こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ふたつの名前を持つ少年

RUN BOY RUN
公開: 2015/08/15
製作国: ドイツ , フランス
配給: 東北新社

    ふたつの名前を持つ少年 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 泣ける 切ない ハラハラ

      ユダヤ人。ナチス。戦争。

      幼い少年が生きのびるために、あんな壮絶な体験をするとは思わなかった。
      映画で観るだけで、とても悲しくて辛かった。
      あの時代に、こういう少年は多かったと思うと、尚更いたたまれない。

      いつも思うけれど、「○○人だから」という理由で差別、迫害されたり、嫌悪されるのはあってはならないことだ。
      違う民族であっても、互いの歴史や文化を正しく知り、理解し歩みよっていくことが、大事なような気がする。
      >> 続きを読む

      2016/12/16 by pink-tink

      「ふたつの名前を持つ少年」のレビュー

    • 4.0

      これまた実話です
      1人の少年に注目されて進むので
      こんな少年たちがもっともっといたに違いありません
      実話でしかも悲しいので、感動とか泣けるとかそんなのではなく
      ただただ悲惨で痛ましい
      こんなこと二度と起きないように
      でも、私が無知なので何故ユダヤ人が⁈などとネットで調べながら観ました
      時代背景や歴史がわかっていないとどうも入りにくい
      なので、知らない人は事前知識が必要かも
      救われ、また逃げてを繰り返す少年
      救う方も勇気がいっただろうなと
      また、売ろうとする人たちもどんな気持ちだったのかな
      父親の最期の言葉と行動に愛がいっぱいです
      >> 続きを読む

      2016/08/07 by tomi

      「ふたつの名前を持つ少年」のレビュー

    • 2.0

      先月から目を付けてたので、鑑賞。

      ユダヤ人迫害の映画はたくさん見てきましたが、なんというか、観ると落ち込みます。
      ずーんってしばらくブルーな気分になってしまう。
      いろんなことが起こってしまうのが戦争で、なんというか、考えさせられます。

      私は日本人で、正直神なんていないと思ってるし、民族意識もとっても低い。
      だからこそ、何が違うの?って思ってしまう。
      これは、たぶん一生分からないだろうな。
      でも、そういう感覚を知るというのは、とても大切なことなのです。

      さて、映画としてですが。
      正直、構成も演出も微妙だったかな。
      今まで子供が主人公・逃げてまわるって映画何種類か見ましたが、ちょっと単調だった。
      なんでカメラこのアングルなの!?ってこととか多かったし…。
      全体の構成も微妙だったなぁ。
      主人公自体の気持ちとかを表す努力も足りなかったと思う。
      服装とか、メイクとか。

      ただ、主人公はとても良かった。
      目が印象的で、とても雄弁だった。
      いい役者さんだなって思いました。


      映画としては微妙ですが、そういう目的で観たわけではないのでおおむね満足。
      ちょっと疲れたけど、いい時間でした。
      >> 続きを読む

      2015/09/18 by Yuka

      「ふたつの名前を持つ少年」のレビュー

    • 世界の中では日本人って異質なんかもしれませんね。それは大事にしたい気がします!

      2015/09/18 by メッシイ

    ふたつの名前を持つ少年
    フタツノナマエヲモツショウネン

    映画 「ふたつの名前を持つ少年」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画