こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

惑星ソラリス

Солярис
ジャンル: 外国映画 , SF , ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 1977/04/29
製作国: ロシア
配給: 日本海映画

    惑星ソラリス の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 クール

      難解な映画で知られるロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキー氏の1972年の作品
      SF映画の知る人ぞ知る名作として私も名前だけは知っていました。
      恵比寿ガーデンシネマで上映したのを狙って観賞。
      坂本龍一氏がセレクトした名作映画を、音にこだわった“ムジークエレクトロニクガイザイン”のスピーカーで爆音上映する“commmons10 健康音楽”という特別企画でした。
      映画の前に坂本さんの「レクチャー」があって、それがあるのとないのと映画の見どころが随分変わっていただろうなという感想を持ちました。

      ストーリーよりも表現スタイルやテーマや雰囲気がいい映画だと思います。
      音楽の使い方だけではなく雷鳴や水の音などの効果音も際立っています。
      龍一さんが「スピーカー」にこだわったのもそのためでしょう。
      一時も制止することなく静かながら動いている画面。
      当時画期的だったという無重力シーンも印象的。

      一方、原作ファン及び原作者はこの映画には不満を持つかもしれません。
      今の私達には想像しにくいものですが、ソ連の70年代のお国事情、文化や宗教に対する締め付けや検閲の厳しさも、原作を描く動機の一つだったことを考えると、ひょっとしたらテーマが逆方向に行っているのかもしれないとさえ思えます。
      (原作も読まないとこれ以上は語れませんが)
      タルコフスキー監督はSFを愛していません。
      ドン・キホーテのイメージも原作にはないのではないかしら?
      父と息子、母と息子の関係性などもどうやら映画でだけ強調されているらしい。
      核兵器の位置づけなども危なっかしい印象を持ちましたし
      SFの名作と言ってしまってはいけないような気がしました。

      なんといったらいいのか…SFの世界観を実現していないのです。
      雰囲気だけというか。

      SFというのは本来、構築された別世界の定義があるものなのです。
      それが前提で最低限の条件です。
      そこをあえてないがしろにするというかあいまいなままにして幻想に逃げてしまっています。
      女性は綺麗でよかったですが、恋愛ものとしても説明不足で、
      感動できる結末ではないですし。

      惑星ソラリスの知性とは何だったのか?
      地球や人類への意思表示は結局あったのか?
      主人公のあのラストは幸せな結末だったのか?
      そもそも何が起こったのか?

      それは勝手に鑑賞者が考えろというタイプの映画ですね。

      まあ、映画の楽しみ方はいろいろありますから。
      それでも面白かったからいいんですけれども。
      もう一回観直したいなという思いもあります。

      なんとなく不安定でどことなく美しくて、内省的で哲学的で音楽的で
      ちょっとだけホラーで。
      そういう映画がお好きな方にお勧めです。
      >> 続きを読む

      2016/06/29 by 月うさぎ

      「惑星ソラリス」のレビュー

    • 月うさぎさん>
      むむむ。面白い仮説ですね。
      真実味感じちゃうなぁ♪

      2016/06/29 by ice

    • iceさん
      OSのブランドにSOLARISというのがあることを教えて下さったのがiceさん。
      一つ賢くなりました。どうもありがとうございます
      >> 続きを読む

      2016/06/29 by 月うさぎ

    • 評価なし

      レンタルで鑑賞。約40年前の映画。旧ソ連の映画だが、日本の首都高速を車が走っているシーンがあるのにはちょっと驚いた。映像はキレイだけど、予備知識なしで見たため話は「???」という感じ。一度見ただけでは自分はこの作品の良さがどうなのか言葉では表現できない。この作品の背景・どこが評価されているのかという点を調べたうえでもう一度鑑賞してみたい。

      2016/03/25 by oniken0930

      「惑星ソラリス」のレビュー

    • 3.0 切ない クール

      全編通して「予感」に満ちており、引き込まれる。
      しかし原作小説と比べると、ソラリスの存在感が薄く、不気味さがあまり感じられない。
      少し、中途半端な印象。
      あの小説の世界観を余さず映像化するのは、かなり難しいのかもしれない。

      2016/02/07 by ミロミ

      「惑星ソラリス」のレビュー

    • 4.0

      あくまでSFの形式を取っているが、中身を見ればラブストーリーのような話。

      タルコフスキーの解釈は非常に独創的であり、ソラリスを使っての幻想が形作る本物に翻弄されてしまう。

      時折挿入される意味深な映像や絵も効果的で、哲学的なも内容は引き付けてやまない。

      ラストも結局はという思い。意味がある長さのSF作品。 >> 続きを読む

      2015/02/08 by オーウェン

      「惑星ソラリス」のレビュー

    惑星ソラリス
    ワクセイソラリス

    映画 「惑星ソラリス」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログ★さんのラック

    最近チェックした映画