こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

13F

The Thirteenth Floor
ジャンル: SF , ミステリー・サスペンス
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

    13F の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 2.0

      現実の世界が仮想世界という形は「マトリックス」と非常に似ている。
      でも中身は遠く及ばない。それ以上に13Fがあまり機能していない。

      ヴァーチャルな世界を作っている男ホール。そこで上司が殺されたが、ホールには記憶にない。
      それどころか容疑者にされる。真相を明かすため、自身が作った機械で過去の世界へと向かう。

      区別は付くし分かりにくいことはないが、何かスッキリしない感がある。
      いかにもな最後の終わり方も微妙だった。
      >> 続きを読む

      2016/08/31 by オーウェン

      「13F」のレビュー

    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      なんとももったいない!・・というのが正直なところ(笑)

      バーチャルリアリティ(仮想現実)ソフトを研究している企業の上役が殺害され、殺人容疑をかけられてしまう主人公。主人公は当日の記憶がなく無罪を証明できない。
      上役は殺害される前、仮想現実の世界にアクセスしていたことを知った主人公が、手がかりを求めて自身も仮想現実に飛び込むが・・・

      同年に公開されたマトリックスの影に隠れて不遇を味わったといわれる本作。
      今まで古今東西、仮想現実を扱った映画はたくさんありますが、確かにエポックメイキングだったマトリックスと比較されると少々きついのは致し方ない(笑)
      クールな電脳世界の描写や派手なアクションがあるわけではありませんが、バーチャルリアリティで、未来ではなく1930年代のアメリカを再現するというのはちょっと面白いアイディアですよね。

      時間軸もそれほど複雑ではなく、わかりやすい仕上がりになっていると思います。
      「人間が科学の力を借りて自我意識や生命を弄ぶようなことがあってもよいのか」といったテーマなども感じ取れ、良い作品だとは思うのですが、SF要素のある単なる「いい話」に終わってしまっているのが何とももったいない気がするんですよね・・・

      SFはちょっと苦手だけれども、ハッピーな気分になれるストーリーが好き!という方にはいいかも(笑)
      >> 続きを読む

      2015/04/02 by ao-ao

      「13F」のレビュー

    • 同じタイミングで超有名作品が公開されてスポットを浴びなかった映画で面白い映画はたくさんあるはずですよね。不運としか言いようがありませんが。 >> 続きを読む

      2015/04/02 by ただひこ

    • ただひこさん、
      ですよね。あとになって見比べてみるのも面白いかもしれませんね(笑)

      2015/04/02 by ao-ao

    • 4.0 ハラハラ クール

      仮想現実を題材にした映画ですが、原作小説「模造世界」は1964年発表。
      真空管からトランジスタへの移行期である時代にこの発想とは!
      お話は上司の死の謎を仮想世界の中で追っていくというサスペンスもの。
      仮想世界が古いアメリカの街並で、かえって古さを感じさせず良い雰囲気。
      仮想が現実を侵食し始めるという展開になるほどなと思ったらさらに...。
      小粒だけど、なかなか良くできた作品です。

      2014/11/17 by Gazak

      「13F」のレビュー

    • > 原作小説「模造世界」は1964年発表。

      そうだったんですね。

      観ている際には全く古さを感じませんでしたが、映像化したのは現代ですから当たり前ですね(笑)
      >> 続きを読む

      2014/11/18 by ice

    • もしかしたらお話もすこし現代風に脚色してるのかもしれませんね。
      (すみません、原作は未見なんです;;)
      装置のハードウェア的なところをあまり詳しく描写しなかったのも功を奏したんじゃないかと思います。
      それにしてもSF作家さんたちの先見性って凄いですね。
      >> 続きを読む

      2014/11/18 by Gazak

    • 4.0 ハラハラ 元気が出る クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      パラレルワールドと言えるような精度で構築した別世界との交流。

      途中までは引き込まれるものが有ったが、結末は有りがち。

      ソフトウェアによる擬似世界と言えば、古くはハビタット。
      ゲームの世界ではウルティマオンライン。目立ったところではセカンドライフなどが有る。

      どれも当時としては極めて優れた世界観を持っており、まさに仮想社会と言えた。
      しかし、どれも結局は画面のこちら側のプレイヤーのみが意志を持ち、向こう側のアバターを操作するという域を出なかった。

      この作品で描かれているのは、画面の向こう側のアバターが意志を持つ世界。
      この意志という部分は、ソフトウェアの世界では、まだまだ実現は遠そうだが、その他の面では、いつかは実現できるような気がして来ている。

      仮想現実と言えば、映画ではMATRIXがパイオニアかつ金字塔だが、アクションや先頭シーンなどはほぼ無いものの、世界観としては、かなり近いように思う。

      残念だったのは、途中まで非常にいい感じに進んでいたストーリー展開が、最後は何とも有りがちな方向に進んでしまったこと。

      安易なハッピーエンドに向かわずに、もう一段踏みとどまれば名作になったように思う。

      ヒロイン役のグレッチェン・モル。タイプではないが、なかなか魅力的だった。
      >> 続きを読む

      2014/04/30 by ice

      「13F」のレビュー

    • 私はハッピーエンドで終わる作品が好きですが、捻り・・・というか観客に考えさせる部分がないと、万人を惹きつける魅力は備わらないものなんですかね。
      ハッピーエンドで全ての謎や問題が解決しちゃうと、何度も観ようとはあまり思わないだろうし・・・。
      >> 続きを読む

      2014/04/30 by Aver

    • 確かに最後は少し綺麗にまとめすぎてしまった感はありますね。
      隠れた名作です。

      2014/11/17 by Gazak

    13F
    サーティーンフロア

    映画 「13F」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画