こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

TOKYO! <インテリア・デザイン>

公開: 2008/08/16
製作国: 韓国 , ドイツ , 日本 , フランス
配給: ビターズ・エンド

    TOKYO! <インテリア・デザイン> の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 クール

      別に東京舞台がである意味がわからないけれど舞台に選んでくれてありがとうございました

      ミシェル・ゴンドリー監督作は加瀬亮のキャラクターの気持ち悪さ以外はなかなか良かった。
      斬新な人間椅子(違)への変身ファンタジーにオイラ大喜びでした。
      レオス・カラックス監督作はどうでもよろしい。
      ポン・ジュノ監督作もどうでも良いのだが香川照之が良い。

      総じてどうでも良い内容の映画なんだけど人気監督が撮ってくれているところがミソ。
      10ミニッツオーダーとかパリ・ジュテームとかの類か。

      東京舞台を舞台に選んでくれてありがとうございました。



      (~allcinema)
      オリジナリティ溢れる作風で世界的にファンの多いクリエイター、ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノが東京を舞台に競作した豪華なオムニバス・ムービー。
       
      ミシェル・ゴンドリー監督「インテリア・デザイン」──映画監督の恋人と上京したばかりのヒロインに降りかかる不思議な出来事を綴るファンタジー・ストーリー。
      主演は藤谷文子と加瀬亮。映画監督の恋人アキラと一緒に上京してきたヒロコ。高校時代の同級生アケミの部屋に居候しながらバイト探しを始める2人だったが、アキラとは対照的に都会の水になかなか馴染めないヒロコは、次第に疎外感を感じ始める。
       
      レオス・カラックス監督「メルド」──監督の盟友ドニ・ラヴァンが東京中を震撼させる謎の怪人に扮する不条理劇。
      マンホールの中から突然現われては、街中で奇行を繰り返し、道行く人々に危害を加える神出鬼没の謎の男メルド。メディアでも大きく取り上げられ、いつしか“下水道の怪人”と呼ばれ、東京の人々を恐怖に陥れるメルドだったが…。
       
      ポン・ジュノ監督「シェイキング東京」──香川照之と蒼井優を主演に迎え、引きこもり男とピザの宅配少女との奇妙な心の交流を描くファンタジー・ラブストーリー。
      10年間引きこもりの生活を送る一人の男。土曜日には必ずピザを頼むその男の家に、その日、配達に来たのは美しい少女だった。思いがけず、少女と見つめ合ってしまう男。その瞬間、突然大地が揺れ、少女は気絶してしまうのだが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/20 by motti

      「TOKYO! <インテリア・デザイン>」のレビュー

    • 2.0

      TOKYOが持つ意味は最後まで見ても感じ取れなかった3部作。
      一体この映画は東京の何を伝えたかったのか。それが読み取れない。

      ミシェル・ゴンドリーの監督作。
      実にシュールではあるが、これは江戸川乱歩の有名作品からアイデアを取っているのか。
      まったく同じような構成には驚いた。

      ポン・ジュノ監督作は設定は巧い。
      引きこもりを外に出す理由。そして謎の現象。
      男女逆転の状態になるなど面白かったが、これも東京なのが意味不明。

      結局この3部作はどんな意図があったのか。未だに謎だ。
      >> 続きを読む

      2015/07/30 by オーウェン

      「TOKYO! <インテリア・デザイン>」のレビュー

    • 2.0

      3人の有名監督が東京を舞台にしたオムニバス映画。

      インテリア・デザイン
      監督
      ミッシェル・ゴンドリー
      (『エターナルサンシャイン』のイメージが強い)

      彼らしい切ないファンタスティックな展開◎街に降り注ぐ雨や上京したけど居場所のない感じが東京らしさを感じる。

      メルド
      監督
      レオス・カラックス
      (この監督の映画は観たことない)

      苦虫を噛み潰したような映画だった。

      シェイキング東京
      監督
      ポン・ジュノ
      (『グエムル 漢江の怪物』のイメージが強い)

      3作の中で一番ドロドロしたものかと思ったら意外にもソフトなつくり。
      役者さんたちの演技力と“揺れ”の表現が良い☆

      全体として満足感は得られなかったけど、どれも斬新でたまにはこういうのもありかもしれない。
      >> 続きを読む

      2015/04/12 by きりゅう

      「TOKYO! <インテリア・デザイン>」のレビュー

    • インテリアデザインもテーマになっているのでしょうか?
      オシャレそうです♪

      2015/04/12 by milktea

    • 短編の一話目のタイトルが「インテリア・デザイン」なので副題はそこから来ていると思います。
      全体的にアートチックな作風で各々の作家性がとても出ていました。
      >> 続きを読む

      2015/04/12 by きりゅう

    TOKYO! <インテリア・デザイン>
    トウキョウインテリアデザイン

    映画 「TOKYO! <インテリア・デザイン>」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック