こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ハッピーボイス・キラー

THE VOICES
公開: 2015/09/19
製作国: アメリカ
配給: ポニーキャニオン

    ハッピーボイス・キラー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0

      生首と話してる衝撃的な写真としゃべるペットの犬と猫というコメントからコメディー、ギャグ映画かなと思って観てみたら、、、これは深刻でシリアスな精神病患者の犯罪劇だった。
      連続殺人鬼が精神病と判断されることというか、犯罪者の精神鑑定の重要性がちょっとわかるような気がする。

      2019/10/05 by HAGANELLIC

      「ハッピーボイス・キラー」のレビュー

    • 1.0 ハラハラ

       アメリカの片田舎、ミルトンに住む孤独な青年ジェリー。地元の工場で働き、犬と猫それぞれ1匹ずつのペットたちと平凡な生活を送っているのだが、そんなジェリーにはある秘密があった。

       ライアン・レイノルズの軽口聞きたさに鑑賞。ぶっちゃけるとライアン・レイノルズの軽口はほとんど無い。
       粗筋やパッケージからもそっとコミカルなイメージがあったが、まったくもってスリリングだった。基本的に精神的に不安定な主人公目線で物語が進むのだが、一部の描写のみ他人の目線になるために余計恐怖心が煽られる作りになっている。薬を飲んだ主人公からの客観的視点で部屋を描写して、普段見ている部屋の真のおどろおどろしさを見せた後に、被害者目線での描写を見せることで一気に鑑賞者に恐怖の感情移入をさせる。この手際は見事なものであり、恐怖映画としては文句の無い工夫だろう。
       どうしても気になってしまうのは、精神疾患を抱えた人間を誤解させるような脚本になってしまっている点か。精神的な稚拙さから殺人を重ねる主人公像は多くの精神患者への偏見を助長させてしまうことが危惧される。母の事件があって「死は救い」と認識するようになるのはわかるが、もう少し普通の人間の中にある攻撃性を含めて殺人を犯すような主人公像にしてほしかったというのが個人的に感じた改善点だった。
       ライアン・レイノルズの軽口は無かったと前述したが、代わりにエンディングにコミカルな何かが繰り広げられる。映画途中に登場する何かが蜘蛛の糸的な扱いになるのは悪くないのだが、あまりの変調に付き合いきれる鑑賞者がどれだけ居るかが疑問。
      >> 続きを読む

      2018/05/27 by answer42

      「ハッピーボイス・キラー」のレビュー

    • 1.0

      こんなに不快な気分になった映画はなかった。

      虐待されたこと病気になったこと家族がいないことは理解するけど、
      友達である幻聴の声が聞こえなくなるのが嫌だからと薬を飲まず、自制しようとせず、ありのままに生きる主人公には共感できません。
      周りに不安を抱かせ、本当に取り返しのつかない迷惑をかける。
      がんばっている精神障害者もいるのに、皆こういうのだと一部の鑑賞者に思わせる映画。

      俳優陣が有名なためこれからも沢山の人に鑑賞されると思うと腹が立つ。

      病気の主人公の犯罪の映画で、このように不快にならなかったのは「インハースキン」 「ザ・セル」だった。
      >> 続きを読む

      2017/09/02 by momigi

      「ハッピーボイス・キラー」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      心を病んで精神科に通う青年。
      普段は気弱な青年で自分が病気だということも理解しているけど、ふとしたことで心の闇が湧き出てサイコ野郎に変貌してしまいます。
      飼っているネコとイヌと会話する形で心の中の葛藤が見えます。こういう時ネコは悪っていう感じが嫌だなあ。二匹ともかわいかったですけどね。

      観ようによっては、かなり批判を受けそうなデリケートな部分を映画にしてますよね。
      不気味なのにPOPな作りでもあるので、面白く鑑賞したけど笑っていられない問題も含んでいる気もします。
      >> 続きを読む

      2016/05/25 by こうこ

      「ハッピーボイス・キラー」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「エンディング あのハッピー感に ついてけない」


      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)アナ・ケンドリックが出てるのは後から知りました(>_<)

      過去のトラウマと現在の精神状態からはからずも殺人を犯してしまった男の話ですが、あの今までの無しよと言わんばかりのエンディングのハッピー感はえらいギャップだなと思いました。(;・∀・)前半の犬ネコと会話してるとこはシニカルな感じ、後半にかけてだんだんダークになっていってからのアレですから…(´□`;)

      アニマルキングダムに出てたジャッキー・ウィーバーが精神科医だったから、実は操ってるんじゃないかと余計な伏線を意識してしまいました。(。´Д⊂)あの独りぼっちは良くないというのは納得です。

      でも犬もネコもライアン・レイノルズが声やってたみたいで良くできてるな〜と思いました。( ̄ー ̄)アナ・ケンドリック好きとしては「ピキッ」となりますがΣ(゜Д゜)

      フィオナ役の人は見たことあると思ったらビザンチウムのお姉ちゃんでしたねΣ(-∀-;)相変わらずグラマラス…
      >> 続きを読む

      2016/02/04 by Jinyuuto

      「ハッピーボイス・キラー」のレビュー

    もっとみる

    ハッピーボイス・キラー
    ハッピーボイスキラー

    映画 「ハッピーボイス・キラー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画