こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

レインツリーの国

レインツリーの国
(C)2015「レインツリーの国」製作委員会
11月21日(土)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2015/11/21
監督:
製作国: 日本
配給: ショウゲート
きっかけは伸が高校時代に好きだった「忘れられない本」。そこから「レインツリーの国」というブログの管理人であるひとみとメールで繋がり、会ったこともない彼女に惹かれていくー。「直接会いたい」という伸。「会えない」というひとみ。頑なに会うことを拒む彼女には、言い出せない「秘密」があった…。
「秘密=感音性難聴」を抱え、自分の殻に閉じこもっていたひとみ。パソコンの中に作ったブログ「レインツリーの国」は、唯一「秘密」を気にせず、活き活きと「言葉」を綴れる場所。そこに伸が現われ、ひとみに変化がおとずれる。
想い合うあまり、恋に傷つき迷う2人。伸とひとみの奇跡の出会いが、本当の"障害"を乗り越えたとき、現実の世界に2人の「レインツリーの国=ときめきの国」を見つけることができるのかー。
>> 続きを読む

    玉森裕太(Kis-My-Ft2) 西内まりや 森 カンナ 阿部丈二 山崎樹範 片岡愛之助(特別出演) 矢島健一 麻生祐未 大杉 漣 高畑淳子 原作:有川 浩『レインツリーの国』 監督:三宅喜重 脚本:渡辺千穂 音楽:菅野祐悟 主題歌:「最後もやっぱり君」Kis-My-Ft2(avex trax) 製作:「レインツリーの国」製作委員会 制作プロダクション:コクーン 配給:ショウゲート (C)2015「レインツリーの国」製作委員会

    レインツリーの国 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 泣ける 切ない 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      大好きな小説が原作なうえ、キスマイの玉森くんが出てるから観たかった映画。
      西内まりやさんは、私の中の「ひとみさん」のイメージとかけ離れていた。(そんなに好きな女優さんでもないし…)
      でも映画観て、きちんと「ひとみさん」になっていて安心した。

      「レインツリーの国」の原作もそうなのだけれど、この映画も、障害ゆえの感動ものとか、ありきたりな恋愛映画とかじゃなかった。
      二人が、葛藤しながらぶつかりながら、距離を縮めていくのが好感をもてた。
      これは映画を観て、あと自分のことも織り交ぜて考えた呟き(メモ?)だけど…↓
      伝えなきゃわからないことは多い。けど、伝えるには勇気がいることもある。
      障害を理解することは難しい。でも、障害を理解しようと努力している人がいるのは嬉しい。的外れだったら、修正していけばいい。

      まさかこの映画で、泣くとは思わなかった。
      ひとみさんに共感できる部分があまりにも多かった。
      最初のデートで、「障害がないふりをして、普通の女の子として振る舞う」「一回だけなら気付かれないだろう」そうした気持ちがよくわかる。。
      自分だけがつらいとか、自分だけが不幸だとか思わないけど…私自身病気があって、「障害があるゆえの生きづらさ」はすごく感じてるから、ひとみさんに強く共感した。
      あと、ひとみさんを理解しようと勉強したり、糸を繋いでいたいとアクション起こす、伸の存在が羨ましすぎて泣いた(笑)
      この映画は、病気や障害のある人が観たら、どう思うのだろう。特に、聴覚障害のある人は?知りたい。

      原作でも好きな「…重量オーバーだったんですね」のシーンが
      あってよかった。
      この映画のなかでは、ひとみさんが髪を切るのに、外した補聴器を伸の母親に手渡すところが印象的だった。
      あと、ショートにして他の人に見えるように髪かきあげている姿も。

      彼らのその後の恋愛や、ひとみさんの会社での立ち位置とか気になる。
      うまく行ってるといいなぁ~

      この映画は、キャスト目当てで観る人もいるかもしれない。
      この映画観て、「あ~よかった」じゃなくて、聴覚障害を正しく知っていく人が増えたらいいなと思った。
      私自身も詳しいわけではなくて…だからこそ知りたいし、知るべきだと思う。
      >> 続きを読む

      2017/06/13 by pink-tink

      「レインツリーの国」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      う~ん、、、微妙。
      西内まりやの演技がとくに微妙。。
      原作読んでるからかひとみさんはそんな子じゃない!って思うところがちらほら。
      もっと意地っぱりで面倒くさくて、でも本当は素直でいい子ってイメージやけど
      こちらはあざといイメージがつく演技だったのが残念。
      キスマイブサイクで間抜けなイメージもってる玉ちゃんの演技が
      おもっていたより上手だったのでなんかほっとはした。笑
      >> 続きを読む

      2017/05/14 by r!eco

      「レインツリーの国」のレビュー

    • 3.0

      何年か前に原作を読んだとき、二人の心が揺れ動く感じに共感したり、キュンキュンして涙した記憶があるので期待値が高すぎたのか?心の機微が上手く描かれていないのか?ちょっと拍子抜け感。オバサンが言うのもなんですが、胸キュンできなかったなぁ。

      2016/06/05 by こうこ

      「レインツリーの国」のレビュー

    レインツリーの国
    レインツリーノクニ

    映画 「レインツリーの国」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画