こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

殺人のはらわた

LOVE AND BULLETS
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
製作国: イギリス
配給: キングレコード

    殺人のはらわた の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      物騒なタイトルからは想像がつかないが、我らが男気ヒーロー、チャールズ・ブロンソンお得意の復讐バイオレンス映画「殺人のはらわた」。

      フェニックスの警部補チャールズ・ブロンソンが、仲間を殺した犯罪組織のボス、「夜の大捜査線」の名優ロッド・スタイガーを挙げるため、FBI捜査官ブラッドフォード・ディルマンに、スイスから情婦のブロンソンの実生活での愛妻ジル・アイアランドの連行を依頼される。

      だが、組織は知りすぎた彼女の口を塞ぐため、凄腕の殺し屋ヘンリー・シルヴァを差し向ける。

      監督は「暴力脱獄」「ブルベイカー」のスチュアート・ローゼンバーグで、「燃えよドラゴン」のラロ・シフリンのスコアがサスペンスを盛り上げてくれる。

      ホテルの道具箱で見つけた釘で手作りする必殺の武器、吹き矢をはじめ、山岳カートレインから飛び降りて、雪原爆走の激突炎上、空撮も雄大なヘリチェイス、ケーブルカーのマシンガン乱射パニックと、ブロンソン主演の映画だけに荒っぽいアクションは、見せ場たっぷりだ。

      愛する情婦を殺すのをためらう、ロット・スタイガーも憎めない好演だが、残念なのは、せっかく悪党にヘンリー・シルヴァを起用したのに、ブロンソンとの直接対決がないことと、予想通り愛妻のジルが、天然系ヒロインで魅力半減。

      ブロンソンのような、むくつけき男がニヤケまくる掛け合いは緊張感なさすぎで、どう見ても熟年おしどり夫婦のスイス観光逃避行にしか見えない。

      いつもの夫婦愛が、完全に裏目に出てしまったのが残念だが、それを含めて、まさにブロンソンらしさは全開の主演作だ。
      >> 続きを読む

      2018/10/27 by dreamer

      「殺人のはらわた」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    殺人のはらわた
    サツジンノハラワタ

    映画 「殺人のはらわた」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画