こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

七つの大罪

ジャンル: ドラマ
公開: 1953/04/01
製作国: フランス
配給: 東和

    七つの大罪 の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0 ハラハラ クール

      ブラピの出世作の「セブン」もいいけどコチラはフランス産オムニバスムービーの傑作!
      七人の監督がそれぞれのエピソードを担当しているがどれも佳作揃いでした。

      聖書で描かれている“七つの大罪”を基にしたオムニバス形式ドラマ。
      祭りの見世物。聖書に説く七大罪をあらわした人形に、お客達か球をぶつけけて遊んでいる。
      それぞれ倒すとエピソードが始まる...。
      第1話「貪欲と憤怒」、ケチな家主と芸術家の確執...
      第2話「怠惰」、怠惰の天使が舞い降りた街の様子は...
      第3話「淫乱」、13歳の少女が妊娠する...
      第4話「嫉妬」、猫に嫉妬かよ...
      第5話「大食」、そっちかよ...
      第6話「高慢」、かつての貴婦人がパーティーに招待され...
      第7話「第八の大罪」、締めを決めてくれます!

      7人の監督全員が故人となっているほど古い映画だし、たいして期待せずに見ました。
      当時からすれば現代風刺を盛り込んであることが汲み取れる、まぁ、要はコメディですが、それぞれが実に軽妙なタッチで映像化した佳作でした。

      「怠惰」のファンタジーテイストには脱帽だし、「大食」は現代のセンスにも通用するオフビートコメディで、「ソッチかよ!」とツッコミを入れたくなるのは必至。
      とりわけロベルト・ロッセリーニが監督する「嫉妬」と、 クロード・オータン=ララ監督の「高慢」は人間の心理をエグリ取った残酷な描写が秀作だと思う。
      エピソードをまとめるお祭りの見世物というアイデアもなんかかわいらしいのです♪
      >> 続きを読む

      2018/07/18 by motti

      「七つの大罪」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    七つの大罪


    映画 「七つの大罪」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画