こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アメリカン・ドリーマー 理想の代償

A MOST VIOLENT YEAR
アメリカン・ドリーマー 理想の代償
© 2014 PM/IN Finance. LLC.
10月1日 TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー
1クリック登録
公開: 2015/10/01
製作国: アメリカ
配給: ギャガ
INTRODUCTION

ビジネスの現場で経営者が強いられる壮絶な危機を、圧倒的クオリティと息もつかせぬ緊迫感で描き、本年度映画賞を席巻した本作。監督は『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~』のJ・C・チャンダー。主演はゴールデン・グローブ賞ノミネート経験を持つ、実力派オスカー・アイザック。さらに、アカデミー賞に2度ノミネートされたジェシカ・チャステイン、ゴールデン・グローブ賞ノミネート、デヴィッド・オイェロウォが競演。その実力への評価が今まさに最高潮を迎える才能たちが、40もの映画賞にノミネートされるという栄誉を分かち合った。「正しい道を行くこと」が信条の男に迫られる苦渋の選択。成功か破滅か、白か黒か、緊迫の駆け引きとリアルな葛藤が、観る物に「本当の成功とは何か?」を突きつける社会派ヒューマンドラマの傑作が生まれた。

STORY

1981年、NY。犯罪と暴力が氾濫するこの年に生き馬の目を抜くオイル業界で、クリーンなビジネスを信条にオイルカンパニーを築きあげた移民のアベルをその妻アナ。事業拡大のための土地購入の頭金として全財産を投入した直後、彼の成功を阻止しようとする何者かの手によって、集荷のオイルの強奪、脱税の嫌疑、家族への脅威・・・次々にトラブルがのしかかる。悪い噂は一気に広まり、ついに銀行から融資を断られ、信頼していた妻との間にも亀裂が。刻一刻と破産が迫るなか、孤立無援のアベルはトラブル解決のために奔走する。期限はわずか30日-。
>> 続きを読む

    アメリカン・ドリーマー 理想の代償 の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      感想川柳「ビジネスと 政治の世界は 似ているな」

      予告が気になって観てみました。φ(..)

      1981年のニューヨークで清廉なビジネスを信条にオイル業界でのしあがってきたアベルとその妻アナは、さらにビジネスを拡大するために港湾の土地の購入のため、全財産を手付金に払い残りは銀行の融資が下りてから。しかしそれから集荷オイルの強奪、脱税の嫌疑、家族への脅しなどトラブルが続き、銀行の融資が頓挫してしまう。残金を払わなければ土地が手に入らないどころか手付金まで失ってしまう。この絶体絶命の危機をアベルは乗り越えられるのか?…というお話。

      これを見てると会社をかなり大きくするためにはどうしてもクリーンじゃいられない気がします。(;・∀・)本当の話ではないですけど実状は似たようなものでしょうね。

      主人公は不正をせず実直に会社を大きくしてきましたが、大きくなれば誰かにとって邪魔になるわけで、その防衛策として何かに頼らなくては生き残れない。むしろ関わりたくなくても関わらざるを得ない。(。´Д⊂)グレーな選択肢を迫られる訳ですな。なんか政治の世界と一緒だなぁ…( ´△`)

      奥さんの行動は結果的にファインプレーだったわけで…(^^;


      映画的な盛り上がりはイマイチかもしれませんが、その世界の一端を知れたというかお勉強になりました。( ̄ー ̄)
      >> 続きを読む

      2016/09/10 by Jinyuuto

      「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」のレビュー

    • 4.0

      アメリカでは危険な年という認識の1981年。
      強盗が日常茶飯事で、犯罪ニュースばかりの放送。
      そんな中で移民のアベルはオイルの会社を起業するが、ライバル会社の陰謀や脱税疑惑を突き付けられ窮地に。

      話としてはかなり地味なものに写るが、のし上がることをこの映画は良しとしない姿勢で描いていく。
      だからこそ真っ当な仕事をしていたアベルは疑心暗鬼に陥り、救いの手を違法でも構わないと感じ始める。

      どこら辺がアメリカンドリームなのかと思うが、これは結果的にという苦い味でしかない。

      主演のオスカー・アイザックの立場は「ゴッドファーザー」のマイケルと何ら変わりがないわけで、どちらにも傾く危険性を持ち合わせている。
      そして妻を演じるジェシカ・チャスティン。
      行動の裏に潜む意味はいちいち疑問を投げかけて、かき回していく存在感はすごいものがある。

      真っ当な奴はつぶされるという道理の中で、どこまで正直を貫けるのかがきっちりと見て取れる中身だった。
      >> 続きを読む

      2016/09/27 by オーウェン

      「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」のレビュー

    アメリカン・ドリーマー 理想の代償
    アメリカンドリーマーリソウノダイショウ

    映画 「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック