こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

48時間

ジャンル: ドラマ , SF , アクション
公開: 1983/10/29
製作国: アメリカ
配給: パラマウント=CIC

    48時間 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      はみ出し者の白人刑事と48時間の仮釈放を許された黒人囚人が協力して悪党を追うアクション映画。
      ウォルター・ヒル監督。ニック・ノルティ、エディ・マーフィ主演。
      40年ほど前の映画ですが、軽快な話運びでテンポ良く楽しんで観られました。
      エディ・マーフィはその後の作品に比べると地味な印象を拭えないけれど、元祖バディムービーと言われるだけあって掛け合いは安定した面白さでした。
      王道のバディムービーを楽しみたい人に。

      あと黒人差別やネイティブアメリカンがネタにされていて、おおらかな時代だったんだなぁと思いました。(現代が息苦しいのかもしれませんが…) >> 続きを読む

      2020/06/19 by ででん

      「48時間」のレビュー

    • 評価なし

      無骨な中年刑事と捜査協力のために48時間だけ仮釈放された囚人が、脱走した凶悪犯を追う。

      2019/10/15 by Silencer

      「48時間」のレビュー

    • 4.0 笑える ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「48時間」は、サンフランシスコの街を舞台に、脱獄した凶悪犯を追うはみ出し刑事が、刑務所に服役中の凶悪犯の仲間に48時間の仮釈放を与え、彼をパートナーとして大追跡を繰り広げる、ごきげんなポリス・アクション映画だ。

      スピード感あふれるウォルター・ヒル監督の演出にのって、エディ・マーフィーが見事なデビューを飾った作品としても知られている作品だ。

      看守を殺して脱獄した凶悪犯。彼は更に刑事二人を惨殺して逃亡を続ける。そして、これを追いかけるのが、横紙破りのはみ出し刑事。

      こうくれば、あの「ダーティハリー」を思い出すが、舞台は同じサンフランシスコでも、この後の物語の展開が何とも変わっているのだ。

      はみ出し刑事は、凶悪犯のかつての仲間を刑務所から仮出所させ、情報を引き出しながら一緒に追跡して行く。タイムリミットは48時間------。

      このかつての仲間が黒人で、はみ出し刑事がアイルランド系の白人。刑事は、自分の手と黒人の手を手錠でつないで走るのだが、次第に二人の信頼感で強まっていく。

      もちろん、これは言うまでもなく、スタンリー・クレイマー監督、トニー・カーチス、シドニー・ポワチエ主演の「手錠のままの脱獄」のアイディアをいただいている。

      アメリカの混乱を乗り切るには、白人と黒人が手をつなぐしかないという訴えは、あの時代より遥かに実感をもって迫ってくる。

      と言ってもシリアスにそれを描くのではなく、時にアクションで振り回し、時に笑い飛ばして見せる若さは、リアリズムを基調にした訴えではなく、"寓話"としての面白さを創り出して見せてくれる。

      いくらアメリカでも、仮出所の囚人に警察手帳や拳銃を貸すなんてことは絶対にあり得ないのだが、その気にさせてしまうあたりが、当時、ニューアクションの旗手と言われたウォルター・ヒル監督の腕前なのだろう。

      はみ出し刑事のニック・ノルティのウドの大木的なムード、エディ・マーフィの小賢しさ。ともに演技というより、キャラクターの面白さで大いに楽しませてくれる。

      白人と黒人が手を握って、その一方の凶悪犯側はプエルトリコ系やネイティブアメリカン系の青年。結局、時代からはみ出していくものは、いつの時代も時の弱小民族なのだろうか。こんなあたりにも、当時のアメリカの姿が見えて、まことに興味深い映画である。
      >> 続きを読む

      2017/12/19 by dreamer

      「48時間」のレビュー

    • 4.0 笑える ハラハラ

      多分これが白人黒人によるコンビものの元祖じゃないですかね。

      正直に言えばニック・ノルティ刑事が活躍する最初の15分ぐらいは普通の出来。
      囚人であるエディ・マーフィが加わり、コンビになることによって掛け合いの面白さが生まれる。

      エディ・マーフィはこれがデビュー作ですが、この頃はやはり軽快。
      しゃべりも達者で、後の「ビバリーヒルズ・コップ」につながっていくキャラになる。

      対照的なニック・ノルティは頑固な刑事で見事にバランスの取れたコンビ。
      ウォルター・ヒルが監督なので、バスとのチェイスなどアクション場面も抜かりなし。

      続編も作られたが、やはりこの1作目が軽快な出来で最高です。
      >> 続きを読む

      2015/05/20 by オーウェン

      「48時間」のレビュー

    • エディマーフィーめっちゃシャープな感じですねー!

      2015/05/20 by メッシイ

    48時間


    映画 「48時間」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画