こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

この胸いっぱいの愛を

ジャンル: ドラマ , ファンタジー , ラブロマンス
公開: 2005/10/08
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    この胸いっぱいの愛を の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0 切ない

      20年前にタイムスリップした青年が叶えられなかった願いを果たすため、思い焦がれていた女性の命を救おうと奔走するファンタジー・ドラマ。
      塩田明彦監督らが、「黄泉がえり」でコンビを組んだ梶尾真治の著書『クロノス・ジョウンターの伝説』の中の一篇『鈴谷樹里の軌跡』を大胆に脚色し映画化。
      主演は海猿隊(違)の伊藤英明とさまぁずのミムラ(違)。
       
      塩田明彦監督作っていいんですよね。
      振り返ってみるとけっこう好き。ハズレもあるけど。
      何気にコレ、若干チープさも含めて大林宣彦ワールドに近い感じ。
      良く言って「異人たちとの夏」だが、「告別」っぽい。


      (~allcinema)
      2006年、百貨店に勤める鈴谷比呂志は、出張で小学生時代を過ごした北九州・門司を訪れた。
      そこで郷愁に浸る比呂志だったが、その時ふと一人の少年に出くわす。
      彼はなんと、“ヒロ”と呼ばれていた20年前の自分。比呂志は知らぬ間に1986年にタイムスリップしていたのだった。
      そしてある出来事がきっかけで、比呂志は祖母の旅館でヒロと奇妙な共同生活を始めることに。
      そんなある日、彼は憧れの女性“和美姉ちゃん”と再会する。難病を患いながらも手術を拒否してこの世を去ってしまった彼女を、今なら救えるかも知れないと考える比呂志。
      一方、比呂志と同じ飛行機に乗り合わせた3人の男女も同様にタイムスリップしていた。彼らもまた、20年前のこの時代にそれぞれある思いを残していたのだった。
      >> 続きを読む

      2018/08/24 by motti

      「この胸いっぱいの愛を」のレビュー

    • 2.0

      飛行機に乗って小学生時代にいた門司に帰ってきた鈴谷比呂志。
      実家に戻るとそこには子供の頃の自分がいた。
      そこは20年前の日本でタイムスリップしていた。

      主要な人物はほかにもおり、それが行きの飛行機に乗っていた乗客たち。
      主な4人に焦点が当てられているが、その扱いはキャストで相当な偏りがある(笑)

      クドカンなどほとんど説明だけのキャラで、なぜそれだけの理由なのか甚だ疑問だ。
      あとタイムスリップでの制約。
      同一人物での接触や、自分の存在を明かしたりなど、何でもありな世界観は問題ではないか?
      >> 続きを読む

      2016/01/26 by オーウェン

      「この胸いっぱいの愛を」のレビュー

    • 2.0

      蛇足のエンディングで更に評価が落ちるどうでもいい映画。世の中の人はこれで感動するのでしょうか?僕は全然感動しませんでした。「黄泉がえり」とかも感動しなかったし「いま、会いにゆきます」とかもそんなにいいか?と疑問を持つようなセンスの為この様な内容では感動出来ない性格なのでしょう。

      世の中の人はそんなに過去にやり残した事があり色々後悔しているのでしょうか?そして出来る事ならそれを変えたいとかやり残しを減らしたいと思っているというのでしょうか?

      僕も後悔している事の一つや二つはあります。それも軽いトラウマになる位の事です。しかし僕はそれを直したいと思いません。今が無くなるからです。まぁこの映画の場合は今はもう無くなっているのですから関係無い事かもしれませんが。過去の戻りもう一度何かをやり直すという面倒臭い臭い事などピクリともやりたいと思う事が出来ません。

      あの時謝っていればと思う事も確かにあります。しかし謝らなかった自分を否定するのも御免です。あの時謝らなかった結果が今なのです。それがあったから次から謝る事が出来る様になったのです。あの時の胸の痛みがあればこそです。その胸の痛みと共存しているのです。

      そしてこの映画では人の人生を変えています。そんなエゴの部分が嫌です。まぁそんなに幸せになっていない部分が唯一の救いでしょう。手術大成功で後遺症も少なく必死のリハビリで世界に通用する奇跡のバイオリニストとかなっていたら完全に糞映画と認定したでしょう。

      人は過去を変えたとしても救われません。自分を認める事以外に救いはありません。他人にも救う事は出来ません。そして自分を救う為に他人を傷つけるのが人生です。その責任の放棄は許せません。色々な犠牲の上に立っている事を忘れては駄目です(実際は良く忘れます、まぁ忘れないと苦痛で生きていけないと思うが)

      安易な感動は生の冒涜ではないかと僕は考えます。

      生とはもっとドロドロとしたモノです。綺麗事で感動するのはもう止めにしよう。それともそんなに現実が辛いというのでしょうか?自分の善意を確かめたいだけの感動なんて僕はいらない。

      その程度の映画だと思いました。
      >> 続きを読む

      2014/11/10 by 隼5郎

      「この胸いっぱいの愛を」のレビュー

    • ミムラさんって久々に見ました。

      2014/11/11 by ice

    • 3.0

      感想川柳「どうしても 比べてしまう 自分がいる」

      故郷の門司へ向かっていた比呂志は、いつしか自分が20年前にタイムスリップしていることに気づく。そこで彼は、難病に侵され手術を拒否して死んだ“和美姉ちゃん”に再会し、彼女を救おうとする…というお話。

      タイムスリップものですけど、う~んそうでもなかったかなぁ…。(;・∀・)どうしてもこの時代はバタフライエフェクトと比べてしまうので(ー_ー;)

      二時間はちょっと長かったかも…(´д`|||)何回か睡魔にも襲われました。

      ラストも…って感じでしたね。(-_-).。oO
      >> 続きを読む

      2014/01/26 by Jinyuuto

      「この胸いっぱいの愛を」のレビュー

    • もしタイムスリップで過去に戻ってしまったら。

      よく歴史を変えてはいけないと言いますが、当時の自分に干渉するかは別として、タイムスリップした自分自身も生きなければならないので、当時の人と否が応でも関わってしまうと思います。 >> 続きを読む

      2014/01/26 by ice

    • もしタイムスリップで過去に戻ってしまったら。

      自分にヒザカックンを決めて逃走しますw >> 続きを読む

      2014/01/26 by makoto

    この胸いっぱいの愛を
    コノムネイッパイノアイヲ

    映画 「この胸いっぱいの愛を」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画