こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

GODZILLA ゴジラ

GODZILLA ゴジラ
(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC
全国東宝系ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: アクション
公開: 2014/07/25
製作国: アメリカ
配給: 東宝
最高の恐怖
極限の絶望
ゴジラ復活

全世界待望のハリウッドゴジラ
この作品は、日本が誇る世界で最も著名なキャラクター「ゴジラ」をハリウッドの超一流スタッフ・キャストによって映画化される超大作である。
1954年の「ゴジラ」誕生から60年。想像を絶するスケールのゴジラがハリウッドの手によって生まれ変わる。
テーマは「リアル」
ストーリーは「極秘」
今、人智をはるかに超えるゴジラが現れたら、我々は何を感じ、何をなすのか? 何を大切にし、何を犠牲にするのか?
日本から始まる物語は、徹底的にシミュレーションを重ね、アクション映画の枠を超えた繊細なドラマに練り上げられている。
もちろんゴジラ自体の造形、動きもリアルにこだわった。
ゴジラ本来の存在感を持ちつつ、これまでの映像技術では表現できなかった微妙な動きが加味され、全く新しいこれまでで最大のゴジラ像をフルCGで作り上げた。

アカデミー賞(R)常連の実力派キャスト
×
ゴジラ監督になる宿命を帯びた新鋭
ゴジラに対峙するキャスト陣にはハリウッド有数の実力派が集結した。主演に『キック・アス』の若手実力派、アーロン・テイラー=ジョンソン。また、日本を代表する名優・渡辺謙が1954年の第一作『ゴジラ』の精神を受け継ぐ科学者役で出演。さらにエリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・クランストンらが感動のドラマをつむぐ。そして、監督は新鋭のギャレス・エドワーズ。長編デビュー作『モンスターズ/地球外生命体』一本の評価で、超大作『GODZILLA』監督の座を射止めた彼は、少年の頃からのゴジラへの深い愛を感じさせる演出で目の肥えた日本のゴジラファンをも唸らせる。

7月25日、まだ誰も見たことのないゴジラが現れる
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺 謙 エリザベス・オルセン ジュリエット・ビノシュ サリー・ホーキンズ デヴィッド・ストラザーン ブライアン・クランストン 監督:ギャレス・エドワーズ 脚本:マックス・ボレンスタイン 音楽監修:デイヴ・ジョーダン 音楽:アレクサンドル・デスプラ

    GODZILLA ゴジラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全51件
    • 3.0

      実は試写会で見た際に、前半部分で爆睡してしまい、内容もあんまり覚えてなかった(ゴジラの造形がそれっぽいなぁ、くらい)のだけど、テレビ放送版を見返して理由が分かった。
      出だしの原発崩壊~現代にかけて、ゴジラが出る期待を高めておいて、出たのがムートーで、えーってなったまま寝てしまったのだ。
      個人的にはゴジラは悪であって欲しいです。

      2020/07/03 by ata-ma

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    • 1.0

      GODZILLAモンスターバースシリーズ第一弾。
      ムートー(雄雌)二体 VS GODZILLA

      昔のゴジラ原点に返り、実はゴジラがこの瞬間では人類のひいては世界の
      救世主なんだという発想が個人的にとても好き。

      2020/06/22 by ヒデト

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      1998年、ハリウッドゴジラが、まるで街を駆け回る巨大トカゲかイグアナで、ゴジラファンを別の意味で震撼させてから16年後に、再びハリウッドから「GODZILLA ゴジラ」が上陸。

      今度は、ゴジラらしいゴジラだ。このゴジラらしさとは、突き詰めると造形と吠える声。
      足が細かった前作と違い、太ももから下がどっしり、重量感がある。

      吠える声は、耳馴染みあるそれとは微妙に異なるが、吠え終わりに喉の奥から込み上げるように響く低音もある。
      しかも、いいタイミングで仁王立ちになり、空をも震わすように吠えてみせる。

      設定は、1954年の東宝ゴジラ第1作以外は認めない、ゴジラ原理主義者でない限り、ある程度、自由を認めるべきだろう。

      2004年までに28本作られた東宝ゴジラ自体が様々だ。
      赤塚不二夫の漫画で一世を風靡したギャグ「シェー!」をして、跳びはねたことさえある。

      この作品は、第1作を踏襲した変奏と言える。
      ゴジラは謎めき、渡辺謙の役名は、第1作に登場した博士と監督の名前からとっている。
      そこへ、第1作にはなかった怪獣対決を加えて、見せ場を増やしている。

      ただ、第1作では核実験による環境変化に怒って、ゴジラが出現したのに対し、この作品は核実験の真の目的は、ゴジラ退治だったとすり替えている。
      そこが、ある意味、米国製作の限界とも思われ、残念だ。

      他にも、核使用への抵抗感の薄さを感じるが、怪物相手に愚挙と表裏一体の方法を選択する人類という意味で、第1作の踏襲だと取れなくもない。

      因みに、第1作で主演の宝田明が、1シーンだけ出演したが、編集の都合でカットされたそうだ。
      2時間4分とやや冗長だけに、他を削って欲しかったと思う。
      >> 続きを読む

      2020/06/03 by dreamer

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    • 3.0

      中華街みたいなイメージの日本の住宅と上手じゃない日本語にちょっと引いたけど
      そこまでひどくはない日本の描き方。

      ゴジラの体形はやっぱりこれでないと。

      終盤は画面が暗くてよく見えなかった。
      ムートーとゴジラの関係性が分からなかったけど
      人間は置いてけぼりな感じ。
      「怪獣王は救世主か」の一言がなかったら
      展開もよく見えなかったかも。
      ゴジラと他の怪獣が出てくる作品は
      ゴジラが人間よりの立場に描かれてるんだろうか。
      >> 続きを読む

      2020/05/22 by ちっちゅう

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    • 評価なし

      Amazonprimeビデオで鑑賞。

      2019/06/02 by mtmt

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    もっとみる

    GODZILLA ゴジラ
    ゴジラ

    映画 「GODZILLA ゴジラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画