こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブラッド

Rise: Blood Hunter
ジャンル: ホラー , SF , アクション
公開: 2007/08/11
製作国: アメリカ
配給: リベロ

    ブラッド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 ハラハラ

      このヴァンパイアたち、血を吸うというより食べるようなグロさでホラー味をつけてます。
      「ゴシカ」「スネーク・フライト」の脚本家の監督デビュー作ということなのでハナからB級として楽しむ用意があったにも関わらず謎のカルト集団のカルト感がないというか恐れ多くないのでなんだか困難さがないヴァンパイア退治になるところがなんだかな~。

      特筆すべきはアジアンであるルーシー・リューの起用。
      先述のブレイドが黒人のウェズリー・スナイプスだったら別にアジア系でも何か問題ありますか?っていう意義を感じました。
      しかし扱い的にルーシー・リューは脱ぎ損ですかね。



      (~allcinema)
      「チャーリーズエンジェル」のルーシー・リューが復讐に挑むセクシーなヴァンパイアを演じるホラー・アクション。
      謎のヴァンパイア集団に殺され、自らもヴァンパイアとなってしまったヒロインが、生血を欲する自分への嫌悪と罪悪感を抱えながら復讐に突き進む姿をハードかつクールに描き出す。
      共演は「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」のマイケル・チクリス。
      監督は「ゴシカ」「スネーク・フライト」などの脚本で知られるセバスチャン・グティエレス。
       
      LAウィークリーの敏腕記者セイディーがかつて謎のカルト集団に絡む取材で面会した若い女性が変死体で発見される。
      現場に駆けつけたローリンズ刑事は、死体が自分の娘トリシアであることを知り愕然とするのだった。
      一方、セイディー自身もそのカルト集団に拉致され、彼らの正体が生血を吸うヴァンパイアであることを知る。しかし、抵抗も虚しく惨殺されゴミ捨て場にうち捨てられたセイディー。
      その後ヴァンパイアとして生まれ変わったセイディーは、彼らへの復讐を決意する。
      やがて彼女は、娘を奪われ怒りに震えるローリンズ刑事と手を組み、悲壮な決意を胸にヴァンパイア狩りへと向かうのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/26 by motti

      「ブラッド」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      以前に1度観たにも関わらず、間違えて再度借りてしまいました。このため、フレッシュな感想を述べられません。
      どこかの映画サイトだったか、だれかの投稿だったか忘れてしまったのですが、この映画がお薦めされていて、再度借りてしまうはめになったのですが、作品の途中まで既に鑑賞している事を気づきませんでした。そんな程度のインパクトです。
      キルビルで印象的だったルーシーリューが脱いでいるので、好きな人は必見でしょう。
      >> 続きを読む

      2014/08/21 by takenuma

      「ブラッド」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ブラッド
    ブラッド

    映画 「ブラッド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画