こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

遙かなる山の呼び声

A Distant City from Spring
ジャンル: 日本映画 , ドラマ , ラブロマンス
公開: 1980/03/15
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    遙かなる山の呼び声 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0

      DVD

      2015/11/19 by NANA

      「遙かなる山の呼び声」のレビュー

    • 4.0 切ない

      あまたある健さんの映画で見返してしまうものの一つ。

      よく比較される「幸福の」と切り口似てるがわしはこっちの愛情表現の方が好き。
      倍賞千恵子、どうにも美人に見えないのだけどこうくすぐるものを醸しだすのは何なんだろって思わせる。寅さんシリーズとはまた違ってる。
      脇のハナ肇とその取り巻きがアクセントになってて、しっかりストーリーに入り込んでる、文句なしの適配役。
      後の純くんがまたこまっしゃくれてるのも愛嬌なり。

      2015/04/06 by GrandB

      「遙かなる山の呼び声」のレビュー

    • 健さん映画は全然観た事ないのですが、幸福の黄色いハンカチとこれをセットで見てみたいです♪ >> 続きを読む

      2015/04/06 by ただひこ

    • 4.0

      “心が洗われる”とはこういうことか。と、思った。
      北海道の雄大な自然の中で、人間が人間として“生きる”ことの難しさと、厳しさ、そしてそれらがあるからこそ見いだされる素晴らしさが、決して仰々しくなく少しずつ滲み出るように映し出される。
      冬の厳しさが残る春、短いからこそかけがえのない夏、実りの秋、そして再び訪れる厳冬。四季の移ろいとともに描き出された一人の男と母息子の物語に、一言「いい」としか言いようがなかった。

      「高倉健」の哀悼の意を込めて、未見作品を観ているが、個人的には未見作品がまだまだ残されていることに対して幸福を感じる。
      必要以上に故人を美化する気はないけれど、死してなお銀幕の世界に生き続け、後世に至るまで愛され続けることこそが映画スターの究極の価値だと思う。そして、高倉健という人は、その価値に相応しい人物であったことを改めて感じ入る。

      今作は高倉健主演映画ではあるが、同時に倍賞千恵子の主演映画でもあったと思う。
      倍賞千恵子の演じる優しくも強い母親と、吉岡秀隆演じる息子との母子の映画であった。
      日に焼け泥にまみれながら一人息子と共に生きていく母親役の倍長千恵子からは、内に秘めた強さと脆さが同時に伝わってきて、切なく美しかった。

      愛する人の死を経て、母子二人文字通り寄り添うように必死に生きていく姿は、映画の題材としてはあまりにありふれている筈だけれど、時代を越えて愛されるに相応しいドラマ性に満ちていた。
      何気ない食事シーンや他愛もない会話の中から、この母子が抱える悲しみと慈愛がじんわりと伝わってくる。
      色々な国の映画を観てきているが、やはりこういった「表現」は日本映画ならではのものだと思うし、その一つの頂点に立つのが山田洋次という映画監督だと思う。

      そして、この映画においてもう一つ特筆せずにはいられないのは、ハナ肇の最高の脇役ぶりだ。
      ハナ肇が演じる「虻田太郎」というキャラクターは完全なる脇役であるけれど、序盤は「悪役」として登場し、「コメディリリーフ」となり、最後には「最も愛すべき存在」となってこの映画において無くてはならない存在感を見せてくれる。この人もまた日本映画史に残り続ける名脇役なのだと思い知った。

      高倉健演じる主人公は、ついに最後まで母子の家で寝ることはなかった。
      それでも一夏の共生によってこの3人の間に生まれた絆に、自分でも驚くくらい素直に涙が溢れた。
      「幸福の黄色いハンカチ」と同様に、この先自分自身が歳を重ねつつ繰り返し観るほどに“深まる”映画だろう。
      >> 続きを読む

      2014/12/16 by tkl

      「遙かなる山の呼び声」のレビュー

    • 高倉健さんの映画は観たいとは思うのですが、私はエンタメ性が強い映画を選びがちなのでなかなか手が出ないというのもありました。が!レビュー拝見して絶対観ようと思いました! >> 続きを読む

      2014/12/16 by milktea

    • 健さんもだけど倍賞千恵子の存在感がわしには琴線。ハナ肇のずっこけつつもの友情表現も拍手もの。純がこの頃からただものでない子役なのも見て取れるし。 >> 続きを読む

      2015/04/06 by GrandB

    • 3.0

      農場を営む母子家庭に、嵐の日にやってきた正体不明の男(健さん)。
      その後、その農場で働かせてほしいと再度現れた健さんと次第に心を通わせていく母子。

      後半からの展開で、健さんの正体がわかってくると急におもしろくなった。

      幸せの黄色いハンカチは見てないから私はわからなかったんだけど、同じキャストや、似た台詞がでてくるとのこと。
      でも次に「幸せの~」を見ても、ピンとこないかな。
      あらすじは覚えてるけど、台詞なんてあまり記憶に残っていない。
      >> 続きを読む

      2014/11/03 by lilli

      「遙かなる山の呼び声」のレビュー

    • (菅原)文太さんは大好きで出演作品も相当数観ているのですが、健さんに関しては全然です。

      一昔前の日本男児が皆憧れたと言う姿には大いに興味が有りますね。
      >> 続きを読む

      2014/11/04 by ice

    • 3.0

      『幸福の黄色いハンカチ』よりも、こちらのほうが良いという意見も散見されるが、私は圧倒的に『幸福の。。』が好きだ。
      当作品は、ラストの列車のシーンは秀逸であるが、中盤が特にダレる。

      2014/08/21 by takenuma

      「遙かなる山の呼び声」のレビュー

    遙かなる山の呼び声
    ハルカナルヤマノヨビゴエ

    映画 「遙かなる山の呼び声」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画