こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

LOVE & MERCY
ラブ&マーシー 終わらないメロディー
© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.
8/1(土)、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2015/08/01
製作国: アメリカ
配給: KADOKAWA
ブライアン・ウィルソン公認!

1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアンは、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、彼に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった──

ポール・マッカートニーがライバルと認めた※、“天才”が生み出す数々の名曲誕生秘話!!
「サーフィン・U.S.A.」、「素敵じゃないか」、「グッド・ヴァイブレーション」──誕生から半世紀を経た今も、時代を超えて愛され続ける名曲を生み出した、ザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在ブライアン・ウィルソン。なかでも発表当時は斬新すぎてファンや評論家を戸惑わせた「ペット・サウンズ」が、現在ではポピュラーミュージック史上不世出の傑作と称えられ、ポール・マッカートニー、山下達郎、村上春樹も絶賛したというのも有名な逸話だ。だが、それらの曲を作っていた時、ブライアン自身は苦悩に引き裂かれ、極限まで壊れていた。いったい何がそこまで彼を追いつめたのか?それでもなお天使の歌のごとき美しいメロディーが生まれた理由とは?数々の名曲が彩るブライアン・ウィルソンの衝撃の半生が、本人公認のもと、初の映画化!
(※ 英国Absolute Radio出演時のコメントより)

『それでも夜は明ける』のアカデミー賞受賞スタッフが描き、
ジョン・キューザック&ポール・ダノが二人一役で魅せる、真実の物語!
72歳になった今も“生きる伝説”として活躍しているブライアンの半生を描いたのは、アカデミー賞®作品賞に輝いた『それでも夜は明ける』のプロデューサーのビル・ポーラッド。異なる二つの時代のブライアンを、二人一役で描くという大胆なアイデアで、いくつもの魅力的な顔を描き出した。60年代のブライアンには『ルビー・スパークス』のポール・ダノ。精神的に混乱と変調をきたしていく難しい役を、圧巻の存在感でリアルかつ切なく演じて絶賛された。80年代のブライアンは『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックが、哀愁とユーモアを添えて演じている。共同脚本を『メッセンジャー』でアカデミー賞®にノミネートされたオーレン・ムーヴァーマンとマイケル・アラン・ラーナーが、音楽を『ソーシャル・ネットワーク』で同賞を受賞したアッティカス・ロスが担当するなど、多才なキャスト&スタッフが集結し、稀有なる天才の謎に包まれた心の内と名曲誕生の秘密に迫る、感動の物語。
>> 続きを読む

    出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ 監督・製作:ビル・ポーラッド 脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー 製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ 製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン 音楽:アッティカス・ロス

    ラブ&マーシー 終わらないメロディー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      ビーチボーイズといえばどうしたって明るい青空や夏の海という陽気なイメージがある。
      しかしバンドのメンバーたちはそれなりに暗部もあるし、中でもリーダー格のブライアン・ウィルソンに映画は光を当てる。

      60年代はバンドとして、80年代はソロとして。
      二つの時代を交互に映し出して、いかにして失墜したのか。
      そして復活を遂げたものを描く。

      60年代や70年代のミュージシャンが切り離せないのがアルコールやドラッグ。
      ブライアンも例にもれずドラッグに崩れ、ヒットというプレッシャーが襲い掛かる。

      ポール・ダノが体重を増加させて演じている。
      最初は意味があるのかと思ったが、陽気な空気とは裏腹な本人が持つオタク性が深刻さをのぞかせる。

      これはブライアン一人だけだが、バンド自体の後の話も題材として面白いのかもしれない。
      >> 続きを読む

      2016/08/08 by オーウェン

      「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」のレビュー

    • 3.0

      ブライアン・ウィルソンが一番大変だったであろう時期をメインに描かれたストーリー。

      ブライアンは“大変な人”ってことは知ってるつもりではいたけど、周りの人はこりゃ大変だ。(笑)

      個人的には、本物ではないけどレコーディングシーンなど感動ものだった。
      発売当時は売れなくてブライアンもがっかりだったペットサウンズだけど、今は崇められてるよー!と、当時のブライアンに伝えたい。

      学生だった頃、年齢にそぐわず古い音楽が好きだったので、ビーチボーイズも例外なく聴いていて大好きでした。
      映画で流れる曲を一緒に口ずさみながら鑑賞しました。

      ラストの曲はメリンダに捧げた曲なんだろうな、とじんわりきました。
      >> 続きを読む

      2016/03/15 by とらとらこ

      「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」のレビュー

    • 4.0 切ない

      感想川柳「天才も 孤独じゃ良いもの 生み出せない」

      町山さんがオススメしてたので観てみました。φ(..)

      ビーチボーイズの中心的人物のブライアン・ウィルソンを60年代と80年代に分け、それぞれ俳優も変えて描いた作品です。

      天才ゆえの苦悩と脆さというか…凡人ではたどり着けない領域に足を踏み入れ、凡人では味わえない周りからのプレッシャーや期待感、父親との確執など誰でもおかしくなりそうな気がしました。(;・∀・)精神科医とのやり取りは往年の某横綱を思い出してしまいます。あれは整体師か(^^;今は違うでしょうけど精神科医にかかりたくないなぁ。

      精神科医役がポール・ジアマッティなのが意外でしかもハマってた。(>_<)基本的にコメディやいい人役が多かったから。ジョン・キューザックは安定の役柄でしたけど。(*´ω`*)

      ビーチボーイズは世代じゃないですけど聞いたことある曲は結構ありました。( ̄ー ̄)割と親族が多いバンドだったんですね。純粋に上を目指して音楽を作ってたのにそれに責められたらツラいな〜。
      >> 続きを読む

      2016/02/27 by Jinyuuto

      「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」のレビュー

    ラブ&マーシー 終わらないメロディー
    ラブアンドマーシーオワラナイメロディー

    映画 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック