こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

カイト/KITE

KITE
カイト/KITE
Copyright c 2013 Videovision Entertainment, Ltd., Distant Horizon, Ltd. &
Detalle Films All rights reserved
4月11日(土)全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
公開: 2015/04/11
製作国: アメリカ , メキシコ
配給: アスミック・エース
<INTRODUCTION>
ハリウッドでカルト的人気を誇る、日本発R-18禁アニメが衝撃の映画化!
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に続く“原作:日本”の近未来SFアクション!

日本で生まれたR-18指定のアニメ作品が、ハリウッドの映画人たちを虜にした――。
そのアニメの名は「A KITE」。1998年に梅津泰臣が手掛けたこのアニメは、性と暴力の過激な描写に加え、独創的なアクションをスタイリッシュな映像で描き、日本国内に留まらずハリウッドをも席巻!あのクエンティン・タランティーノ、ロブ・コーエン(『トリプルX』『ワイルド・スピード』)、デヴィッド・R・エリス(『スネーク・フライト』『ファイナル・デッドサーキット 3D』)を熱狂させ、世界中の映画監督・クリエイターたちの心を鷲掴みにした。
そしてこの伝説的カルトアニメが、遂に実写映画化!少女たちが売買される近未来を舞台に、両親を殺され、暗殺者と化した少女の壮絶な復讐を描く本作の主演には、往年の名女優オリビア・ハッセー(『ロミオとジュリエット』)の娘で、2014年版「世界で最も美しい顔」で第12位に選ばれたインディア・アイズリーが抜擢。さらにハリウッドきっての“怪優”サミュエル・L・ジャクソン、『華麗なるギャッツビー』の期待の若手俳優カラン・マッコーリフが共演し、数々の大物ミュージシャンのMVを手掛けてきたラルフ・ジマン監督が出身地である南アフリカで全篇ロケを慣行。原作の基本的要素を活かしつつ、主人公サワの苦悩・葛藤により深く切り込み、オリジナルの結末を加えた本作。ここに、新たなる近未来SFアクションの金字塔が誕生した!


<STORY>
少女たちが誘拐され、性の奴隷として売買される荒廃した近未来
両親を殺され、暗殺者と化した少女の復讐に、終わりは来るのか――

金融危機により崩壊した近未来。そこでは少女たちが人身売買組織に性の奴隷として売りさばかれていた。その中のひとりで、幼くして組織に両親を殺されたサワは、父の親友であり相棒だった刑事アカイに、暗殺者として育てられる。彼女の目的は、両親の仇である人身売買組織への復讐。娼婦に成りすまし、一人、また一人と男たちを暗殺していくサワと、犯行現場の証拠隠滅を繰り返すアカイ。そして、サワの言動を影から監視する謎の少年オブリ。精神バランスを保つための薬“アンプ”の副作用で記憶が消えかかりながらも、サワは真の標的である組織のボス、エミールへと近づいていく。 しかし、心も体も傷だらけになった彼女を待ち受けていたのは、予想を裏切る残酷な真実だった・・・。
>> 続きを読む

    出演:インディア・アイズリー、サミュエル・L・ジャクソン、カラン・マッコーリフ 監督:ラルフ・ジマン 原作:梅津泰臣「A KITE」 提供:カルチュア・パブリッシャーズ 配給:アスミック・エース

    カイト/KITE の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0

      梅津 泰臣先生の代表作と言って差し支えないでしょう。
      元々自分はMEZZO から入って幾つか観てたのですが、まさか海外でKITEの実写をしているとは本当に驚きました😲

      若干異なる部分はありますが、どちらかと言うと海外っぽい派手な描写が多い作品なので初見の方は違和感無く楽しめると思います。
      原作を知っていても凄くリスペクトを感じれる作品でした。

      2021/01/19 by ヒデト

      「カイト/KITE」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      個人的には映像がかっこいい映画でした。
      迫力のある映像を撮るための工夫が、アングルなどに見られます。
      話の内容も二点三点し、結構楽しめます。
      原作は全く知りませんが、期待したより明らかに面白かったです。

      2019/12/17 by lionmaru

      「カイト/KITE」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ

      日本の作品だったのですね?
      全く何の前知識もなく鑑賞。
      とくに斬新さはなくて旧態然とした展開。
      エロ部分で2次元的に人気があったんじゃないですか?
      その部分は殆どないのでアクションとして見ちゃうと月並みですね


      (~allcinema)
      ハリウッドの映画関係者にもカルト的な人気を博した梅津泰臣の手による18禁のエロティック・バイオレンス・アクション・アニメを実写映画化。荒廃した近未来を舞台に、両親を殺された少女サワの壮絶な復讐劇を描く。主演は「アンダーワールド 覚醒」のインディア・アイズリー、共演にサミュエル・L・ジャクソン、カラン・マッコーリフ。監督は本作のロケ地でもある南アフリカ出身で、ミュージックビデオを中心に活躍するラルフ・ジマン。
      金融危機により崩壊した近未来。幼いときに犯罪組織に両親を殺された少女サワ。父の相棒だった刑事アカイに育てられ、殺しのテクニックを仕込まれていく。そして娼婦に成りすますと、組織の男たちを一人ずつ消していき、最終的なターゲットであるボスのエミールへと近づいていくサワだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/09/02 by motti

      「カイト/KITE」のレビュー

    • 1.0

      何やら原作は日本のアニメらしいが、とにかく説明がなくて進んでいくから何の目的でサワが強くなったとかはさっぱり分からない。

      ある程度知っているという呈で進むのは、有名なアニメのみに通用するべきことであり、こういうカルト的な作品はどうしたって説明が必要だ。
      真犯人という言葉も予想通りなキャスティング。

      あと主役の少女を演じたインディア・アイズリーの魅力も掴みどころがない。
      アクション描写のひ弱さは如何ともし難い。

      ハリウッドで映画化が決まったといっても、ある程度有名な作品や有名な俳優が出ないと悲惨な末路になってしまう典型的な例となってしまった。
      >> 続きを読む

      2016/07/10 by オーウェン

      「カイト/KITE」のレビュー

    • 評価なし

      有名なエログロアニメのハリウッド実写版。日本でウケていた部分が根こそぎカットされ(まあ、アメリカの基準じゃエロい部分の映像化は無理だと思うけど)グロいだけの復讐劇物になってしまっている。その部分だけで評価するなら悪くはないと個人的には思うのだが、いかんせん原作を見ていないので具体的な良し悪しは判断できないのが見た感想。まあ、一般受けはしないだろうなとも感じる。 

      2016/02/08 by おにけん

      「カイト/KITE」のレビュー

    もっとみる

    カイト/KITE
    カイト

    映画 「カイト/KITE」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画