こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

世界の果ての通学路

SUR LE CHEMIN DE L'ECOLE
ジャンル: 外国映画 , ドキュメンタリー
公開: 2014/04/12
製作国: フランス
配給: キノフィルムズ(提供 キノフィルムズ=KADOKAWA)

    世界の果ての通学路 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0

      感想川柳「目標が 見えているから 頑張れる」

      Huluにあったので観てみました。φ(..)

      ジャクソンと妹は野生の象やキリンを避けながらサバンナを駆け抜け、カルロスと妹は雄大なパタゴニア平原を愛馬でひた走る。ザヒラはモロッコのアトラス山脈を臨む山奥の村から寄宿学校へと通い、インドで暮らす生まれつき足が不自由なサミュエルは弟たちの引く車いすで登校。彼らは危険も顧みず、学校に向け道なき道を進んでいく…というお話。

      学校に通うために2時間歩くとかシャレにならんなぁ( ; ゜Д゜)でも貧しさを克服するために勉強が必要だと分かっているから、頑張れるんだろうな。(  ̄ー ̄)ノ

      でも通学中の演出がわざとらしい気がする。f(^ー^;確かにアクシデントでもなければ画が持たないのは分かりますけど…(*_*;

      そういうのが見えると、優しいおじさんも優しくないおじさんもウソくさく感じてしまう(´д`|||)

      ただ子供たちのキラキラした「瞳」は本物です。(*´ω`*)インドの弟とか可愛いかったなぁ。

      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2018/03/19 by Jinyuuto

      「世界の果ての通学路」のレビュー

    • 2.0

      静かだよ、静かだよ〜。きっと眠かつたんですわたくし。前から気になっており、dtvで見つけて鑑賞するも寝ました。。セリフが少ないのはわかるのですが、、、。後半は観てないので、逆転があったらゴメンね〜。

      2017/08/18 by メッシイ

      「世界の果ての通学路」のレビュー

    • 2.0

      こういうドキュメンタリーは好きで定期的に見てたんだけど、まずは目の付け所として面白い。
      子供を見せる中身だが、通学路という観点は興味をそそられる。

      世界のというがアメリカやヨーロッパは一切なく、選ばれたのはモロッコ、ケニア、インド、アルゼンチンの4か国。
      意図したのか貧困層や、荒野の中の家など、明らかに経済格差の家庭を選抜したかのよう。

      それと思うのが被写体の子供にカメラがやたらと寄っている点。
      普通の映画なら気にすることではないが、これはドキュメンタリー。
      つまり演出が多分に入っている点は非常に気になる。

      通学路でも象に襲われるシーンなど、子供のセリフだけでそう思わせるだけで、隠れた子供とカメラが一緒にいるのだから襲われるわけなどないことはすぐに分かる。

      なんでこういう演出というか仕込みが出来るのか理解に苦しむ。
      テーマは面白そうなのに、演出で潰された企画といえる。
      >> 続きを読む

      2016/04/30 by オーウェン

      「世界の果ての通学路」のレビュー

    • 3.0 切ない

      今年9本目❗

      2016/02/14 by masa

      「世界の果ての通学路」のレビュー

    • 3.0

      うーん、普通かな。というのも以前同じような内容のドキュメンタリー番組を見ていて、正直そっちの方がとても良かった。こっちもかなり過酷な通学路ではあるけどそれ以上にヤバい通学路を知っているのでそこまでパンチがなかったように感じる。演出もどこかヤラセ臭い。

      ただ通学路の過酷さではなく、通学路を通して世界の文化を表現しているのであれば少し納得がいくかも。あと通学する彼らをヒーローと称えているところは好感が持てる。

      2015/11/02 by きりゅう

      「世界の果ての通学路」のレビュー

    もっとみる

    世界の果ての通学路
    セカイノハテノツウガクロ

    映画 「世界の果ての通学路」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画