こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブラインドネス

Blindness
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ホラー , アクション
公開: 2008/11/22
製作国: カナダ , 日本 , ブラジル
配給: ギャガ・コミュニケーションズ

    ブラインドネス の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      U-Nextで視聴。

      突然、目が見えなくなる病気が広がる、というお話。
      空気感染らしく、感染がどんどん広がっていくのが大分怖かったです。
      『コンテイジョン』は結構リアルな感じでしたが、こちらは死に至るわけではないせいか、もう少しファンタジーな感じでした。
      目が見えなくなっていく人がすごいスピードで増えて、最終的には国の偉い人たちも目が見えなくなってしまって、国の機能が停止するっていう。

      伊勢谷友介と木村佳乃が出演しているということで観てみたですが、2人ともメインキャストの一員だったのがとても印象深かったです。
      英語のセリフがほとんどでしたが、2人だけの会話は日本語だったりして、それもまた印象深く。
      海外で作られた映画の場合、そもそも日本人の役に中国人とか韓国人の人がキャスティングされていたり、日本人同士の場合でも英語で話したり、日本語が変だったりっていうのはよくあることですが。

      この映画ではちゃんと日本語で話していたので。

      それから、こういう時って弱い人が犠牲になりがちですが。
      この映画でもやっぱり女性が犠牲になる場面がありました。
      こういうことが、世界中のいろいろな場面で今この瞬間も起こっていることを考えると、とても苦しいシーンでした。

      ともあれ、ジュリアン・ムーアがとてもよかったです。
      強かった。
      >> 続きを読む

      2020/05/24 by みつ。

      「ブラインドネス」のレビュー

    • 3.0

      視力喪失が伝染するなんてやだな~(;´Д`)!

      伊勢谷友介と木村佳乃はなかなか良かったように感じました♪

      2018/07/11 by motti

      「ブラインドネス」のレビュー

    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ブラインドネス」は、完全な失敗作だと思う。でも、失敗した理由は、映画の本質を突いている。

      原作は、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの代表作「白の闇」。ある日、突然、どこかの街で、ひとりの男の目が見えなくなった。

      やがて伝染するかのように、次々と人々は視力を失ってしまう。疫病の拡大を恐れた政府は、患者を古びた病院に幽閉し、そこに放置された人々は、生存のための無惨な闘争に陥ってしまう。

      視力の喪失は、人の内心に潜む"悪と暴力"を引き出す仕掛けだ。大人を主人公にした「蠅の王」に、コミュニケーションの不可能性という寓意が加えられていると言えばいいだろうか。

      獣性と対極の神性を担うのは、ただひとり目の見える、医師の妻。光と闇の交差するこの小説は、確かに読み応えがある。

      フェルナンド・メイレレス監督は、この原作を丁寧に読み取った上で、ただの絵本に終わらないよう、映像表現にも工夫を凝らしていると思う。

      ジュリアン・ムーア、ダニー・グローヴァー、木村佳乃など、俳優陣も優秀だ。それなのに、映画としては弱い。観る者を引きこむ力がないのだ。

      意識の流れは言葉でつかむことができるから、目が見えなくても小説は成り立つ。

      舞台となる国も、都市も、登場人物にも、名前が与えられていないが、小説では不思議ではない。名前を頼りにできない世界なのだから、当然だと思われるほどだ。

      ところが映画では、都市の光景も人々の姿も、すべて観る者に見えてしまう。そして映像だけを見れば、これは終末ものの映画で見飽きた風景と区別がつかない。

      さらに観る者は、見える立場に立つために、視覚を奪われた人々の中に入ることが難しいわけですね。具体的な都市の景観や人の顔が見えるだけに、名前がないのも不自然な印象なんですね。

      映像で表現するほかはない映画という媒体は、目の見えない人々の世界を描くのには、最悪の選択。

      悪い映画なのではなく、映画にしたのが間違いだったのだ。
      >> 続きを読む

      2018/01/15 by dreamer

      「ブラインドネス」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      突然視覚を失い、世間から隔離される人々。
      感染者が増え、集団生活が機能しなくなり極限状態になった時、人はどうなるのか。
      人間の尊厳とは何かを考えさせられました。
      欲望から起こる人間の醜さ・弱さなど目を背けたくなるようなシーンがあり緊張感・スピード感漂う中、ラストを期待していたら
      いきなりハッピーな展開になり、あっけなく終わっちゃった。
      矛盾する部分が多々あり、いまいちスッキリしないところが残念。
      >> 続きを読む

      2017/03/26 by aqualuna

      「ブラインドネス」のレビュー

    • 3.0

      かなり変わった色合いの映画。ああしか描けないのか?

      2015/11/05 by kaiteru

      「ブラインドネス」のレビュー

    もっとみる

    ブラインドネス
    ブラインドネス

    映画 「ブラインドネス」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画