こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

映画は映画だ

Movie is Movie
ジャンル: ドラマ , アクション
公開: 2009/03/14
製作国: 韓国
配給: ブロードメディア・スタジオ

    映画は映画だ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0 ハラハラ クール

      作風がなんか違うなと思ったらギドク監督作ではなかったw


      ギドク監督作だと思ってレンタル。
      「あ・くしょん!」と独特のイントネーションで叫ぶ監督(役)がなんとなく楽しかった。
      劇中何度も聞けるのでツボにはまるw
      吹き替えモードでもその特徴的な部分は強調されてましたw

      ギドク作品の助監督を務めてきたチャン・フン監督は香港映画寄りなスタンスですね。
      香港ノアール系とか好きな人は好きだろうけど僕にしてはまぁそんなには...。
      まあまあですかね。



      (~allcinema)
      韓国の人気スター、ソ・ジソプとカン・ジファンがヤクザと映画スターという対照的な2人の男を演じる異色ドラマ。
      鬼才キム・ギドクが原案と製作を担当し、ギドク作品の助監督を務めてきたチャン・フンが本作で監督デビューを果たした。

      人気俳優のスタは新作のアクション映画でファイトシーンを撮影中、頭に血が上って共演者に大けがを負わせてしまう。
      そんな短気で傍若無人なスタの振る舞いによって彼の相手役を引き受けようという俳優がいなくなり、撮影が中断する事態に。
      そこでスタは、以前出会った俳優を夢見ていたというヤクザの男ガンペに話を持ちかける。
      ガンペは、ファイトシーンでは本気でやり合うことを条件に出演を承諾するが…。
      >> 続きを読む

      2018/11/11 by motti

      「映画は映画だ」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「映画は映画だ」は、ソ・ジソブ、カン・ジファンという二大スターがガチンコで激突する、凄まじい作品だ。

      ヤクザのような映画スターであるスタ(カン・ジファン)と、映画スターに憧れるヤクザのガンペ(ソ・ジソブ)。
      同じ志向性を持ちながら、決して交わることが無いと思われた二人は、ひょんなことで出会い、同じ映画で競演することになる。

      しかし、アクションの演技が出来ないヤクザと、手加減が出来ない俳優は、カメラの前でも本気度100%の殴り合いをしてしまう。

      "哀しみと憂愁の翳り"をオーラのごとく放つ、ソ・ジソブの存在感は、やはり、この映画でも凄い。

      果たして、こんな状態で本当に映画は完成するのか?-------。

      撮影で殴り合うだけでなく、ヤクザがヤクザである限り逃れることの出来ない悲哀も描いていて、この作品は紛れもなく、映画好きの心を熱くする、"映画愛"に満ちた映画なのだ。
      >> 続きを読む

      2018/07/05 by dreamer

      「映画は映画だ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      俳優のスタは映画撮影時に相手に怪我を負わせてしまい俳優が降板。
      代役に困っていたスタは窮地の案として、やくざのガンぺを出演させることを決める。

      映画内での映画という形なので、内輪映画という感覚。
      だが現実を分けるのはやくざの仕事をしながら、映画撮影もこなすという部分。
      そして本気で殴り合うという条件の元撮影をするという約束。

      「ある会社員」を見たばっかりだったので、ソ・ジソブのアクション描写がやけにリアルなのはそのためなのかと納得。

      ラストはやくざなので自分で落とし前をつけたというところか。
      >> 続きを読む

      2018/03/18 by オーウェン

      「映画は映画だ」のレビュー

    • 3.0 泣ける ハラハラ クール

      2009年/韓国映画
      DVD鑑賞

      2017/11/09 by Chappy

      「映画は映画だ」のレビュー

    • 4.0

      俳優になりたかったヤクザの男と、ヤクザの役をやることになった人気俳優。
      ひょんなことから映画で共演することになった二人は、お互いの世界に惹かれていく…。
      ワケの分からん邦題に騙されることなかれ、中々スリリングで男臭い映画に仕上がっている。
      本物のヤクザにビビりながらも徐々に自分を取り戻していく俳優、何か途中まではムカついてたけどラストは晴れ晴れ。
      何と言ってもヤクザ役のソ・ジソブ、この人がホントに素晴らしい!
      また一人韓国俳優で好きな人ができて嬉しい限り。
      あの目つきがたまらん(笑)
      ラストのファイトシーンはものすごい緊張感。
      あそこまで身体を張るところに韓国映画の本気度を感じる。
      >> 続きを読む

      2016/06/10 by ungetum

      「映画は映画だ」のレビュー

    • > ワケの分からん邦題に騙されることなかれ

      レビューを拝見する限り、ワケ分からんすね。確かに... >> 続きを読む

      2016/06/10 by ice

    • 調べてみたら直訳らしいんですよ!
      原題もそんなだったという(笑)

      2016/06/10 by ungetum

    もっとみる

    映画は映画だ
    エイガハエイガダ

    映画 「映画は映画だ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画