こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ドラゴン怒りの鉄拳

精武門
ジャンル: ドラマ , アクション , アドベンチャー
公開: 1974/07/20
製作国: 香港
配給: 東和

    ドラゴン怒りの鉄拳 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 3.0 元気が出る

      黒ズボン、ヌンチャクという定番スタイルを
      初披露したリー先生の傑作ですが、
      いろいろと突っ込みどころの多い映画でもあります。

      日本人が超悪者なので複雑な気分になるし、
      袴を後ろ前に履いているという間違ったスタイルにも
      疑問。
      そして、ラストが後味悪過ぎる。
      >> 続きを読む

      2016/05/22 by UNI

      「ドラゴン怒りの鉄拳」のレビュー

    • 4.0

      アクションの数々!そしてその構図!ブルース・リーの顔面力!どれも素晴らしい。
      柔道場への殴り込みは凄い!一人で大勢をバンバン倒していく!途中のメロドラマも素敵だし、最後のバトルも魅せるわ魅せる。あの吹っ飛びようも最高。あの強烈なラストも抜群の終わり方だ!

      単純にどのシーンも力強かった!画力!絶対また見る!

      2016/05/21 by きりゅう

      「ドラゴン怒りの鉄拳」のレビュー

    • 評価なし

      初鑑賞。「ドラゴンへの道」を事前に鑑賞済み。簡単に話を紹介するのなら「復讐劇」という言葉がふさわしい。ブルース・リーのアクションは圧巻。ただ、悪役が日本人という点で鑑賞していて複雑な心境になった。入門編として鑑賞するのはやめた方がいいかもしれない。感想はこんなところです。

      2016/02/28 by おにけん

      「ドラゴン怒りの鉄拳」のレビュー

    • 4.0

      ヌンチャク&怪鳥音(所謂アチョーとかの叫び声)が初登場した記念碑的作品。

      リーさんのキレキレの動きも素晴らしいですが、それ以上に表情が凄いです。
      もう何でそんな顔するの、ってくらい表情が激しく変化します(笑)。

      それと、アメリカンニューシネマのような衝撃的なラストシーンも素晴らしかったですね。

      ただ、時代が時代なので仕方ないですが、
      出てくる日本人たちがゲスいのばかりで、
      その辺りはちょっと複雑な気分でしたね(笑)。
      >> 続きを読む

      2016/02/14 by 備忘録

      「ドラゴン怒りの鉄拳」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      ブルース・リー作品にしては喜怒哀楽。
      特に怒りの部分がよく出ており、格闘も申し分ない出来でバランスが非常によい。

      物語も単純明快。
      師匠を殺された弟子(リー)が日本人の武術家たちに復讐する。
      相手が日本人というのが目新しいが、なぜか全員しゃべりは中国語(笑)

      やられたらやり返すみたいに対立が激化していく中で、ついに怒りが爆発したリーがヌンチャクを振りまわし日本刀と対峙。
      さらには1対多勢の格闘を披露。

      途中にはリー作品唯一のキスシーンもある。
      さらにはラストの強烈なエンディングと、怪鳥音の叫びが実に印象的な最後。
      これはリー作品の中でも上位に位置する一品だ。
      >> 続きを読む

      2015/08/30 by オーウェン

      「ドラゴン怒りの鉄拳」のレビュー

    ドラゴン怒りの鉄拳
    ドラゴンイカリノテッケン

    映画 「ドラゴン怒りの鉄拳」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画