こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

殺しのナンバー

The Numbers Station
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2013/06/22
製作国: アメリカ
配給: 日活(配給協力 シナジー)

    殺しのナンバー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 評価なし

      UVB-76 に関する記事を見て再鑑賞
      https://ja.m.wikipedia.org/wiki/UVB-76

      2018/08/23 by Shuhei

      「殺しのナンバー」のレビュー

    • 2.0

      CIA捜査官エマーソンは裏切り者の暗殺でミスをし、田舎の送信局に左遷される。
      そこは工作員に指令を送るCIAの秘密基地。
      オペレーターのキャサリンと任務に向かうが、襲撃に遭い情報の解読に挑むことに。

      ほとんど施設内で展開することからも、低予算であることを伺わせる。
      ただその中で小さなサスペンスは生み出している。

      冒頭につながるミスから男が女を殺すのではないかという緊張が走る。
      それと暗号解読の二重のサスペンスだが、見終わった感想は温い感覚しか残らない。
      ジョン・キューザックの作品の選び方がニコラス・ケイジ化しているのは気のせいか(笑)
      >> 続きを読む

      2016/08/22 by オーウェン

      「殺しのナンバー」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「裏をかく そんなつもりは 無いらしい」

      TVでやってたので観てみました。φ(..)

      エージェントのエマーソンはターゲットの少女を殺すことが 出来ず、暗号を送る基地でキャサリンの護衛として左遷される。ある日基地に行くとテロリストに占拠されていて、上層部の暗殺指令が出され、本部に助けを求めるが知りすぎているキャサリンを殺すように命じられる…というお話。

      ジョン・キューザックだし予告でも良く観てたので気にはなってましたが、借りるまではいかない作品でしたけど実際に観てやっぱり想定の範囲内。(;・∀・)

      悪くないですがあらすじの範疇にすっぽり収まってる感じですね。(^^;不意を突かれることがない。
      >> 続きを読む

      2016/06/23 by Jinyuuto

      「殺しのナンバー」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      中だるみしたけど、アクションシーンはさすがにハラハラしました。

      キャサリンが最初あまりにもパニクるのでイライラしたけど、
      最後の活躍ぶりでそれは帳消し。よく頑張った!


      良心の呵責に囚われるエマーソン役はジョン・キューザックにぴったりでした。

      ジョン、ちょっと年取っちゃった感じ。
      これからどんな年の重ね方をするのかな。
      >> 続きを読む

      2015/07/18 by noe

      「殺しのナンバー」のレビュー

    • 評価なし

      エンドロールにジョー・モンタナがクレジットされてたけど、あのジョー・モンタナ?

      2014/08/05 by raintree

      「殺しのナンバー」のレビュー

    • ジョー・モンタナ懐かしいです。

      彼の全盛期は結構アメフト観ていました♪

      2014/08/06 by ice

    もっとみる

    殺しのナンバー
    コロシノナンバー

    映画 「殺しのナンバー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画