こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヴァイブレータ

ジャンル: エロス
公開: 2003/12/06
監督:
製作国: 日本
配給: ステューディオ スリー=シネカノン

    ヴァイブレータ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 切ない

      平成のトラック野郎ルポ(違)

      寺島しのぶよりも大森南朋演じるトラックの運ちゃんが魅力的。
      語り口やたたずまい、なんだか癒されるような存在だ。
      運転手の仕事の内容や、無線やなんかについても解説してくれる(違)
      胡散臭いけれどルポライターなる女はよくルポしてくれていると思うw
      女の悲しみやエロ描写とかはとくに響いてきませんでしたが...。
      あと音楽がよかったです。
      Keito Blowの曲がかっこええ!


      (~allcinema)
      赤坂真理の同名原作を「Wの悲劇」「KT」の荒井晴彦が脚色、「東京ゴミ女」「不貞の季節」の廣木隆一が監督した孤独な男女の物語。心に問題を抱えた女がコンビニで出会った男のトラックに同乗、ほんの束の間訪れた行きずりの恋に癒される姿を描く。
      主演は「赤目四十八瀧心中未遂」の寺島しのぶと「殺し屋1」の大森南朋。
       
      雪の夜のコンビニ。31歳の女性ルポライター早川玲が酒を買いに来る。
      彼女は、いつの頃からか頭の中で聞こえる“声”の存在に悩まされていた。
      そのせいで、不眠、過食、食べ吐きを繰り返していた。コンビニで一人の男を目に留めた玲は男の後を追う。
      男は岡部希寿というフリーの長距離トラック運転手。玲は岡部のトラックに乗り込み酒を飲み始める。
      やがて2人は、アイドリングの振動を感じながら肌を重ねる。夜明けを迎え、一度はトラックを降りた玲が、再び戻ってくる。
      そして岡部のトラックは、玲を乗せ東京から新潟へ向けて走り出す…。
      >> 続きを読む

      2018/10/12 by motti

      「ヴァイブレータ」のレビュー

    • 4.0

      コンビニでちょっとカッコいいなと思った男性。
      男はさりげなくアプローチして、女は付いていったそこはトラック。
      そのまま乗って後ろの席でセックスをし、新潟まで一緒についていく。

      有り得そうにない設定だし、こんな軽さは外国の世界だ。
      しかし映画を見ると違和感はまるで感じない。
      これは演じる役者の力がリアリティの部分でしっかり試されている。

      トラック運転手から見せる裏側や、拒食症の類から彼女が求める感情。
      寺島しのぶと大森南朋が見せる僅かな時間だが、とても気持ちのいい余韻だった。
      セックスシーンやヌードが出るからとかで、敬遠して欲しくない良作。
      >> 続きを読む

      2018/07/20 by オーウェン

      「ヴァイブレータ」のレビュー

    • 3.0

      不思議な空気の映画だけど思いのほか心地良いのがこれまた不思議でした。

      2015/11/17 by kaiteru

      「ヴァイブレータ」のレビュー

    ヴァイブレータ
    バイブレータ

    映画 「ヴァイブレータ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画