こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

日本沈没

Sinking of Japan
ジャンル: 日本映画 , SF , ドラマ , 特撮 , 特撮・戦隊・ヒーロー
公開: 2006/07/15
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    日本沈没 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0 ハラハラ

      ハリウッド映画で世紀末にしてパニックモノがはやったけれど、その日本版、縮小版、ショボ版とでもいえばいいのか。

      大方の評判は、せっかくのCG技術のわりにダメ映画という見方だが、VFXも見せ方に邦画独自のショボさがあったと思う。
      日本がどんだけ沈没したかの地形を見せるシーンなんか度々挿入されるが見せ方がショボい。センスがない。

      「今はできない・・・」なんでだ。童貞か。


      ドラマ部分も、男と女、家族、とにかく「愛」をキーワードにしていくところは大前提で時流から間違っちゃいないんだろうけれどなんだか変なんだ。
      たとえばこのネタでハリウッド感覚だとしたら草なぎが童貞じゃまずいだろ(違)w


      (~allcinema)
      小松左京の傑作SF小説を「ローレライ」の樋口真嗣監督が映画化。
      日本列島の沈没という未曾有の危機を迎えパニックに陥る日本国民の姿とその中で出会った一組の男女の運命の行方を描く。
      主演は「黄泉がえり」の草なぎ剛と「世界の中心で、愛をさけぶ」の柴咲コウ。

       ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。
      海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。
      調査を指揮した地球科学の田所博士は日本の危機を訴えるが、学会は全く耳を貸そうとしなかった。
      しかし、内閣総理大臣・山本尚之は事態を重く受け止め、危機管理担当大臣を置き、日本人の避難先確保に動き出す。
      時を待たず、地殻変動の波が日本列島を次々と襲い、犠牲者が増大する。
      そんな中、小野寺は、ハイパーレスキュー隊員の阿部玲子と出会う。
      >> 続きを読む

      2018/08/31 by motti

      「日本沈没」のレビュー

    • 3.0 切ない

      上映当時観たいなーとぼんやり思っていたのですが、ようやく観れました。
      自分が函館に旅行したことがあるので、函館が大きな波にさらわれる場面はすごく「ヒヤッ」としました。
      地震列島日本と言われているくらいだから、自然災害の一つである地震はいつ起こってもおかしくない。
      人の力では到底敵わない。
      ただ単に「怖い」そんな感じ。
      私達がパニックになっている中、必死にレスキュー活動をする人達や現状を冷静に把握し被害を最小限に食い止めようと動いている人たちもいる。
      女性レスキュー隊員の柴崎さんがカッコいいと思いました。
      本当ヒヤヒヤばかり続く映画で、特に結城の最後のシーンはすごく切なかったです。
      眺めながらエヴァも実写化したらこんな感じ?とか思ってたんですが、メカデザインが庵野さんなんですね。納得!
      とてもスケールの大きい映画のように感じました。
      でもちょっと長かったかな(笑)
      >> 続きを読む

      2016/03/05 by elfintown

      「日本沈没」のレビュー

    • 3.0

      特撮はしっかりしている。ストーリーはもうひとひねり欲しい

      2015/10/24 by kaiteru

      「日本沈没」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      日本が海に沈む?!マジで??小松左京原作草なぎ剛主演 映画「日本沈没」
      http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2014-11-10

      2015/04/12 by youmisa

      「日本沈没」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      沈没することが分かった日本列島。祖国を失うリスクに直面した国民に残された選択肢とは。

      泣けた。柴咲コウ、大地真央。女優陣の完勝だと言える。

      おおよそ検討はついていたものの、やはり泣ける作品で有った。

      泣けるシーンは何箇所も有るのだが、ほぼ全てが柴咲コウ、大地真央という女優陣がトリガーで、草薙剛、豊川悦司も同様の盛り上がりの有るシーンは存在したものの泣かせるところまでには至らなかった。

      過去の経験からレスキューに情熱を燃やす女性を演じる柴咲コウ。
      テレビでインタビューなどを見ていると、正直あまり良いイメージは無いのだが、女優としては容姿、才能ともに本当に素晴らしい。
      動きがしなやかで絵になるというのも有るが、あの吸引力の有る瞳が多くを語るのが本質なのだろう。

      有事の際にリーダーシップを発揮してギリギリのところで被害を食い止めることになる
      大臣を演じているのが大地真央。
      何と言うか、色気と凛とした姿勢が高次元で両立している感じで有る。

      これに引き換え、残念なのが男性陣。
      好きな俳優という面では、豊川悦司、及川光博、國村隼、遠藤憲一と多く出演しているのだが、少なくとも最初の2人は、泣かせるシーンが存在したにも関わらず不発に終わった感が有る。

      愛する人のために生命を投げ出す。そんな局面が訪れる人は、まれなのだろうが、もしかすると揺ぎ無い自分の存在意義を意識しながら果てることは悲しい中に幸福が有るのかもしれない。

      様々な名優がチョイ役で出演していることも楽しみの一つ。
      >> 続きを読む

      2014/06/02 by ice

      「日本沈没」のレビュー

    • >テレビでインタビューなどを見ていると、正直あまり良いイメージは無いのだが、女優としては容姿、才能ともに本当に素晴らしい
      柴咲コウ、私も同感です。

      >様々な名優がチョイ役で出演していることも楽しみの一つ。
      なんだか全体的にすごいキャストですね!
      >> 続きを読む

      2014/06/02 by J-Bay

    • 漫画は読んだけど映画観てないな
      結構人死ぬし、鬱っぽい展開多いし

      2014/06/02 by numasan

    もっとみる

    日本沈没
    ニホンチンボツ

    映画 「日本沈没」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画