こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

心が叫びたがってるんだ。

ジャンル: アニメ
公開: 2015/09/19
監督:
製作国: 日本
配給: アニプレックス

    心が叫びたがってるんだ。 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全29件
    • 評価なし 泣ける 切ない

      青春っていいな。とは思った。仕事でやる達成感とはまた違うよね。誰かと何かを頑張るって言うのは。しかし、パターンよね。舞台に間に合わないパターン。

      2018/10/12 by boreas96

      「心が叫びたがってるんだ。」のレビュー

    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      よかった。
      映画館に観に行かなくてほんとよかった。

      娘の舞台観て泣いて改心している風の母親の描写ありえない。そんなふうにすぐ気づく良心を持ち合わせていたら、娘はこんな風にまでなっていない。成瀬の両親だけがこういう大人いるなってリアリティあったのに。
      青春を夢見た人が作ったのかなって感じ。

      とても忙しい中時間作って楽しみにして観たもんだから、貴重な時間を返してほしい。という怒りさえ持った。
      >> 続きを読む

      2018/09/14 by いちころ

      「心が叫びたがってるんだ。」のレビュー

    • 3.0 切ない

      「あの花」のスタッフによる劇場用長編アニメ
      少年少女の群像劇的な感じは同じような既視感。
      ていうかそういうもんか…
      で、思ったのはスクールカースト的な感じを垣間見せながらガチな「いじめ」みたいなのはないのね?
      みんな「オトナ」なのね(;´Д`)
      この年代のリアルな感じよりも妙な感じを持ちました。
      しかしながら「あの花」ファンの期待は裏切らない出来ではないでしょうか♪ >> 続きを読む

      2018/07/29 by motti

      「心が叫びたがってるんだ。」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      人を傷つけてしまったと苦しむ成瀬さんは傷つけたのではない。
      彼女は傷つき、それを全部自分で背負いこんでしまった。

      言わなきゃよかった、しなきゃよかった、もう二度としない、と思うことは何度もあった。
      玉子の存在はコミカルでありながら、その強い呪いに共感する。
      絞り出される一つ一つの言葉が沁みる。

      そんな風に苦しむ中で、支えになってくれる坂上君は確かに眩しくみえる。
      てっきり上手くいくのかな、と思いきやそうならなかったことは意外だった。
      ただ、たぶん、あのまま成瀬さんと坂上君が付き合っていたら、成瀬さんは坂上君に依存してしまっていたかな、と。
      失恋して、傷ついて、言いたいことを吐き出して、先に進むことを決めた成瀬さんは、強い。
      坂上君だけではなくて、もっと色んな人と関わって、もっと先に進んでいく。人生はもっと長い。
      とはいえ、それだけで終わってしまってはやはり悲しいので、最後の田崎君の告白は一番の驚きでありながら、嬉しくなってしまった。

      坂上君と仁藤さんのすれ違いの中で、言葉は人を傷つけるために存在するのではなく、言葉にしなければ伝わらないこともある、と言葉の強さも感じる映画だった。
      >> 続きを読む

      2018/01/05 by ashita

      「心が叫びたがってるんだ。」のレビュー

    • 4.0 泣ける

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      真っ白い制服に黒髪黒タイツ…順がめちゃくちゃ可愛い。
      時々、前髪が長すぎて現実で考えるとスクールカーストで下のほうなんだなと分かるような地味な顔に見えるところも可愛い。
      坂上くんの友達がガチオタクだったり、対して仁藤さんはクラスでも慕われてる立ち位置で、なかなか現実的には難しいコミュニティな感じがした。
      田崎くんはクラスの不良的位置かと思いきやスポーツマンで学校にしっかり貢献してたただの怖い顔の子だった。
      クラスメイトが優しい。本当に優しい。文句は言うけど、それでこれから順は酷いいじめにあうようなクラスじゃない。周囲の人間のよさにその点恵まれてる気はする。
      他の三人に比べると仁藤さんだけあまりプライベートな部分の掘り下げが少なかったような気がして、バックボーンが見えにくいので感情が読みにくく少し怖い。
      ミュージカル、最初から最後までちゃんと見てみたかったのが個人的な本音。
      色々と感情の作り込みやまとめ方の気になる部分はあったけど、とても面白かった。
      作品としてストーリーを都合よくまとめられている気がする部分が見えたので大満足ではないけど、心にぐっときた。
      ミュージカルの歌の歌詞にお母さんが自分のしたことを後悔して泣いてしまったところが泣けた。主人公よりお母さんのその部分に感情移入してしまった……。
      傷つけてしまった言葉は相手にずっと残る。とても教訓。
      順は自分の言葉のせいで親を傷つけてしまったと思ってたけど、親の言葉にもずっと傷ついていた順。
      スクランブルエッグになったことで心にかけた呪いは解けたんだろうか? ファンタジーじゃなかったことに色々な意味で安心した。主人公の設定部分にだけのたった一つのファンタジー要素ってなんとなくストーリーとして都合良すぎて破綻してしまう気がするから。
      田崎くんへの返事が気になる……。
      >> 続きを読む

      2017/09/26 by yonami

      「心が叫びたがってるんだ。」のレビュー

    もっとみる

    心が叫びたがってるんだ。
    ココロガサケビタガッテルンダ

    映画 「心が叫びたがってるんだ。」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画