こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

OM SHANTI OM
ジャンル: ミュージカル・音楽映画 , ドラマ , ラブロマンス
公開: 2013/03/16
製作国: インド
配給: アップリンク

    恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ 元気が出る

      2007年
      169分
      ネットで視聴(英語字幕)
      ヒンディ映画
      原題:Om Shanti Om
      監督:ファラー・カーン
      音楽:ヴィシャール・シェーカル
      出演:シャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン
       
      日本語タイトルは「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」。

      この映画の基本的なコンセプトである突拍子もないシチュエーションを抵抗なく受け入れてしまうのは、おなじ仏教文化の影響を受けているせいだろうか。

      ハリウッドやヨーロッパの映画だったら、もっともらしい理屈をつけようとしそうなものだけれども、説明は一切なし。さすがインド映画。

      前半のディーピカー・パードゥコーンは素晴らしく美しい。
      シャー・ルク・カーンでなくても、ハートを射抜かれることは間違いなし。
      彼女だけでも一見の価値あり。

      ただ、後半の彼女は、前半と比べて扱いが軽い。
      劇中の大スター・シャー・ルクと、彼の熱烈なファン・ディーピカとの掛け合いの部分はもっと面白くなったはずなのに、やや駆け足気味になったのはもったいない。
      上演時間を考えて短縮したのだろうか。
      インド映画らしく遠慮なく3時間超えでもよかったのにと思う。

      オススメ映画のランキングで軒並み上位に入っている本作は、歌と踊りとロマンスが散りばめられたインド映画の王道のような作品。

      インド映画の大スターたちが次々に登場するダンスナンバー「Deewangi Deewangi」が有名だが、この場面以外でも、アミタブとアビシェクのバッチャン親子がちらっと登場したりで、インド映画ファンにとってはその贅沢さと楽しさでため息が出るほど。

      やっぱりインド映画っていいなあ。
      >> 続きを読む

      2017/09/13 by Raven

      「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      飛行機のトラブルで2日間空港に閉じ込められたときに友達になったインド人と仲良くなったきっかけがこの映画の話でした。(インドではこの映画を知らない人はいないらしい)
      渋谷の爆音マサラ上映というイベントの時に見に行ったのですが、映画館で皆で歌って踊りながら見る!という体験も貴重でした。
      恋愛、コメディ、サスペンス、アクション、ミュージカル、、といった映画のジャンル全部つめこんだ感あって、長いけど見てて楽しい!
      やっぱりボリウッドなだけあって出てくる人出てくる人みんな当たり前のように踊れるのがすごかった。。インドのスター達がわんさかでてくるのですが、全然知らないのに見ていてなんだかめちゃめちゃ盛り上がりました。
      皆さん書かれていますが、女優さん、とても綺麗でした。(家帰って速攻調べるレベル)
      >> 続きを読む

      2016/04/30 by marony35

      「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のレビュー

    • > 女優さん、とても綺麗でした。(家帰って速攻調べるレベル)

      これだけで観るモチベーションとして十分でございます(笑) >> 続きを読む

      2016/04/30 by ice

    • 是非是非!滅多にいないんじゃないかってくらいの美人です!
      他の役者さんも、初めて見た時皆濃いな〜!と思ったんですけど秒で慣れた記憶があります。笑 >> 続きを読む

      2016/04/30 by marony35

    • 5.0 切ない 元気が出る

      キングオブボリウッドことシャー・ルク・カーン主演作。
      30年前、インド映画界のスター女優であるシャンディに恋い焦がれる脇役俳優のオーム。2人は豪華絢爛な映画セットと共に炎に巻かれ火事で命を落とす。しかしオームが息を引き取った丁度その時同じ病院で生まれた男の子は偶然にもオームと名付けられ、30年後インド映画界の大スターに登り詰めていた。


      インド映画界を舞台に生まれ変わりの不思議を描いた物語。
      所謂愛する女性と自分を殺した相手に復讐するという復讐劇。
      テーマ的に重そうだけれどそこはボリウッド映画、豪華絢爛なミュージカルシーン盛りだくさんでとっても楽しかった。
      ヒロインのシャインディ役ディーピカー・パードゥコーンがもの凄く可愛い。こんな美人で可愛い女優さん見た事無いってくらいに可愛い。もうそれだけで大満足なんだけど、もちろんそれだけじゃなく涙も笑いも感動も様々な感情を詰め込んであるので長いけれど全然飽きずに楽しめる。
      中盤で映画祭シーンがあるのだけれど、そこがとても豪華。授賞式とその後のパーティーシーンにはインド国内のスター達がゲストとして40人も登場しているのでインド映画好きの方はたまらないと思う。私は一人しか分らなかったんだけれど、Dhoomシリーズ主演のアビシェーク・バッチャンが本人役として出演していてその扱いに声を出して笑ってしまった(笑)
      その授賞式でオームが行う挨拶の言葉がとても良い。

      「人生も映画もハッピーじゃなければエンドじゃない」

      そして彼がシャンディに言う言葉が最後に効いてくる。

      「友情に“ありがとう”と“ごめんなさい”は禁句だ」

      歌って踊って馬鹿騒ぎして、でもホロリと泣ける。
      もちろん大雑把な粗は沢山あるけれど、細かい事は良いんだよ楽しめれば!的なパワーがある。インド映画のパワーってやっぱり本当に凄いなあと改めて思った。
      ハッピーじゃなければエンドじゃないという言葉が物語るように、監督もキャストもスタッフも映画というものを本当に楽しんで愛して作っているとエンドロールで伺い知る事が出来る。あのエンドロールすっごく素敵!最後の最後まで楽しい。もっとインド映画が観てみたいと思わせてくれる映画だった。
      >> 続きを読む

      2015/03/09 by aka

      「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のレビュー

    • インド映画を最初から最後まで観た経験が無いように思います。

      この作品は女優さんが美人らしいですし、観てみようかなぁ。
      女優さんが美人らしいですし...(笑)
      >> 続きを読む

      2015/03/09 by ice

    • ディーピカー嬢にマジ惚れしました(笑)

      2015/03/09 by ungetum

    • 3.0 ハラハラ

      回想なげえな、と思ったらそれが本編だったね笑
      とにかく、ヒロインのシャンティが美人!
      それがすっごく印象に残る映画でした。
      さいごのシーンのシャンティの表情がすごく好き。
      また映画の中の世界とタイトルがリンクした瞬間が気持ちよかった!

      2015/02/17 by heath

      「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のレビュー

    • 随分オトナな千手観音ですねぇ...

      2015/02/18 by ice

    恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
    コイスルリンネオームシャンティオーム

    映画 「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック