こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブルックリン

BROOKLYN
ブルックリン
©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
7月、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
製作国: アイルランド , イギリス , カナダ
配給: 20世紀フォックス映画
★第88回アカデミー賞®主要3部門〈作品賞、主演女優賞、脚色賞〉ノミネート★
『つぐない』で当時最年少のアカデミー賞®助演女優賞候補となったシアーシャ・ローナンの新たなる代表作の誕生!

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ち
ふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語

アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。
高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。
ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。
そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。
>> 続きを読む

    監督:ジョン・クローリー 脚本:ニック・ホーンビィ 原作:コルム・トビーン  出演:シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン、ジム・ブロードベント、ジュリー・ウォルターズ 2015年/アイルランド=イギリス=カナダ/112分

    ブルックリン の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 5.0 切ない 元気が出る

      アイルランドで暮らしていたエイリシュ。
      小さな町の閉塞感に堪え切れず、アメリカのブルックリンに単身渡る。
      高級デパートと寮生活が続く毎日で寂しさに耐えきれなくなるが、トニーという男性と知り合う。

      50年代のアメリカというのがポイントと、少女の自立というテーマが見事に溶け合っている。
      メロドラマでもあるのだが、全く嫌な感じはしない。
      むしろ想いが成就するのかを応援したくなるようなそんな空気。

      それもこれもすべて主役をシアーシャ・ローナンが演じているからだ。
      不安が自信へと変わる様を違和感なく見せられる。
      透き通った芯の通る瞳がこれほど意味のあることはない。

      ラストシーンの画も完璧に決まっているし、彼女の作品でも一番の代表作になると思う。
      >> 続きを読む

      2017/08/02 by オーウェン

      「ブルックリン」のレビュー

    • 4.0

      派手ではないし、出演している俳優さんたちにも馴染みはないが、しっとりと伝わってくる作品だった。街、自然、服装、、、色がきれいなのが印象に残った。

      2016/07/13 by mammash

      「ブルックリン」のレビュー

    • 評価なし

      映像が本当にきれいで観ていて気分が良い映画。エイリシュは本当に美しくてつつましい理想の女性だ。

      恋人が出来たときは本当に良かったと思っていたが、その後の展開は男の俺には理解できない事が多く、観ていて非常に辛かった。女心は本当にわからない。

      故郷に戻る前くらいから完全にわからなくなり、戻った後はエイリシュに対して完全にムカついてしまった。特に以前働いていた店の店主と言い合うシーンで、目を見開いて自分の名前を言う彼女を見てムカつきはピークに達した。確かにこのおばさんはムカつくけど、彼女はバレてこっちでの生活がうまくいかなくなることに腹を立てているようにしか見えなかった。手紙も読まなかったし。戻る前からこのようなことを期待して籍を入れるの渋ったのか?

      という感じで中盤以降は完全に怒りながら観ていたけど、観終わったあと色々考えたら少しだけ彼女の気持ちもわかったし、これだけ感情を揺さぶられるって事はいい映画だったんだなと思った。

      彼女の気持ちはよくわからなかったけど、映画としてはすごく楽しめた。
      >> 続きを読む

      2017/03/27 by yeeeeesman

      「ブルックリン」のレビュー

    • 4.0

      感想川柳「新天地 求めた理由 思い出す」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)シアーシャ・ローナンですから。(*´ω`*)

      アイルランドの小さな街。エイリシュは不満を抱えながらも食料品店で働きながら、母と姉ローズの3人で静かに暮らしている。妹の将来を思い、エイリシュにニューヨークで働けるよう計らうローズ。家族と故郷に別れを告げ新天地へと旅立ったエイリシュだったが、彼女を待ち受けていたのは慣れない生活とホームシックで涙に暮れる日々。そんなエイリシュを救ったのは、同郷の神父の勧めで通い始めた大学での『学ぶ喜び』と、誠実なイタリア系アメリカ人トニーとの『新しい出会い』だった。徐々に笑顔を取り戻し、女性としての強さと自信を持ち始めたエイリシュのもとへ、故郷からある知らせが届く……というお話。

      シアーシャ・ローナンじゃなかったらまず借りない内容ですが、自分も田舎に母親と妹を残して上京してるので、シンクロするところがありました。(。´Д⊂)

      確かに最初はホームシックになるけど、やっぱり慣れるもんなんだよな〜。そしていつしか東京の方が楽しくなってあまり田舎に帰らなくなる。(^^;自分は田舎が嫌とか仕事が無いとかで上京したわけではないですけど…でも田舎ならではの良いこともイヤなこともありましたね。(´д`|||)

      50年代の雰囲気が良いですよね。デパートの会計がカプセル送る式だったり、土曜日に酒無しのダンスパーティーで出会いを求めたり、それに手紙のやり取りが何とも言えず良かった。( ´△`)たまには手紙でも出してみようかな…。

      大人になってムチムチしたシアーシャ・ローナンもいいですね。( ´∀`)というか何より瞳が美しすぎる。あの青い瞳に吸い込まれそうになりました。
      >> 続きを読む

      2016/12/15 by Jinyuuto

      「ブルックリン」のレビュー

    • 0.0

      私の女神(笑)、ケイト・ブランシェットが絶賛していたそうですが、そんな同業者で大先輩の評価を抜きにしても主人公エイリシュを演じるシアーシャ・ローナンがとってもステキでした。垢抜けない(と言っても冒頭から十分に、なんちゃらスカウトキャラバンオーディションでも余裕かつ満場一致でグランプリに選ばれるであろうくらい、申し分なくかわいいんだけど笑)片田舎の少女がひとり渡った新天地で、泣いてこらえて自信をつけて……と人として成長し女性としてどんどん磨かれていく姿が本当に自然体で、すーっと心に入って溶けていきます。

      ストーリーはいわゆる「上京物語」。上京&帰郷あるあるがやけに頷けました。もちろん私はエイリシュのように海を越えてはいませんが、彼女の心境がかつての自分と何度かオーバーラップして、なんだか当時のあの頃が懐かしくなりましたね。なので故郷を遠く離れて暮らしたことのある人、暮らしている人はより感慨深く観れる映画でもあるでしょう。

      エイリシュが仕事に勉強にと勤しむ一方で描かれる恋模様がまた、微笑ましくて良いんですよね。携帯もない時代に、アナログなりに大切に育まれていく恋心。嗚呼青春って素晴らしい〜(=´∀`)人(´∀`=)なんてテンションも上がっちゃいました(笑)。簡単に連絡が取り合えないのは、それが普通の現代に生きる私たちから見れば不便なんだけど、不便の良さというか不便だからこそ分かること、反芻を繰り返し確信できることもやっぱりあるんですよね。

      個人的には神父さまが言っていた、エイリシュの学費を用立ててくれる人のことが気になりました。その人が過去にどんなことをやらかしたのかは不明だけど、誰かを助けることで罪を贖うということなのかな、それとも「最も小さい者(=弱い者)の一人にしたのは、私(=キリスト)にしてくれたこと」という聖句に倣い、そんな思いで援助の手を差し伸べたのかな……とあれこれ推考。何にしてもキリスト教に基づく人助けの概念が当たり前のようにあると、社会への善意の提供・還元ってきっとし易いんでしょうね。やっぱりこういうのは教会の大きな財産だなぁと思いました(のちに『スポットライト』で暴かれるように、その一方で重い罪を犯し、隠蔽し続けてきた事を思うと複雑ですが……)。

      クラシカルな街並みやレトロなファッションなど、映像も衣装も美しかったです。そこに訪れるあのラスト。「そうそう、ラブストーリーはやっぱりこうでなくっちゃね」と、ウルっとしながら静かな感動に浸るエンドロール。
      エイリシュ自身と同じくらい、とってもステキな映画でした。
      >> 続きを読む

      2021/01/16 by 水川 灯子

      「ブルックリン」のレビュー

    もっとみる

    ブルックリン
    ブルックリン

    映画 「ブルックリン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画