こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

GODZILLA ゴジラ

GODZILLA ゴジラ
(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC
全国東宝系ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: アクション
公開: 2014/07/25
製作国: アメリカ
配給: 東宝
最高の恐怖
極限の絶望
ゴジラ復活

全世界待望のハリウッドゴジラ
この作品は、日本が誇る世界で最も著名なキャラクター「ゴジラ」をハリウッドの超一流スタッフ・キャストによって映画化される超大作である。
1954年の「ゴジラ」誕生から60年。想像を絶するスケールのゴジラがハリウッドの手によって生まれ変わる。
テーマは「リアル」
ストーリーは「極秘」
今、人智をはるかに超えるゴジラが現れたら、我々は何を感じ、何をなすのか? 何を大切にし、何を犠牲にするのか?
日本から始まる物語は、徹底的にシミュレーションを重ね、アクション映画の枠を超えた繊細なドラマに練り上げられている。
もちろんゴジラ自体の造形、動きもリアルにこだわった。
ゴジラ本来の存在感を持ちつつ、これまでの映像技術では表現できなかった微妙な動きが加味され、全く新しいこれまでで最大のゴジラ像をフルCGで作り上げた。

アカデミー賞(R)常連の実力派キャスト
×
ゴジラ監督になる宿命を帯びた新鋭
ゴジラに対峙するキャスト陣にはハリウッド有数の実力派が集結した。主演に『キック・アス』の若手実力派、アーロン・テイラー=ジョンソン。また、日本を代表する名優・渡辺謙が1954年の第一作『ゴジラ』の精神を受け継ぐ科学者役で出演。さらにエリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・クランストンらが感動のドラマをつむぐ。そして、監督は新鋭のギャレス・エドワーズ。長編デビュー作『モンスターズ/地球外生命体』一本の評価で、超大作『GODZILLA』監督の座を射止めた彼は、少年の頃からのゴジラへの深い愛を感じさせる演出で目の肥えた日本のゴジラファンをも唸らせる。

7月25日、まだ誰も見たことのないゴジラが現れる
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺 謙 エリザベス・オルセン ジュリエット・ビノシュ サリー・ホーキンズ デヴィッド・ストラザーン ブライアン・クランストン 監督:ギャレス・エドワーズ 脚本:マックス・ボレンスタイン 音楽監修:デイヴ・ジョーダン 音楽:アレクサンドル・デスプラ

    GODZILLA ゴジラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全39件
    • 4.0 元気が出る

      【109CINEMAS GRANDBERRYMAL/GODZILA/2014年8月10日】 おもしろそうな映画がなかったので、無理やり『GODZILA』を鑑賞。しかし、思った以上におもしろかったし、GODZILAがかわいく思えてしまった。。。(#^^#)

      2017/01/05 by eeko

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    • シン・ゴジラではなくあえてゴジラ!
      ゴジラシリーズはなんとなく食指が伸びなかったのですが、一作くらいは見てみようと思っています。シン以外でも、、、 >> 続きを読む

      2017/01/06 by choco

    • chocoさん こんばんは。
      わたしも、ゴジラ自体どうなのかナ~と全く期待してませんでしたので
      お気持ちわかります。。。でも、ほんとにかわいかったですョ(*^^*)
      まだ、レビューにあげてませんが去年、シン・ゴジラも鑑賞してみました。ん~
      キャストは豪華でしたが、こちらのゴジラは可愛げがなかったナ~ぜひぜひ機会が
      ありましたら鑑賞くださいませ(^^)/
      >> 続きを読む

      2017/01/08 by eeko

    • 3.0

      エメリッヒ版のイグアナゴジラには本家もガッカリするほどの出来栄えだったが、さすがに同じ轍は踏まないハリウッド。
      1954年版の初代ゴジラを踏襲しているのがよく分かる。

      予告編ではまったく匂わせることのなかった、もう一体の怪獣が登場するというのは意表を突かれた。
      1時間近く引っ張るというじらしもゴジラの迫力に効果を上げている。

      とはいえゴジラとの対決に関しては賞味10分もないほどで物足りない感は否めない。
      そして反核のメッセージや恐怖もあっさりではある。

      とはいえ渡辺謙はひとり日本人キャストとして存在感を出しているし、ラストなんて日本のゴジラを完全に踏襲している。

      続編は当然できるのだが、キングギドラやモスラにラドンが登場という布陣。
      登場篇はこれでいいとして、続編ではこれもかというぐらいに暴れまわる怪獣たちが見たい。
      >> 続きを読む

      2016/10/01 by オーウェン

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ

      真夜中に観たのも原因だとは思うが、あまりの退屈さにウトウト、途中完落ちしながら鑑賞。まぁ、そうなってしまうのも内容がイマイチだったからだろう。
      やっぱり思うのは、日本を舞台にしたり、セリフを日本語にするのは、違和感アリアリで、作品自体が嘘っぱちに見えて、のめり込めることが出来ない。
      先日観た最新作の『シンゴジラ』が、かなりの出来映えだっただけに、本作の評価は低くならざるを得ない。

      2016/09/18 by 321

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

       シン・ゴジラ鑑賞記念に鑑賞。結論から言ってしまえば可もなく不可も無しといったところ。このような評価はゴジラ登場シーンと登場しないシーンとの満足度の違いの大きさによる。
       長所を挙げれば大怪獣バトルは原作リスペクトを感じられてなかなかに良い。暗闇の中で見え隠れする超重量級の戦いは誰しもが待っていた展開であり、待ちに待った放射能光線も暗闇を活かした芸術的な映像になっている。
       反面ゴジラが登場しないシーンの展開の遅さや展開の理解しにくさなど脚本家の責任が大きい欠点が強い。渡辺謙の科学者役の必要性が根本的にわからなかったり、主人公家族の物語中の重要性の低さなど人の活躍が薄いため退屈な印象になってしまう。
       何より原発問題など、3.11後にこの程度の知識や考証でゴジラを映像化しようという甘い考えに腹が立つ。これに関しては人的被害による放射能には口を酸っぱくするくせに放射能光線には盛り上がるという日本人の矛盾もあり、あまりフェアな指摘ではないだろう。
       設定もゴジラというより平成版ガメラを髣髴とさせる設定であり、それならガイガンとかモスラをアメリカ風にリメイクして登場させてほしかったというのが素直な感想。どうあっても98年版のジラよりは確実にマシという点で誰の評価も絶対的なものではないだろう。
       やっぱりマグロ食ってるような奴はダメだな。
      >> 続きを読む

      2016/09/12 by answer42

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    • 4.0

      地震に原発、放射線と数年前の日本なら放映禁止ネタが盛り沢山。
      そして、ゴジラがデカい。あんなにデカかったっけ?相手もでかいし、迫力は十分。
      ただ、もう少し長くゴジラさんの戦いっぷりが観たかったなあ。

      2016/09/08 by tzkb

      「GODZILLA ゴジラ」のレビュー

    もっとみる

    GODZILLA ゴジラ
    ゴジラ

    映画 「GODZILLA ゴジラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画