こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

天空の蜂

天空の蜂
(c)2015「天空の蜂」製作委員会
2015年9月12日(土)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2015/09/12
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
史上最悪の原発テロ発生。
爆薬を積んだ巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した。遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。 
機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。
その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業本社に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

事件の裏に隠された驚愕の犯行目的と、隠蔽された真実とは――
大切なものを守り抜くために、命を懸けたカウントダウンが始まる。
>> 続きを読む

    出演: 江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛 柄本明 國村隼 石橋蓮司 佐藤二朗 向井理 光石研 竹中直人 やべきょうすけ 手塚とおる 永瀬匡 松島花 落合モトキ 石橋けい 他 監督:堤幸彦 原作:東野圭吾「天空の蜂」講談社文庫  脚本:楠野一郎  音楽:リチャード・プリン  制作:オフィスクレッシェンド  企画/配給:松竹 

    天空の蜂 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全22件
    • 3.0

      日本映画特有の演出が残念に思う。現実味がなくなるわっ!私個人的には、原発は反対!

      2019/12/30 by くろねこ

      「天空の蜂」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      Amazonプライム・ビデオにて。
      いやあコレはハラハラしたなあ。
      確かにリアルさに欠ける部分は多かったが、エンターテインメントとしてはちょうどいいバランスかな。
      原作は読んでないんだけど、20年以上前に書かれたんだって?
      マジか。
      それにしてもキャストが豪華だなあ。
      無駄に豪華である(笑)
      いやホント面白かったわ。
      >> 続きを読む

      2019/07/25 by ☆サト☆

      「天空の蜂」のレビュー

    • 3.0

      すごい真剣なはずなのに、ちょいちょいシリアルさに欠ける部分が目に付いてしまう。
      結局、どのテイストで観戦すればいいのってね。

      いろんな側面から考えさせられるものではあるが、
      どうしても、リアルさがなくて、こんな会話するわけないやろとか、
      映画の中っていうのが、抜けない。

      2017/10/22 by アスハ

      「天空の蜂」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      東野圭吾の原作読んだときは絵空事だろうと思ったものだが、311を境にすべては変わる。
      そして映画化の話が出たときに、どうやってこんなアクションを邦画でやるんだと心配にもなった。

      結果は大分頑張った出来。
      もちろんヘリだったりパラシュートの作り物感はどうしたって出てくるが、会話の中にさりげなく原発の是非や存在を伝えてくるのは見事だった。

      ほとんどタブーともいえる原発の中身をしっかりとバラしており、国民に知る必要のない部分も抜かりなく登場させる原作。

      一見関係のなさそうな人間が実は重要事案に関わっているというミステリ的な味わいもある。

      役者の中では一人圧倒的な存在感を出している人がおり、この人の演技は原発に対しての怒りや虚しさに真実味を持たせてくれる。
      原発映画は色々あるけど、個人的には「東京原発」と同じくらいに見る価値があると思う。
      >> 続きを読む

      2017/01/25 by オーウェン

      「天空の蜂」のレビュー

    • 4.0

      他の方のレヴューを見るまで、原作が20年以上前に書かれたなんて、思いもしなかった。
      それくらい、3・11以前に原発問題を今ほど国民全体が問題にするような風潮はなかったように思う。
      東野圭吾の未来を見据えた広く深い視野が素晴らしい。
      政府に踊らされない。無関心でいない事。が大切だと思う。


      内容は、自衛隊員のアクロバットな救出とか有り得ないー!だったけど、めちゃカッコよかった。 >> 続きを読む

      2016/10/04 by ayahan

      「天空の蜂」のレビュー

    もっとみる

    天空の蜂
    テンクウノハチ

    映画 「天空の蜂」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画