているというのが興味を誘いますね。
      中国映画は観ることは少ないのですが、高評価の作品ということで観てみたいです! >> 続きを読む

      2014/07/15 by coji

    • 観るべき映画という感じがします。中国映画って観たことないかも。良い作品ありがとうございます。 >> 続きを読む

      2014/07/16 by pikapika

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    罪の手ざわり


    映画 「罪の手ざわり」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画